宮下(みつどもえ)

登録日 :2010/11/07(日) 21:42:55
更新日 : 2016/10/20 Thu 12:18:44
所要時間 :約 4 分で読めます




特にありません。


by桜井のりお














ちくしょう!!
全部お前らが変なせいだからな!!



6年3組で唯一の常識人。
面倒見はいいがひとはには無視される。


宮下(みやした)

みつどもえ』の登場人物。下の名前は不明。




CV:大原桃子

鴨橋小学校6年3組。杉崎吉岡とは幼なじみでいつも一緒につるんでいる。一人称は「あたし」。
人からは「宮下」「宮ちゃん」「宮なんとかさん(byひとは)」などと呼ばれる。
セミロングの茶髪を後ろで留め、前髪はヘアピンで留めている。
服装はタンクトップに短パン、パーカーなどボーイッシュなものが多い。
地元のジュニアバスケットボールチーム、鴨橋オリオンズに属し、ディフェンスの鬼の異名をとっているらしい。
一応キャプテンを務めるらしいが、スタメンを外されそうになる等地位は安定していない様子。
チームには暴力も辞さないような女監督がおり、自身のボーイッシュな口調や価値観等、彼女から少なくない影響を受けていると思われる。

変人揃いの6年3組の中では常識人の部類に入り、本人も自覚している。その立ち位置故かツッコミ役に回ることも多い。
面倒見のいい性格で、ある日ひとはと接して以来、頑なに心を閉ざすひとはと仲良くなるべく、積極的に関わろうとするようになる。
ただしよかれと思ってやっていることが、相手(ひとは)及び周りからは欝陶しく思われていることを本人は知らない。さらに若干人の話を聞かない傾向がある。
仲良くなろうと夢中になるあまり、ひとはの下腹部をまさぐったうえ堅いものがついていると暴露したり、
机の下に潜るひとはに下着を見せびらかせていたり(端から見るとそう見えた)、千葉のズボンを強奪したりと変態の前科を作ってしまっている。
宮下という名前をひとはになかなか覚えてもらえない。
わざとか本気かは不明だが宮○○(例:宮原、宮川など)と言い間違えられている。
また髪を解いてヘアピンを外すと誰にも認識されなくなる。




幼なじみの杉崎や吉岡ですら「誰?」となる。

価値観はいわゆるステロタイプな「体育会系」。
恋愛観も曰く「恋愛はスポーツ、押して押して押し倒せ!」。
図工のデッサンでひとはと組み、本人のやる気の無さを見抜いて、わざと険しい表情をして書き方を難しくする等、
よけいな所で体育会系特有の嫌な性格を発現する。
何度かバスケのチームにメンバーを勧誘している(ひとはや加藤)が、いずれも限られたシチュエーションでしか能力を発揮できず、
実戦では何の役にも立たない事がわかり失敗。
なお、ふたばの事はプライドもあるのか勧誘しない。
背こそ高いが体型は年相応で、とりわけ早熟というわけでも無いらしい。

常識人らしく、年相応ガチレンジャーは観ておらず、興味も無いと言う。
ひとはが自分の所為でクラスの皆にガチレンジャーのファンである事をカミングアウトする事になってしまった時、
同調しようと存在しない色「あたしは……グリーンとか、好きだなっ」等と適当な発言をした為、これが決定的な溝を作る事になった。
その後一度はガチレンジャーの視聴を試みた事もあったが、結局寝てしまった。
ただし、チーム杉崎が出会った幼少時のエピソードでは、
特撮ヒーローものの口上のようなものを発しており、それ相応の年頃には視聴していたものと思われる。



いや……、
本当は追記・修正してほしいんだと思う……。
そんな目をしている。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/