スティーヴン・セガール

登録日 :2012/03/21(水) 11:17:37
更新日 : 2017/10/11 Wed 16:34:56
所要時間 :約 5 分で読めます




スティーヴン・セガールとは、アメリカの俳優、現役警察官。

幼い頃から格闘技の心得に触れ、17歳で来日。英語を教えながら禅、合気道、剣道、柔道、空手を学ぶ。
合気道7段。他にも太極拳を始めとして、複数の中国武術を学ぶ。

現在は、ルイジアナ州にあるジェファーソン郡保安官事務所で保安官代理をしている。

☆演技☆
格闘技を用いたアクションが有名。
地味になりがちな肉弾戦を派手にするため、手を小刻みに動かしたりするアクション(通称セガールアクション)を生み出した。

☆伝説☆
身長196cmという巨体、泣く子も思わず作り笑いをしてしまいそうなコワモテな顔立ち(失礼)から、なんか強そうと思わせる雰囲気を漂わせる (実際強いんだけど)

そのためか、軍人や刑事、元特殊部隊の隊員など、百戦錬磨の経歴を持ち、なおかつ東洋武術の達人で凄腕、常に冷静な主人公を演じることが多い。

それだけなら、「ふーん、主役たくさんやってきたんだ」で済まされそうだが、その演技内容が どこぞの無双ゲーもびっくりの無双ぶり。

  • 拷問は覚醒。
  • ナイフ、銃使用は 手加減。
  • 拳銃突き付けのホールドアップは死亡フラグ。 させた側が。
  • ↑のせいで、敵がセガールに拳銃を突き付けるシーンで客が大爆笑するという珍光景もあったとか。
  • 台所での戦いは死亡フラグ。 相手が (『沈黙の戦艦』『暴走特急』などのケーシー・ライバックシリーズ)。通称 die所
  • 龍が如くもびっくりの、そこらにある物の有効活用。
  • 建物は 生身で 壊すもの。
  • 銃弾で全身蜂の巣にされるも、 死なずに7年後復活 (『ハード・トゥ・キル』)。
  • 相手が可哀相になるほどの無双っぷり。
  • 乱戦しても大概ノーダメ。
  • 素手でセガールに戦いを挑むのは 自殺行為。
  • ↑かといって、セガールに武器の使用が有効とは決して言えない。
  • セガール「俺とドライブしようぜ」→それを聞いた相手が 飛び降り自殺。
  • スペシャリスト「相手は誰?蜂の巣にしたるわ(笑)」→相手がセガール→スペシャリスト ドン引き。
  • とある セガール攻略サイト では、セガールに勝つには 国を犠牲にするほどの大規模な攻撃をしなくてはならない
    しかも、 それでも100%勝てるとは言えない と結論付けられた。
……とまぁ、これでもまだ一部である。

悪役でない限り、死ぬどころか無傷で無双するので、

「ネタバレ:セガール」

という図式が生まれてしまうほど。

おそらく、バイオハザードやDEADSPACEの世界に放り込んでも生き延びているだろう。
どう見てもデッドラです本当にありがとうございました。

☆セガールと日本☆
長期間日本の大阪に滞在していたため、日本語(大阪弁)は堪能。
淀川長治とは日本語で対談を行った。淀川の「日本語がお上手ですね」に対してセガールは「恐れ入ります」と応えた。
ちなみに、最近は「20年話してなかったから、日本語は忘れちゃった」と(日本語で)コメント。

また阪神タイガースファンでもある。

☆趣味・特技☆
趣味はギターと日本刀の収集。
ギターは『沈黙の断崖』のお祭りのシーンで披露するなどかなりの腕前。
また拳銃マニアでもあり、コルト・ガバメントの様々なタイプを多数保有しているとか。

手首折り、腕折り、首折り、ナイフ投げ、合気道、中国拳法、剣術、棒術などが得意。

ちなみにSNKの誇り高きヤングタイガーことロバート・ガルシアは若かりし頃のセガールがモデル(後ろで縛った髪、関西弁など)。


「追記・修正で負けたことは無いんだ」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/