ゆびわ星人(GANTZ)

登録日 :2012/09/18(火) 18:20:51
更新日 : 2015/01/30 Fri 14:45:43
所要時間 :約 2 分で読めます




特徴
つよい でかい
好きなもの
うま
自分よりちいさいものを憎んでる
口ぐせ
無言


ゆびわ星人は、GANTZの第六ミッションのターゲット。

六本木を根城にしており、そこで玄野率いるガンツチームと戦闘を行う。
数は八体。かなり巨体で馬に乗り、巨大な斧を持っているのが特徴。馬から降りる事も当然出来る。皆同じ姿をしており、ラスボスと呼べるような存在はいない。
理由は不明だが情報通り自分より小さい者を憎んでおり、作中では通りすがりの無関係な一般人も容赦なく殺害していた。
戦闘手段は斧。その威力は馬に乗ったままの一振りで万全のスーツを一撃で破壊する程。勿論馬から降りてもその攻撃手段は健在で、もしかしたらその一撃はスーツを無視する程の威力かも知れない。






だが、この星人、あんま強くない。

見掛けと違って防御力は低く、銃も刀も普通に有効、超能力も通る。
なまじ巨体なばかりに馬の足元は隙だらけで、簡単に転ばせる事も出来、自分の斧にも容易く倒される有り様。
せっかくの巨体と集団の利を一切生かしておらず、『GANTZ/MANUAL』では「スーツさえ着ていればどんな方法でも倒せる」と言われた。
結局、チームとして結束していた玄野達の敵でなく、戦闘での犠牲者0で圧勝されてしまった。
一体の得点は10点。ブラキオサン(子供)と同じである。


モデルは『ロード・オブ・ザ・リング』のナズグル。


追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/