※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【参代目八咫鴉】

名前/肩書き:ヤシマ/参代目八咫鴉
性別:男
年齢:55(自殺)
誕生日:秋
身長:
髪:白髪(赤系黒髪)
瞳:黄
学歴:蛟龍第二高校卒業
出身:蛟龍町
職業:三代目八咫鴉
家族構成:母(二代目八咫鴉)弟(白柳会三代目会長)
住処:三番街の小さな公園
一人称:俺 二人称:お前さん、アンタ 三人称:奴、彼奴
語尾:~だ、~さ、~だぜ
(少し時代がかった喋り方。仇名をつけるのが好きだが、結局呼ばないことが多かった)
好きな物:蛟龍町、桜
嫌いな物:面倒
信仰:八咫鴉神道
趣味:煙草、酒、賭博

二代目八咫鴉、ヤセの息子で、白柳会現会長のヤシロの双子の兄。コートのく
たびれたニヒルなおっさん。白髪。
暴れていない訳ではないが、基本は日和見。というよりは言うことが適当で、
いつもふらついている。ヤシロが真面目だったので、周りには疎まれていた。
四代目八咫鴉を育てた張本人。
八咫鴉の財産は、二代目が全て使い切ってもうないと言い切っているが、実際
は謎。冬に突然の首つり自殺をして、街に多くの謎を残す。

二十代の頃、二代目が死んだ直後に起きた大震災で、陰ながら大活躍し、不本
意ながら三代目八咫鴉と呼ばれるように。髪はその頃すっかり白髪になってし
まった。
当時は、本人は全く動かず、ヤシロが震災後の蛟龍町を仕切ってなんとか復興
させたと評判が悪く、白柳会から追い出される。が、それは誤解で、実は大震
災に乗じて攻め入ろうとしていた銭亀町を説得して諦めさせたり、同じく被災
で物資不足にあえいでいた御蜥蜴町に漁船を使わせて援助、後に蛟龍町と友好
関係を築かせたり、ばらばらになりそうだった住人をまとめ、白柳会の言うこ
とを聞くように陰ながら街を支えていた。そのため、住人からは好かれている。
だが、当時それを言わなかったのは、兄で次期白柳会会長に有力だった自分が
追い出されることで、ヤシロを次期会長にさせるため。後にそれに気づいたヤ
シロは長年それを後悔するように。
追い出された後は、参番街の住宅街の廃墟の中にある小さな公園に住み着き、
親友であるジンノや、後輩のヤツフサやサブと共に街で遊んでいた。公園には、
母親の形見だった白柳会本家の桜を挿し木して育てる。蛟龍町にある桜はこの
2本だけ。