真皿絵望香


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

わかっているのは名前だけで年も出生もわからない謎の女性。
誉暉が編入した1か月後に編入試験を満点で通過した秀才。

その正体は500年前の人間で、誉暉とも面識があるようだがそこまで深くは関わっていないらしい。
どうやって時間跳躍してきたのか、また誰の手によって跳躍してきたのかはいまだ分かっていない。
柚希とは気が合うようで、趣味の話をしたりふざけ合ったりするほど仲がいい。