英雄伝説 空の軌跡SC

登録日 :2009/06/30(火) 00:48:16
更新日 : 2016/09/20 Tue 11:20:00
所要時間 :約 7 分で読めます




Falcomの英雄伝説シリーズのⅥである『空の軌跡』シリーズの第二部。『FC』の続編で、次作は『the 3rd』。

FCと同じく当初はPCゲームとして発売され後にPSPに移植された。PSP版はUMD二枚組み。

FCと同じくシナリオとBGMで高い評価を受けている。

FCと主人公も舞台も同じで期間も僅か二ヶ月後、ゲームシステムは細かい変更点がいくつかあるが基本的にFCと同様、という感じで続編というより名前の通り同じゲームの第二章。

余談だがポーカーの絵札は前シリーズのメインキャラクターである。


以下、FCのネタバレを含む









ストーリー

クーデターの終結から二ヶ月。動き始めた結社の影がちらつく中、姿を消したヨシュアを探すべく再びエステルの旅が始まる。
用語
FCの項も参照

  • 輝く環(オーリオール)
【七の至宝】(セプト・テリオン)と呼ばれる、古代に空の女神が人に授けたといわれる七つのアーティファクトの一つで「空」属性を司る。
グランセル城の地下に眠るとされたが、リシャール大佐が封印を解除しても姿を現さなかった。

大陸全土で活動する犯罪組織。単に「結社」「蛇」とも呼ぶ。
盟主を中心に【蛇の使途】(アンギス)と呼ばれる七人の幹部と、【執行者】(レギオン)と呼ばれる凄腕のエージェント達を抱える。更には大量の兵士を保有し、技術力も世界最高レベルのはずのリベールの遥か上を行く。

クーデターの際も情報部を操り裏から糸を引いていた。

七曜教会の実動部隊。アーティファクトの調査・回収が主な任務だが、教会に敵対する犯罪者などの粛清も行う。



登場人物
FCの項も参照

エステル・ブライト
CV神田朱未
16歳
主人公。正遊撃士に昇格。
器用貧乏っぷりに拍車がかかる。

ヨシュア・アストレイ
CV斎賀みつき
16歳
女王生誕祭の夜、自分が元暗殺者であること、五年前カシウスを殺そうとしたこと、その任務の本当の目的は諜報であり、暗示によって自身も気付かぬうちにカシウスの情報を流していたことを告白し、エステルの前から姿を消す。

元執行者No.]V【漆黒の牙】
隠密行動と対集団戦に特化し、その分野では他の追随を許さない。正面切っての戦いでは他の執行者に劣るが、それでもそこらの使い手よりは数段強い。

シェラザード・ハーヴェイ
CV塩山由佳
23歳
B級遊撃士に昇格。ルシオラ絡み以外は特に変化無し。

アガット・クロスナー
CV近藤孝行
24歳
B級遊撃士に昇格。
ティータとの絡みがあまりにアレでロリコンの座を不動の物に。
新クラフトはなかなか強力。その一つ「ドラゴンダイブ」がニコ動で流れる時は「ロリコンッッ ダァァァイブ!」の弾幕が

オリビエ・レンハイム
CV子安武人
25歳
こちらも依然として変態。
子安キャラっぽいミステリアスさは増。

クローゼ・リンツ
CV皆口裕子
16歳
本名クローディア・フォン・アウスレーゼ。アリシア女王の孫娘であり王位継承権を持つ。前作で正体を明かすが、依然公には身分を隠して学生をしている。
彼女もヨシュアにホレている。

ティータ・ラッセル
CV今野宏美
12歳
FCから特に変化は無し。

ジン・ヴァセック
CV稲田徹
30歳
こちらも変化無し。ヴァルターとの最終決戦はかっこいいが他は全体的に空気な不遇な人。
その分「真・龍神功」のお陰で戦闘力は大幅にアップ。

ケビン・グラハム
CV中尾良平
21歳
新キャラ。関西弁。
星杯騎士団所属。輝く環の調査のためリベールに派遣される。武術や法術の腕も確かで調査力も優秀。
得物はボウガンでアーツタイプ。味方をサポートする法術のクラフトを使える。

ジョゼット・カプア
CV庄司宇芽香
16歳
空賊カプア一家の末っ子。
一人称が「ボク」でエステルにはボクっ子と呼ばれ、彼女とはウマが合わない様子。まぁ理由の一因はジョゼットもヨシュアにホレてるからだろうが。ツンデレ。
終章にて仲間になる。武器は導力銃。

ユリア・シュバルツ
CV小松由佳
27歳
王国軍王室親衛隊中隊長。大尉に昇進した。
アルセイユの運用責任者。カシウス直伝の剣技は若手随一。

某ボス戦でスポット参戦し、PSP版では終章のラスダンのみだがパーティーキャラとして使える。
得物は細剣。剣もアーツも使えるバランス型。

ミュラー・ヴァンダール
CV磯部弘
28歳
帝国軍少佐でリベールの帝国大使館の駐在武官。
オリビエの幼なじみで彼の扱いは熟知している。前作は顔見せ程度だったが今作はちゃんと出番が。
ヴァンダール家は帝国の武の名門であり、叔父のゼクスは帝国で五指に入る名将。

PSP版ではユリアと同時に使用可能に。得物は大剣で、ヨシュア曰く達人(マスター)クラスとのこと。

アネラス・エルフィード
CV大河内雅子
18歳
エステルの先輩遊撃士。といっても正遊撃士としてのキャリアは半年程度で、エステルには同等のライバルとして接する。
前作ではワキ役だったが一部の熱狂的支持もありスポット参戦する。得物は刀。

クルツ・ナルダン(小舟)
CV金子英彦
スポット参戦するが他はかませ犬なリベールNo.2遊撃士。
詳しくは項目先参照。

カシウス・ブライト
45歳
ご存知【剣聖】
王国軍の立て直しのため軍に復帰。実質最高責任者で准将。

ゲオルグ・ワイスマン
CV田中秀幸
蛇の使徒第三柱【白面】
仲間内では「教授」と呼ばれる。元七曜教会の司祭だが破門された過去を持つ。
クーデター事件の真の黒幕。考古学者アルバ教授の偽名で騒乱を観察した。人類の進化(超人化)に興味を持ち、【環】を求める。

暗示によって対象の記憶と認識を操る異能者。ヨシュアには時間を架けて念入りに行っている。
単純な戦闘能力も並の執行者より上。
○ブルブラン
CV三浦祥朗
執行者No.Ⅹ【怪盗紳士】
盗みと変装の達人で、盗みに関して独自の美学を持つ。
戦闘能力も当然高い。が、それより行く先々で盗品の場所を捜させるウザさの方が重要。

○ヴァルター
CV吉水考宏
執行者No.Ⅴ【痩せ狼】
ジンの兄弟子、キリカの恋人で「泰斗流」の後継者だったが、殺人拳に魅せられ師(キリカ父)を果たし合いで殺し姿を消す。
他流派も取り込み殺人拳を完成させ結社に身を置く。

○ルシオラ
CV西川宏美
執行者No.Ⅵ【幻惑の鈴】
シェラザードと同じ旅芸人の一座に所属していたが、一座の解散と共に姿を消し現在は結社に所属する。
鈴を使った幻術と式神を使う。

○カンパネルラ
執行者No.0【道化師】
炎の幻術を使う。戦闘能力はヨシュアと同程度。少年の外見だが五年前から姿が変わってない。
計画の見届け役で、他の執行者と違い基本的に作戦に参加しない。


以下ネタバレ







○オリヴァルト・ライゼ・アルノール
オリビエの正体で帝国皇子。諸出のため皇位継承権は下の方らしい。
終盤でカシウスとミュラー、ゼクスとの協力で帝国の進攻を止め男を上げた。

レン
CV西原久美子
11歳
エステルが旅の途中で知り合う少女。
正体は執行者No.ⅩⅤ【殲滅天使】
与えられた状況に対応する天才。レーヴェやヨシュア等様々な人物から武術や特殊技能を習得、万能型の能力を身につけている。また結社が開発した巨大機械人形「パテル=マテル」を使役する。

幼いころ両親に売られた経験と高い能力から性格はかなり歪んでいる。エステルの呼び掛けに戸惑いと変化の兆しを見せる。

余談だがPSP版のパッケージ裏でネタバレしている。

レーヴェ
CV緑川光
執行者No.Ⅱ【剣帝】
FCでロランス少尉の偽名で暗躍した剣士。その実力は【剣聖】や【蛇の使徒】と張る。
10年前まで帝国南部のハーメル村に住み、同じ村のヨシュアとその姉カリンとは幼なじみだったが、戦争の引き金となる「ハーメルの悲劇」により彼とヨシュア以外は死亡。二人が結社に身を寄せるきっかけとなる。

本名レオンハルトは劇中ほぼ使われず、エンドロールすら愛称のレーヴェが使われる。

FC同様に最強の敵として立ち塞がる。分け身のクラフトでより強力に。


追記、編集よろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/