英雄伝説 零の軌跡

登録日 :2010/10/09(土) 16:25:55
更新日 : 2014/10/22 Wed 11:56:27
所要時間 :約 5 分で読めます




『英雄伝説 零の軌跡』とは、2010年9月30日に日本ファルコムより発売されたPSP専用のRPG。英雄伝説VI「空の軌跡」から始まる「英伝シリーズ」第3期の2作目。
続編である「英雄伝説 碧(あお)の軌跡」の発売日が2011年9月29日に決定した。
この度「英雄伝説 零の軌跡EVOLUTION」の発売が決定した。詳しくはホームページまたは動画サイトでかくにんしてほしい。


~ストーリー~

大陸にある自治州、別名『魔都』クロスベルを舞台に主人公ロイドの所属する警察の特務支援課の仲間と共に、住民から多くの支持を受けている遊撃士協会の様に様々な依頼を受けながら、虚構の平和と繁栄に彩られたクロスベルで彼等が様々な意味での『壁』を乗り越えようと奮闘していくお話。
なお特務支援課は警察内部の色んな思惑から生み出された部署だが、基本『遊撃士協会の猿まね』と認識されており、良い印象は特に序盤は無いに等しい。(そもそも住民は警察をまともに信頼していない)また遊撃士協会からも成長を期待されている節はあるが、最初の頃ははっきりと下に見られている。ただ物語が進めば各方面からの信頼も得られていくようになっている。
相変わらずな良い意味でのファルコムの王道ストーリー、聞き惚れるBGM、前作からブラッシュアップされたシステム面やグラフィックなどで、良RPGとして高い評価を得ている。
なお、前作の空の軌跡シリーズをプレイしていなくても大きな支障はないが、やっていた方が大から小まで様々に楽しめる展開、ネタがあるので、できればプレイ推奨。


~キャラクター~

ロイド・バニングス
主人公、クロスベル警察の特務支援課に所属する捜査官。殉職した兄の意思を継いで捜査官になった
クサイ台詞と壁を使った比喩表現を駆使し、年上から義姉、同年代に14歳9歳、果ては男にまでフラグを立てる、ヘタレにぶちん弟ブルジョワジーな『攻略王ロイド』

エリィ・マクダエル
今作のメインヒロイン・・・のはず。ある目的を持って警察官に志願した。支援課においては参謀的立ち位置。終盤のエリィルート(?)においては、攻略王を攻略するという偉業を成し遂げる。
ロイド曰く、やわらかくていい匂いがしたらしい。爆発しろ。

ティオ・プラトー
壁、絶壁。エプスタイン財団から出向してきた少女。新型の導力器「魔導杖」のテストの為に特務支援課にやってきた
今作のストーリーに大きく関わる過去を持つある意味真ヒロイン
無駄無駄の人ではない

ランディ・オルランド
元警備隊員の青年。警備隊をクビになり掛けた所を警察に拾われ、特務支援課に配属された。
発売前に空気とか言われたがそんなことは無かった
昔はライフルを使ってたらしい。
「狙い撃つぜ!」
わけあ

ワジ・ヘミスフィア
不良チーム「テスタメンツ」のリーダー。
高いカリスマ性を持ち、手下達からは神のように崇拝されている未来の教祖様

ノエル・シーカー
クロスベル警備隊に所属する美少女。曹長。
運転係、みんなの足

◎ダドリー捜査官
クロスベル警察の捜査一課に所属する捜査官。
人間相手にマグナムをぶっぱなす危ないおっさん(CP40:100%で即死)
実は脱ぐと本気で、素手のが強い系の人

◎銀(イン)
東方の裏社会で伝説とまで言われる暗殺者。東方マフィア黒月(ヘイユエ)に雇われクロスベルで活動中。
仮面と黒衣に身を包んでおり、正体は誰にもわからない。声優がとか言わない
剣帝と剣聖双方のチート技を使う極・チート。スポット参戦時は剣聖のだけ。

エステル・ブライト
前作主人公
チート親父のSクラ・鳳凰烈波を覚えたが親父に比べるとまだまだ。今回レンとの追いかけっこにケリがつく。

ヨシュア・ブライト
前作副主人公兼ヒロイ(ry
地味に彼もチート養父の技を一つ受け継いだ。エステルとは義姉弟かつ恋人のリア充。

キーア
ロイドたちに保護された、記憶喪失の少女。くぎゅ。

◎ツァイト
クロスベルの伝説で《神狼》として伝えられる巨大な狼。
とある事件で濡れ衣を晴らしてくれたロイドたちに恩義を感じたのか特務支援課に居座り(協力ともいう)警察の狗となった。
親族がTOVにも出演している。

◎セルゲイ・ロゥ
特務支援課のかちょー。
優秀だがやる気は無く基本は放任主義だが、決めるときは決める隠れ熱血中年。
ちなみに武器はショットガン。

アリオス・マクレイン
遊撃士協会クロスベル支部に所属するA級遊撃士であり、八葉一刀流の剣士。
こいつの立ち絵何回見てもズラ被ったオッサンなんだが
イース6のガッシュさんとエルンストさんを足して2で割ったような見た目の人
二つ名《風の剣聖》が兄弟子と被る。もうちょい何とかならなかったものか…

レン
中の人は35歳。
だが今回ボイスは無し。良かった、ホントに良かった。
一時的に護衛対象として加入するときはLV78にHP9999と盛大なネタバレは健在

◎アーネスト・ライズ
マクダエル市長の秘書。
空の軌跡の某ヘタレ元秘書と違い、土下座はしない。

エンッ!

ヨアヒム・ギュンター
医者。優秀だけど何かと仕事をほっぽりだして趣味の釣りに走ろうとする。そんな彼は『眼鏡で』『間が抜けているが人が良く』『人畜無害な善人のように見える』そんなどっかの考古学者と似たような共通点を持つ釣りキチ。

◎イリア・ブラティエ
クロスベルで超絶的な人気を誇る劇団『アルカンシェル』のトップアーティスト。気さくで陽気ななお姉さんだが、セクハラ親父でもある(被害者:リーシャ)。芸に懸ける情熱は素晴らしいが、反動か私生活はかなりずぼら。
ロイドの姉的存在のセシルとは幼なじみ。弟ブルジョアジーはここで発揮される。

◎リーシャ・マオ
とらんじすたぐらまー。元々共和国からの観光客だったが、イリアに才能を見初められ、半ば無理矢理アルカンシェルに入団させられる。だが、『家業』とは別の道を示してくれた彼女にはかなり感謝している。でもおっぱいにハァハァしないでください。



追記・修正の壁を乗り越えてください

この項目が面白かったなら……\ポチッと/