装備品について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

対コミックマーケット用一般参加者用装備品紹介、(コミケ持ち物チェックリスト)

この章では、コミックマーケットに必要な兵装を紹介していくが、ここに紹介されている兵装はあくまでもテンプレであり最終的には諸君らの独自兵装が望ましいと先に記述しておく。

夏冬共通装備品

コミケカタログもしくはROM版 紙は会場でも追加確認もできる、ROMは軽くて前回のデータを引き継げるなど一長一短あり。Web版は当日の通信状況を考えると、あまり期待しないほうがいい。印刷すべし
地図もしくは配置図 最悪サークルナンバーだけでもいいが壁サークルを回る場合やひらがな、カタカナ、東、西、A、シ、B~Z、ア~サ、ス~ロ、あ、れ、い~な、に~るやどこで折り返すかなど把握していない場合、時間を無駄に消費したりたどり着けない場合があり
配置表(サークルリスト) これを忘れる、落とすは1日を棒に振るに等しいです!体力に余裕のある人は、カタログを持参してみよう!! コピーを取って2分づつ分けて持つ、友人と2人で持ち合うなどスペアを作っておくといいです。
カバン ショルダーバック、デイバック(小型リュック)、ルーズバックなど。
スーツケース、ボストンバック、キャリーケースなどは 好ましくない。
サブバック エコバック、トートバック(A4サイズの本が数冊入るものがよい)
ポーチ
筆記用具 企業ブースの注文表記入などに。また気に入ったサークルを見つけたときの記録用に必要
財布 ※財布は、買い物用と出さない用に分けることがお勧め。それは万が一財布を落としたり盗難にあった場合に身分証明書やカード類への被害を防ぐための手段。 50枚収納できるコインケースのようなものは、開けたまま落としたときに大惨事になるため、一般参加者にはお勧めできません。
所持金 サークルは釣り銭を買い物目当ての人はできるだけお釣りのでないお金を用意、無くした時や盗られた時のためにある程度分けておいた方が良い
Suica&PASMO あらかじめ往復の交通費くらいはチャージし、パスケースに入れておこう。
ゴミ袋 大型、スーパーの袋両方そろえるが吉、大型ゴミ袋は、体や荷物を守る簡易雨具、防寒具として活用できる。スーパーの袋は濡れた物や汚れた物入れに最適、また待機列中のリバースにも対応
新聞紙 読み物から敷物、防寒具、梱包用クッション等、様々な用途をこなせる万能アイテム
雨具 傘はNG! (目にあたるトラブル多し)合羽を購入しよう
※合羽の選び方 :快適さを求めるならば対水圧と透湿度をチェックする。対水圧は合羽が耐えられる雨強さを表すもので、長時間着用する場合は10.000mm以上のものがよいとされている。透湿度は、合羽の内側に溜まる湿気を逃がす度合いで高ければ高いほど、内側の湿気を逃がしてくれる(作業用品専門店では高いものでも2980円くらいまで)
別に濡れなければいいぜ!ってひとは100均とかのでいいです。
暇潰しアイテム 携帯用ゲーム機や音楽プレーヤー、本等。当たり前だが嵩張らないもので。  ※スタッフの案内や誘導の声、周りの声が聞こえなくなるのでイヤホン、ヘッドホンをつける際は要注意!
タオル 最低2、3枚入れておくとよい
ウェットティッシュ
折りたたみ椅子もしくは敷物 長時間床に座るよりはマシ、100均にあるようなものでOK
常備薬 もし持病がある方は忘れないように、初心者や体調に不安がある方は無理を しないで昼過ぎの出入りがフリーになる11時~11時30分ごろに到着を目指す。(当たり前だがシャッター前はいくつも回れない)だが入場時間は15 分~30分くらいと遅くならない。自分もお客様で無くイベント参加者と言うことは忘れないように
お薬手帳
水など
保険証
空気枕、アイマスク 深夜バス組などは便利
路線図、ガイドブック 都内の乗り換えなど乗換がわかる方が便利、みんくるという都バス路線図も営業所や観光案内書などで配布している
着替え さすがに同じ服3日は周囲の迷惑なのと汗だけでなく雨や雪など着替えが必要になることもあり、冬は重ね着もできた方がいい、コスプレ目的で無い場合も更衣室は利用可能、その場合スタッフにいえば無料
マスク 温かいのと乾燥や風邪対策、そして会場は埃っぽい
靴の中敷き
軍手もしくは手袋 指を斬りやすい、
救急用具(絆創膏etc) 切り傷や踏まれたり、水ぶくれ、靴ずれなどもできる
住民基本台帳カード、学生証、各種免許証、パスポートなど身分が示せる物 年齢制限(R-18)しているものを買うときの年齢証明としてあると便利、東京都では深夜にネットカフェ、マンガ喫茶、カラオケに行くときは年齢証明できるものが必要、ない場合30代や40代でもダメ
替えのメガネ、コンタクトなど ぶつかって割れた、コンタクトなどを落とした、踏まれた、トイレで流したというときに替えのメガネなどがある便利です。

夏季装備品

帽子、サングラス 男女共に最重要品目。直射日光を避け熱中症対策をとるための夏季の重要アイテム
水分 目安は500mペットボトル×4の計2ℓで、2本凍らせて2本は冷やすのみ。塩分やミネラルも補給できるスポーツドリンクが望ましい(スポーツドリンク苦手な人は水やお茶でもよいが、 塩分・ミネラル補給は水分補給と同じくらい重要 なので、塩分も補給できる食べ物を持参すること。ポテトチップス、塩昆布等)。また、トイレを長時間我慢したり、塩分やミネラルを取らないまま、水をガブガブ飲んでいると、 腎臓に負担がかかり、その機能を損なう(=透析生活)恐れがあるほか、最悪の場合水中毒(高致死率・洒落にならない) を起こすので注意。絶対にトイレには行くこと。救護室は意識がはっきりあり自分で歩いて水がほしいと行ける間はレストランで無いため、大量に用意していないのでコップ一杯しかもらえません。それ以上は病院搬送になります。
岩塩、塩タブレットなど 塩分は思った以上に失われます
凍らせたペットボトル 本が濡れるのには注意
食料 トイレに行きたくならないようにと朝を抜くと低血糖などで救護室送りになる場合もあるので、腐らない保存食(金平糖、氷砂糖、ゼリー飲料、カロリーメイト、ビスケット、塩飴など)を食べてくるか、持参すること。食中毒に注意。栄養ドリンクやレッドブルなども瓶や缶が壊れたり本を汚さないなら朝方などの疲労をしのぐのには効果があるかも、とくに飲んだという精神的な疲労回復が重要
塩分は特に重要、飲料でカバーできない分は食べ物で補完しよう。
熱中症対策グッズ 主なアイテムとしては、ヒエピタやヒヤロン等、この他にも様々なグッズが販売されており購入は大手ドラッグストア、ホームセンター、作業用品専門店、アウトドアショップで夏が近づくにつれ販売される。他には保冷剤などをタオルに包んで首や脇などを冷やしておくと熱中症予防になるのでおすすめ。保冷バッグなどに詰めて持って行くと少なくとも熱で悩まされることは殆ど無くなる
冷却シート
うちわ・携帯扇風機・扇子
冷房除けのタオルケット バスや電車の冷房で体が冷える人には要るかも
日焼け止め

冬季装備品

ブランケット等 冬は待機列での寒さとの戦いとなるので出来るだけ厚着をして行きたいところだが、大抵の場合会場内は暑い。
パージしやすさを考えるとブランケットなどすぐ羽織って仕舞えるものの方が会場内でも動きやすくなるため楽。
最悪新聞紙でもいいが、ちゃんと片付けないとフルボッコである
カイロ 奪われる熱をどうにかするためのアイテム
防寒具 マフラー、耳当て、手袋、ひざ掛け、ストールなど。もし早朝から並ぶ場合保温性と外気遮断そして動きやすい服が必要、スキー服を着る人もいる

あると吉な装備品

Wi-Fiルータ 3G回線が非常に混雑している中、快適に通信するための装置。最近はLTE端末も普及して快適に繋がるようになりつつあるが、毎度状況は変化するため用心はしておこう。人気どころはWiMAX、EMoblle LTEなど。レンタルを行っていることもある
携帯用充電器 ファンネルとの通信を怠りたくないなら、携帯用の充電器があると便利。携帯だけでなく他の機器(ゲーム等)も充電できる機器なら汎用性がある。鉄板はパナソニック モバイルブースター。類似商品も多く存在するので、各個人で好きなものを選ぼう
無地の袋 企業で買い物をする際、表面積の大半が肌色で占められている紙袋をもらうことがあるが、これを隠すための袋である。余裕で持ち帰れるという人もいるが、帰りの電車等で他の乗客が不快な思いをするのを考慮してのことである。
また、同人メインの場合は布の袋よりも紙袋の方が便利。紙袋のほうが形が固定されていて袋にすんなり入ってくれるので、他のサークルに行きたいときにもすんなり行くことができる。ただし、雨が降っているときは(袋も含めて)帰りに戦利品が濡れないようにくれぐれも気をつけよう
空調服 夏用
スポーツや登山用など高機能なシャツ 会場内は湿度も高いので乾きが違うとつかれ方が違う
靴用カイロ 冬用
化粧道具
コンタクトケース、眼鏡ケース
バンダナ・小風呂敷
時計
テレホンカード・小銭
携帯灰皿
カメラ 電池容量や空き容量確認、カードの破損用予備SDカードと充電器も忘れずに
ノートPC 電池充電確認、電源コードやホテルならケーブルとか無線ルーターも使えたほうがいいかも
輪ゴム
姿勢矯正サポーター
入浴剤、三又コンセントなど 遠方組用

コスプレイヤー あると吉な装備品

完成したコスチューム、ヌーブラや水着用アンダーショーツなどの露出対策用下着類一揃い、針と糸、接着剤や大量の安全ピンなどの補修道具、ガムテープ、細いヒモか太めの輪ゴム、荷造りベルトなど、折り畳みできるバッグ、メイクキット、メイク落とし、ブラシ、クシなどの身だしなみ道具、大判タオル、大判ハンカチ、ウエットティッシュなど、メモ帳とペンなどの記録用品、コスチュームの時に貴重品を入れておくポシェットやポーチ、カメラ
※スプレー類(ノンガスタイプ含む)は使用する際、近隣の人の顔や衣装にかかったりして揉める元になるから持ち込み厳禁 待機列などや屋内では揉める原因です。ウィッグセットは固形ワックス、制汗剤はシートタイプを持っていくなど至近距離に人がいても迷惑がかからないよう工夫しましょう。

コスプレ撮影用 あると吉な装備品

サークル参加者 あると吉な装備品

サークル通行証(1人1枚)、参加登録カード(記入・捺印)、サークル駐車券(事前に申込が必要)、見本誌票、コミケットアピール、値札、電卓、印刷会社連絡先、メンバー連絡先、S字フック(机に袋やカバンをぶら下げるため)、販売記録ノート、小さなスケッチブック、売上入れ箱・袋、荷造りヒモなどの切って使えるヒモ6mほど、マジック・筆記用具・カッターやハサミ、ガムテープ・ビニール(絶縁)テープ、定規、ごみ袋・コンビニ袋、ゴム引き付軍手、テーブルクロス・敷布、両面テープ、スペースNo表示ボード、軽食、おやつ、飲み物、台車、キャリアーなど、雑巾1枚、釣り銭(元の金額は必ず記録しておく)、懐中電灯、「◯時に戻ります」看板

スタッフ参加者用 あると吉な装備品

カウンター

総合: -
今日: -
昨日: -

更新履歴

取得中です。