ダークファンタジー あらすじ・レビュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一期


世界は混沌としていた。

昨日よりも今日は暗く

今日より明日は尚暗い

人々は日々に絶望を抱きながら

只、惰性で日常をすごしていた

道行く同胞の亡骸を一顧だにせず

誰もが生きる為に必死な世界――――


不老の呪いを受け旅をする青年・ページは森の中で少女・ミアと盗賊・シモンに出会う。
何者かから逃げ続ける彼女たちと共に森を駆け抜けるうち、宗教結社『深淵の月』の狂妄なる陰謀を目のあたりにすることになる。
命からがら近隣有数の結界都市ヴァフティアにたどり着いた彼らは、人形師レノや破戒僧ディーバダッダの導く
『七年前』の過去、『ゲート争奪戦』から続く遺恨に再び翻弄されるのであった……


シリアス系ファンタジースレの金字塔。深大なシナリオ、緻密な世界観、重厚な人間ドラマが魅力。
『魔』に支配され、さりとて『魔』なくしては生きられない人々の脆弱で強靭な抗いの物語を描く。
師匠、ガチムチ、従士、フィオナなど四天王や五傑の有名株を輩出したスレとしても有名で、のちのTRPGに大きな影響を与えた。