アダム・ヴァイスハウプト

来歴

《西インド会社》を統べる最高幹部《三博士》のひとり。
濃紺の衣服に身を包み、常に仮面を被っている。素顔を見た者はほとんど存在しないという。
悲劇に対して薬物や性的快楽を大きく上回る極限の多幸感を覚える歪んだ精神性の持ち主。
部下にはフリードリヒ・ツァラトゥストラ《イルミナティ》などが存在している。
何やら求める方程式なるものがあるというが、詳細不明。
ルイス・キャロルが弟子であるという噂がある。
童貞。

能力

ほとんど不明。メスメル式暗示が使える程度しか明らかになっていない。
碩学としての実績としてはハウプト式《回路》モラン大佐など。

本編での活躍

セレナリアFDでは北央帝国の結社勢力に《物語る姫》メアリ・シェリーの身柄確保を命じたものの、ツァラトゥストラの失脚によって目的を遂げることはなかった。

シャルノスwebノベルではセラニアンをニューヨーク、インガノックに続く第三の現象数式実験の場所とし、ダゴンを使って《イルミナティ》の盟主、コンスタンツォごと滅ぼそうとするが、メアリの活躍によって失敗する。
その後は危うくMに《イルミナティ》を壊滅させられ《西インド会社》での実権を失うところだったが、Mがメアリと共に撤退したため何とかなった。

その後


元ネタ


備考

三博士最後の一人でありながら、やたら扱いが悪い。
ウォレスには嫌われ、シャルノス冒頭ではバロンに「彼の求める方程式とか別に我々の求める物ではないですしー(意訳)」と言われ、立てる作戦は失敗し、部下はあのニーチェさん。

機関には機能性と美を両立させる求道者であり、自ら設計したモラン大佐の機体は女性器までしっかり作り込む程。童貞なのに。

登場作品

漆黒のシャルノスWEBノベル『ナイハーゴの灰葬』



  • 存在がギャグになりかけてる人 -- 名無しさん (2013-09-06 21:05:40)
  • マックにもディスられてるんだよなこの人w -- 名無しさん (2013-11-14 20:40:42)
  • かつてバイロンに師事していた、らしい -- 名無しさん (2013-11-14 20:46:34)
  • 誰も知らないうちに入れ替わりされてたりする危険性が出てきおったw -- 名無しさん (2013-11-15 02:59:58)
  • 向こうの人の方が狂っていても優秀そうだしなぁw -- 名無しさん (2013-12-22 23:28:23)
  • 説明の最後の「童貞なのに」で笑いを堪えきれんくなったww -- 名無しさん (2014-01-22 13:33:05)
  • 次はハウスホッファーあたりに実権とられそう -- 名無しさん (2014-03-06 23:28:56)
名前:
コメント:
合計: -
今日: -
昨日: -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。