小型ロア

2013年の通年イベントで登場したロア達が、2014年の通年イベントに再登場した際の姿。
守護魔とハートメイトの関係に近いが、あちらと違って小型ロアは元の姿とステータスやスキルが異なっている。


ステータスランク
物理 E:~599 D:600~ C:1000~ B:1300~ A:1500~ S:1700~
魔法 E:~599 D:600~ C:1000~ B:1300~ A:1600~ S:2000~

北国の吸血姫・アルカード

物理 B
魔法 B
DEF 25
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
ヴァンパイア・イリュージョン 自分周囲を攻撃
撃ち抜きますわ! クロスクレスト
吸血姫の意地 ラウズボディ
ライフテイク
デフィート
記憶の書架ラストでの大活躍直後に何故こうなったと話題になったダサ小型アルカちゃん。一部分のみ増量疑惑あり。
スキルに至っては吸血鬼らしい闇属性スキルは全て忘れ去り、それどころか自ら相手に十字架を撃ち込む始末。
攻撃一辺倒だったロア時とは異なりライフテイク・デフィート・ラウズボディといった便利な支援スキルも習得。
特に相手の除算DEF/MDEFを下げるデフィートを初期から持っているのはお得といえる。

燐火の女学生・清姫

物理 C
魔法 B
DEF 15
MDEF 20
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
消えてください…… ダークフレア
お覚悟ぉ~…… ヴェノムブラスト
ストライクブロウ
ロア時と比べてATKとMATKが平均的に伸びるようになり、HPも格段に増え癖のないステータスになったが、突出したMATKは失われている。
攻撃モーションも相変わらず短めであり、除算DEFの低さがネックではあるが物理型としても使いやすい。
目玉のヴェノムブラストはキューブのものと違い、毒のほかに沈黙、鈍足、スタン効果もある。
素直にヴェノムブラストの使い勝手を上げても良し、基本的に支援を担当させ状態異常ばら撒きに使っても良し。
燐火と言いながら持っている魔法スキルは何故か火属性スキルでなく闇属性。性能は短詠唱短ディレイのダークフレアなので魔法型なら主力になりうる。

伝承の吟遊詩人・ル・フェイ

物理 E
魔法 C
DEF 10
MDEF 20
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
妖精たちのエッダ スピードエンチャント
英雄のサーガ ラウズボディ
耳をふさいでも無駄よ デッドマーチ
魔女の力は入用かしら? DEF13-10 MDEF20-15、効果125s、旧ディバインバリアLv2相当
ロア時の強みであったディバインバリアを残したまま、スピエンにラウズ、デッドマーチと言った有用スキルをひっさげてかえってきたお姉さん。
他のちびロア達が肝心要のスキルを忘れていたりと一筋縄ではいかない中、明らかに素直な強化がされているあたり運営か開発にファンでも居るのだろうか…。
ただしMATKはロア時と比べてかなり落ちている。

子猫少女・バステト

物理 A
魔法 D
DEF 20
MDEF 15
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
ごほうびをあげる パートナー版リミテイションエッジ
ねこのみりょくにおぼれるのよ 物理250% 単体中心範囲5*5 毒・スタンを付与
たたいてたたくにゃん 斬撃無双Lv2相当
ビンタして欲しいとの声に応えてか物理攻撃スキルを多数習得してきた教祖様。
【ねこのみりょくにおぼれるのよ】は毒スタンの効果時間が長く、演習等の足止めが重要な場面で猛威を振るう(これを使えるのは2016/9現在、子猫少女、清姫・ロア、オートメディック・アルマのみ)
物理攻撃だが魔法タイプでありリフレクションに跳ね返されるので毒状態になりながら攻撃をしまくる教祖様の姿があちこちで見受けられる。

大空賊・キャプテンキッド

物理 A
魔法 D
DEF 20
MDEF 15
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
いくわよん、ふぁいやー♪ フレアショット
ふふん、急所は外して……あれ? バイタルショット
当たらないわよん♪ ソリッドオーラ
ロア時が火力特化だったのに対してこちらは除算防御が強化され、ソリッドオーラの追加で攻撃からサポートまでバランスが良くなった。
特にソリッドオーラはロア時の弱点であった「打たれ弱さ」「支援性能の低さ」の両方をカバーしている。
とは言え、【ばきゅん♪】や、【ぶちかますわよん♪】を忘れた分単純火力は低下しているので、用途によってはロア時と一長一短と言ったところだろうか。

黒衣の天使・玉藻

物理 E
魔法 C
DEF 25
MDEF 20
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
九尾狐の治療術☆限定版 アレス
ちょっと痛いかも♪ 射程3のプルウィップ
おねえちゃんの威容 レストスキル
一部の性癖の人に応えた結果なのか、なんかいろいろ上級者向けになって帰ってきたお姉ちゃん。
性能的にはロア時とほぼ別物になっており数々の強スキルを忘れてしまっている。さらにATKが低くMATKも並程度にしか伸びないので攻撃面は期待できない。
しかしプルウィップの連打は硬直・引き寄せの効果で足止めとして使えたりする。ボス属性を持たない相手なら硬直で延々と拘束できることも。
そのため魔法型のステータスでありながら実際に使用するのは物理スキルとなり、鞭打ちによる拘束が得意というSM変則的なスタイルといえるか。
レストスキルと合わせて妨害役用にデザインされているのだろうか。

きらめく人魚姫・ローレライ

物理 D
魔法 S
DEF 25
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
こごえるカプリチオ 自分中心の氷結
みわくのノクターン 自分中心吹き飛ばし+混乱
なでなでセレナーデ リラクゼーション
おしおきカデンツァ 音符型エナジーバーン(持続ダメージ無し)
人間7おさかな3くらいの割合な人魚になりましたよますたー。
ちびロアなので基本ますたーと重なります。これで私の歌をいつも聞いてもらえます。と思ったらレパートリーが減ってました。アイドル生命の危機です。
範囲氷結(水属性100)が使えるのはパートナーの中では珍しいらしいです。えっへん。
でもパートナーには単発で強い火属性スキルはあんまりないので、闇属性スキルがいいらしいです。もしくはますたーが煮るなり焼くなりしてください。

時空の迷子・パラケルスス

物理 C
魔法 C
DEF 20
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
ケミカルパルフェ ヴェノムブラスト
成果の一部をお見せしよう 敵単体を一時的に行動不能にする
ホム吉、やれっ! エリアヒール
巨大化して攻撃したり回復したりとホム吉が本体なのではないかと言われている。
ロア時に持っていた癖のある固有スキルは全て無くなり、使い勝手の良いスキルに変わっている。ただし魔法型なのでちびロア間で流行しているらしいヴェノムブラストはダメージソースとしては微妙となる。
母譲りのエリアヒールは残念ながら対象指定タイプではない。

礼装の紳士・ワーウルフ

物理 A
魔法 D
DEF 20
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
覚悟してもらおう プレッシャーLv4~5相当
隙だらけだ 急所攻撃?
叩き潰させてもらう
これで決める
片付けようか
攻撃手段が増えたのはいいのだが肝心要の警戒を忘れている。これでは犬の誹りは免れない。
ロア時から引き継いでいるプレッシャーは依然有用ではあるが、混乱した際に暴発して主人の範囲攻撃が封じられる可能性がある点には注意。

小悪魔少女・メフィスト

物理 E
魔法 S
DEF 20
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
とても気分が良いわ DEF10-10 MDEF15-15 現ディバインバリアLv3~4相当
これが契約の力よ ダークウェポン 属性値+9
こんなのはいかが? マジックバリア MDEF25-10
お仕置きが必要ね ディバインブレーカー 魔法450% クールタイム10秒
耐えられるかしら? 火属性ランチャー 魔法50%*6
魔法少女に衣装替えをして乗り物から降りて戦うロリババア。イイトシシテ無理スンナ。
2種のバリアと闇剣を持ち支援能力が向上している。
攻撃スキルは低威力の火属性ランチャー・クールタイムのある浪漫砲と汎用性が低く、これだけを主軸に戦うには厳しい。高いMATKを活かすためにも追加で△アレスや△モータルフィアー等を覚えさせたい。

小さな魔王・ルチフェロ

物理 A
魔法 D
DEF 25
MDEF 20
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
ダークウエポン 属性値+9
終幕の剣 ダークフレア相当
しつこくしないで パートナー版リミテイションエッジ
おおきくなった成果 神速斬りLv1相当(400%)
はたらくまおうさま。ダメ人間製造機度合いが上がっている。
相変わらず高いATKを誇り神速斬りも会得したが、倍率はプレイヤーの半分と大きくなりきれていないようだ。おっぱいはおおきくなったのに…。

聖夜の天使・ステラ

物理 E
魔法 C
DEF 25
MDEF 25
入手難易度 ★★★★★
主な初期取得スキル 効果
ギフトプレゼント スタンブロウ
ハッピーエンド キュアオール
あなたは負けません! セイクリッドエンブレイス
ルミナススター サルベイション
ブレッシングスター リラクゼーション
旧ディバとスピエンの代わりに習得したサルベイションをどう活かすかが肝。他に使用できるのはエンジェルフェザー・アルマのみ(2015年9月現在)。
通常の回復手段としては回復量が△アレスの6割程度なので若干心許なく、△アレスや▲リカバリーを使った方が安定する。
憑依者も回復できるというサルベの特徴を活かすなら、憑依者がパートナーとして連れた方が貫通ダメージに対して即座に反応できる分有利である。
貫通ダメージを受けた際に仲間指定でサルベイションを使わせれば、宿主共々回復できて一石二鳥である。
またPCのサルベイションは憑依者のみを指定することはできないが、こちらは憑依中の主人のみを指定して回復できる。
つまり、プライスオブペインのような宿主の残りHPをコントロールする必要のあるスキルを活用したい時に、憑依中の主人のみ回復するという芸当が可能である。
一応リラクゼーションで回復量を上げられるので設置干渉を気にしなくていい場合は合間に使用するといい。
ギフトプレゼント(サンタ袋攻撃)は特殊モーション共々ネタの要素が強い。