ベースカンスト後(デュアル上げ)

ベースカンスト後のデュアルジョブ向けの狩場を記載します。
こちらはタンク、PT前提で記述をお願いします


風穴PD(1F)

  • 対応する職 火力GlErSo他AsCaSt
釣り→アビス→属性操作→殲滅→移動
  • 必要な物 プライベートダンジョンつくーる マルチコンディション タマゴサンド等のHP回復剤
  • あると便利な物 タンク火力 ソリッドボディ ゴースト・アルマ ソウルプロテクト(タンクがいる場合) 各種スクロールパッシブスキル
時給4000~
PD神託の風穴1Fで狩る。
ダンジョンに入ったところは3Fなので間違えないように。3Fから2F、1Fと降りていくことで到達する。
そのため移動だけで5分程度かかってしまう。全滅すればまた移動に5分かかることになるので注意したい。
基本的に敵をある程度かき集めてアビス、属性操作、火力の順で処理していくことになるが、クセの強い敵が多いため、無計画に集めると危険な状態に陥ることがある。
一方で経験値は非常に高く、メンバーの装備や練度によっては旧406Fアリタマ野良程度のJOB効率が出る場合がある。(この場合BASEに関しては旧406Fアリタマを大きく超える)
またPDの雑魚敵は高性能のパッシブスキルスクロ-ルを時折ドロップする。スナッチでも盗めるので、Stは殲滅段階でピレッジ1を連打すればPT全体の金銭効率に大きく貢献できるだろう。ただしドロップもスナッチも非常にムラが大きいのは注意。全然取れなくても泣かないこと。

危険な敵と特徴・対策
  • フレハラム
非常に硬く、ゼーレゲリヒトをそれなりの頻度で使用し、強アクティブでタゲがコロコロ変わる。DD神託の害悪筆頭。
スタン沈黙やレストスキルなどでゼーレを可能な限り封じ込めたい。
3匹以上釣ると管理が難しくなる場合があるので、一度に処理するのは2匹程度までに抑えたほうが良い。
放置して階層移動による湧きリセットをかける手もあるが、1Fはマップ全域をぐるぐる周回する構造になっているため、2周目以降は常にパーティの前方が「最も敵が溜まっている場所」となる点は留意したい。
すぐに倒せるなら倒して取り巻き付きの新品を再湧きさせたほうが効率は出るだろう。
  • ホブニキキリ
デフィートでこちらのDEFを下げ、リストリクトで回復不能にし、「つむじ風」という強力なダメージを連打する追尾性物理スキルを使用してくる強敵。
つむじ風は壁に隣接することで即座に消滅させることができるが、硬直などですぐに消せない状況も発生する。釣り殺しの敵である。
釣り役はデフィートを受けたら即座に警戒などを更新すること。特にDEF低下状態でつむじ風をまともに受けると、あっという間に倒されてしまう。
  • スルクオッケ
ネクロマンシーを連打してくるサソリ。
こいつのせいでアートフル1、ライフリターン、オートヒールの回復は反転してダメージを受けることが多くなる。
数が多く、レストスキルなどで個別に対応するのは難しい。ここではこれらの回復スキルは使用しないほうがいいだろう。
  • イルスカニポポ
大車輪で鈍足ノックバックを付与してくる上に使用頻度も高い。ノックバック中はアイテム使用以外の行動がとれなくなるので、すぐにマルコンなどで鈍足を解除し、ノックバックを終了させたい。
ソリッドボディを使えばノックバックしなくなるため非常に安定する。
また、ゴースト・アルマの「ハザードフィーバー」は、広範囲にソリッドボディを付与できるスキル。
高額アルマなので入手性に難があるが効果は高い。
ハウリングスクイーザーも持っているため、回復不能時に食らわないように注意。
さらに強アクティブな上に足が遅い。進軍時に後続に流れやすいので、釣りや火力以外でもマルコンは必ず持とう。


アナザーエンシェントアーク(Exキャプチャー)

  • 対応する職 全職
  • 必要な物 クエストポイント AAAフラグ
  • あると便利な物 Ca/Ha/St等NPCを保護や回復しやすい職 As/Fo/So/魔DEM等の広範囲攻撃職
アナザーエンシェントアークのExキャプチャーのクリア経験値で稼ぐ。
一回70Mと破格の経験値がベース/ジョブ共に入るため、デュアルジョブだけでなく未カンストのキャラ育成、
アナザークロニクル上げ(3P目くらいまで)、パートナー育成などにも非常に有効。
高額なレアも狙えるため氷結DDとかより色々おすすめかもしれない。
単純な効率で言えば当然それぞれに特化した狩場の方が上なのだが、それらを同時進行できるというのは大きなメリットである。
デュアルジョブもカンストまでの経験値の10%くらい58、59レベルまではまだ現実的に行ける。
「弱めの敵がたくさんでてNPCを保護しながら戦う」と言う性質上、ソロは余程の廃人でもなければ困難。
また、MAP切り替え毎に「ログイン中の憑依者が解除される」と言う性質もありタンクも組みにくい。
その性質上、外で活動できる肉入りの支援職や範囲攻撃職の重要性が高く、PT全員がF火力とかだと非常に厳しい戦いとなる。
半面、各キャラ自体に求められるスペックは普通にJob50と最低限の装備(65↑の職服と竜眼だけ開放した110武器)さえあれば十分なレベル。
イレギュラーを相手にする気がなければ下層ボスや奈落に求められるようなスペックは不要であるため変にしり込みせず気軽に参加してみると良い。
ただし、イレギュラーと戦うつもりならばありたまや奈落ボスまでは行かずとも最低限バクバクや下層ボスと戦える程度の耐久は用意したい。
尚、参加人数で難易度に補正が入るため、野良PTなどで自前で憑依タンクを組むのはあまり推奨されない。

奈落のバクバク狩り(B356F)(ベースカンスト後)

•必要な職 Ca(回復、バフ)、As(属性操作)、F系火力、寄せ
•必要な物 バフ&憑依込みのDEF65&MDEF80以上(バフ込みMDEF85以上推奨)、HP8k以上(F、BP等の高HP計数職なら10k以上推奨)
••ソリッドコーティング(ブーストを使って釣るならソリッドオーラ推奨)とマジックバリア(MDEF+25)持ちパートナーが居れば敷居はさらに下がる。
•あると便利な物 ブースト、(火力職なら)奈落に入れるバフ用三次憑依パーツ、(Glが居るなら)スタミナテイク、ソリッドオーラ
奈落の356層で奈落のバクバクを狩る。通称バクバク狩り。
基本的に2PTで入って丘の上の広場と下の通路でわくバクバクを狩る。
狩り方などは若干PT主催者によって流儀が異なるようだが概ね以下のようになっている。
  • まず該当の部屋を引くまでDを生成し直す(白いフロアで討伐対象がエビルインス20orディープニポポ15orグレーターデマイズ10 但しデマの場合バクバクが1匹少ない)
  • バクバクの沸くエリアに居る余計なアクティブMOBをバクバクのエリアから引き離し捨てる。奈落で死ぬと入り口に戻されるのを利用して基本的に死に戻る。
  • 丘の上と下の通路に別れてPTを配置する
  • それぞれのPTでバクバクを釣ってくる
  • 適当にまとめて属性操作し固めつつ倒す。
基本的には固定位置にプレッシャーを設置し、釣った人がプレッシャーをまたぐ形でバクを集める。
そこにStがキャッチやロングレンジプルウィップでバクバクをある程度まとめて、ジリオンなどで殲滅する。
アビスを使えるAsがいる場合、もしくはアビスを使える人が複数人いる場合は、ディレイアウトアビスや2人が交互にアビスLv2を設置するなどしてアビスを設置し続けると非常に強力。

基本的に湧きの良さは「下通路>上広場」で時給もそれに比例する。
2PTに火力を均等に配置し、1時間で上下を交代するのが基本。
たまに捨ててもデマイズや鎌、インスやニポポが迷いこんでくるのでこれらが来たら要注意。バクバクとは比べ物にならないくらい強い。
ニポポは設置さえすれば何とかなるのでプレッシャーでもなんでもいいからリロードの早い設置を早めに置く。どれもStのバックラッシュやHaのテイムをすると安全だったり手っ取り早く始末できる。

廃火力が2人必要になるが、1PTを上下に割り振ることで、上下すべての経験値を全員が得ることができる。(壁に寄って狩れば経験値取得範囲に入る)
野良での募集には適さないが、単純に時給が倍になる。

以下、編集者による独断と偏見による簡単な準備や職ごとの立ち回りについて、適当&歯抜けだらけなので編集歓迎
+ ...

蟻卵狩り(B356F,B406F)(ベースカンスト後)

•必要な職
 アビスインフェによる固め要員(AsSoのディレイアウトアビスが非常に強力)
 火力
 Ca(回復及び支援。HawやGl火力ならデフィート必須)
 As(属性操作)
 釣り(基本的にSt又はデュアルSt。稀にGu、Ma、Fo等を使う場合もある)
•必要な物 バフ&憑依込みのDEF80~90付近(バフ込み85以上推奨、素は憑依込みで70付近?、釣りをするならバフ込みDEF90はほぼ必須)、HP8k以上(ただし釣りは15k程度はあったほうがいい)、ソリコパートナー、大量のタマゴサンド(釣り)
•あると便利な物 ブースト、(火力職なら)奈落に入れるバフ用三次憑依パーツ、(Glが居るなら)スタミナテイク、警戒(釣り)

奈落の356層や406層で「奈落のアーリー・エース」と「奈落のクリムゾンエッグ」を狩る。通称アリタマ。
移動狩り、固定狩り、アリを隔離してからの卵狩りといくつかバリエーションがあるが、ここでは移動狩りについて述べる。
まず敵の攻撃力は356Fで6000ほど、406Fで10000ほどである。
さらに警戒などで無効化しない限りクリティカル確定なのはバクバクと同じだが、アリが「怒」を使用してさらに攻撃力を倍加させてくる。
また必ず貫通する3*3範囲のショックウェーブを使用するほか、敵数も25匹↑と尋常ではないため、少しの操作ミスが即座に全滅に繋がる。
そのため奈落の進行をある程度経験してから参加することを推奨する。
なお、北西部屋と北東通路には凍結とスタンの罠が設置されている場合がある。除去することはできないため、位置を覚えて踏まないようにしよう(罠の配置パターンは後述)。
難易度は非常に高いが安定すれば実入りは上下交代のあるバクバク狩りより良い。安定のバクバク、ハイリスクハイリターンのアリタマである。特にベース経験値の大きさはバクとは比べ物にならないほど大きい。
ちなみに経験値は400層を超えたところで最大となり、それ以降はどれだけ潜っても敵が強くなるばかりで経験値は一切変わらない。(AM取得量は一応増えるが・・・)
2016/11の調整で400F以降も深度に応じて取得経験値が増加するようになった…が、インフレしていくMOBの耐久に対して増加する経験値は最大でも406Fの2倍前後。
火力や釣りに要求されるハードルが跳ね上がるのにこの程度の増加量では割に合わないと言わざるを得ない。
このMAPは699層まで存在するが、上記の理由から経験値目的の場合は405層よりも深いログポイントを取る意味は無い。

大まかな流れ
  • 予め討伐ポイントを決めておき(北西の部屋の入り口と南東部屋からすぐ北東通路に抜けたところの2地点にするのが一般的)、釣り役が先行して敵を片っ端から集める。
    • フォトンランチャーやスパークボールを持つパオームとアルトレイドは非常に危険、サンドアルムも一閃でタンクを解体、マタンゲはオブセの混乱が凶悪なので、これらが混ざる場合はレストスキルを叩き込んだほうがいい。
  • その他のメンバーは敵のタゲをもらわないように遅れて移動開始。
    • このときコミュなどの全体スキルは絶対に使わないこと。怒り狂ったアリのタゲが後続に移って全滅の危険がある。
    • 「怒」の効果時間が切れたアリはターゲットが切れやすい。一度非アクティブ化したアリが移動中のタンクに襲い掛かると危険なので余裕のあるメンバーでタゲ切れしたアリを引っ張っていくと良い。
  • 討伐ポイントにStがスリップトラップを置く。(高レベルのバナナを置くと往復してくるまでに消えず、更新ができないことがあるので、Lv3使用を推奨)
    • スリップトラップを置いた後は、まっすぐ突っ切ってしまうと後続のトレインしている敵がスリップトラップを踏んで硬直によるタゲ切れが発生しやすいことに注意。
  • 湧きエリアの敵を大体集めたら討伐ポイントに持って行き、Soがポイント上にアビスを展開。釣った敵をすべて放り込むと同時にStはロンプルで後続にまとわり付いた敵をアビスに引き込む。
  • アビスが切れる直前にStのロンプルやErの影縫い等で時間を稼ぎ、その間にSoがインフェナルマークで敵をすべて固める。
  • あとはインフェナルマークを更新しつつ、火力が敵を全力で叩いて一網打尽に。固めから漏れたアリはタンク解体の危険度が非常に高いためソリコで保護しつつ、Stはレストスキルをかけつつキャッチで刻印に引き込む。
    • 主にインフェナ更新時のショックウェーブの直撃を避けるため、火力は敵から1マス空けて攻撃するのが望ましい。
    • インフェナが西よりに出やすい都合、火力は西側に配置したほうが良いかもしれない(So役と要相談)。
    • 卵のほうが耐久力が高いため、タマゴの撃破速度向上を狙うのであれば火力の足元に風サークルを配置すると良い。卵は元々火属性のためリメインのみで火100に到達する。そのため火サークルは効果が無い。
  • ほぼ倒しきったら釣りが移動開始。
    • 倒した直後から新たな敵が近場に湧きやすい。釣りが持って行き損ねた新品の敵を次周で倒すのであれば石化・インフェナルマーク・プレッシャー等で捨てておくと良い。
    • 釣りが移動開始するまで、他のメンバーはCaのミスティックシャインやFoのヘキサグラムを使用すると比較的安全に待機できる。

注意点・備考等
  • 開始前にマップ東西のエリアからアリと卵を全部狩りエリアに持ってくる方法が採られる場合があるが、その場合集めたものを全部釣ろうとすると敵数が多くなりすぎて同時処理限界である32匹を超えてしまう。
    • 溢れた敵は周囲を攻撃するので全滅の危険がある。この手法をとる場合は、初回のみ複数回に分けて討伐するとよい。
  • アリのショックウェーブは憑依者貫通効果を持つ。「怒」状態のショックウェーブは生半可な憑依者では一撃すら耐えられない。
    • ショックウェーブはStのレストスキルや沈黙(石化を切ったフリブラ等)で発動を防ぐことができる。
    • 憑依者は、406FでHP1万後半(理想は2万近く)、DEF+10イリスがあれば耐えられる模様。
    • Foのエナジーバリアは憑依者にも掛かるためタンク使用者がいるなら使ってあげよう。
  • PTのソリッドコーティングの数が多いほど安定度が増す。
    • ソリッドオーラでも問題はないが、PTで共有できるソリッドコーティングを使用することが望ましい。
    • パートナー経験値も非常に高く育成に向いている都合、交代でソリッドコーティングを出し合えるのが理想か。
  • アリと卵の湧く狩場に存在する罠は、狩場に到達せずとも判別することができる。
    • 釣りプレイヤーの生死に関わる罠があるので事前に判別しておくと初動が安定しやすい。
    • 入口から北西の北へ向かう通路から判別することが可能
      • 道中に沈黙トラップ:北西部屋の南側に凍結トラップ
      • 最北端の道中に凍結トラップ:北西部屋の中央に凍結トラップ(&北西の橋のある通路中央に毒スタン)
      • 道中に毒トラップ:(狩場から見て)北東通路角に毒スタントラップ
      • 道中にMDBトラップ:危険な罠無し

追記:その他の狩り
簡単にだがありたまの「固定狩り」「アリを隔離して卵狩り」についても触れておく。あくまで簡易版なので詳細は自分でググったりしてね!
  • 固定狩り
      • 主にスタート地点から北西に進んでいって最初の大部屋を拠点にし、部屋の南東の角っこに釣り役以外が集結、釣り役が周辺からその集合地点にアリと卵を持ってくる狩り方
      • ソリッドコーティングがいきわたりやすく、いざというときの立て直しも比較的しやすいなど安全性は移動狩りより高く、且つ効率も十分高いためこちらも人気の狩り方の一つ。
      • 例えば、マタンゲなどが混ざっても(硬直中に倒れた敵は死亡時スキルを使用できないため)インフェナルマークなどで硬直させることで死亡時スキルを封じやすく、移動狩りよりもアビスのポイント固定がしやすいことがメリットとなる。
      • 角に全員が集合し、その周囲3マスにプレイヤー・パートナー・プレイヤーの死体のいずれかを配置しておくと敵が侵入してこれなくなる。通常攻撃や3×3のショックウェーブが角に届かなくなるので非常に安全に狩り続けることができる。
      • 北と西のマスはいずれを置いてもそれほど問題ないが北西のマスだけはプレイヤーの死体を推奨。攻撃スキルの射程の関係でアビスの中心マスが隣接するため死体以外は一瞬でやられてしまう。
      • PT外釣を行うなら釣り役は討伐を見ずにたえず釣りに行ける為、移動狩りと比べても十分な効率を出すこともある。ただし、PT外釣りを出せるだけのメンバーがあらかじめそろっている必要がある。
      • PT内釣の場合はメンバーは最小限でいけるが、釣りの頻度が落ちるため効率は移動狩りやPT外釣りに劣る。北通路方面は移動距離が短いのでPT内釣りが一人だけならそちらを担当してもらうと良い。
      • As/SoやSo2~3人なら1マス開けでアビスではめ続ければアリと卵だけなら完封も難しくないためメンバー次第では検討しておこう。
  • アリ隔離狩り
      • 基本的には上記固定狩りの亜種
      • アリとかアルトレイドなどの面倒なモンスターを固定狩りの大部屋付近から隔離し、卵だけが湧くようにして狩ってしまう方法。
      • 「卵は足がそこそこ速くタゲがそうそう切れない」卵以外のこのフロアのモンスターが「足がさほど速くなく、且つタゲを失いやすい」という性質を利用し、遠方に卵と邪魔な敵を誘導、帰りに卵のタゲだけ維持しつつ連れて帰ることでこれが可能となる。
      • アリは復活ポイントが数か所あるため、完全に隔離しきれなくても残った数匹を倒せばいなくなることが多いので神経質に隔離しきる必要はない。
      • 安全性はメジャーな3方式の中では最も高い、ただし効率は最も低く、且つ下準備に時間がかかるため狩れる時間はもっと少ないという欠点がある。

  • 火力
+ ...

  • 釣り
+ ...

  • 属性操作
+ ...

  • Ca
+ ...

カーマインDD狩り(B1F中央)

•対応する職 Gl,Er,Asなどの単体高火力職
•必要な物 ディメンションダンジョンフラグ・次元安定石
•あると便利な物 設置妨害スキル等

このエリアはスフィンクスが徘徊してバラけているので一度MAPを一周して湧きをリセットする必要がある。
リセットすると東西の部屋(真ん中は知らない)は即湧きと30秒間隔で湧くのがそれぞれ2体で計4体(東西合して8体)になるので移動しなくても部屋で突っ立っているだけで楽に安定して狩れるようになる。
PDだと作ってすぐにスフィンクス部屋まで行けばバラケてないので便利。

我らがスフィンクスにゃんがお出迎えしてくれるが、かなり強い。アシッドミストやアースクライを使ってくるのでSUなら設置妨害、Erならやられる前にやるしか。
Glなら神速、Erなら刹那で安定。
Asはライドに憑依SSを使い水武器と風武器を持ち替えながらメモリで倒すと2F以上の効率で高速で狩れる。ボスはSSなしでダークシールドだけつけて憑依をログアウトさして戦うほうが安定。アンプリーは属性剣使うのが面倒ならなくてもいい。
時給300M/600体でデュアルカンストまで普通にやると1000時間かかる。もてなしタイニーから入手できる50ふえーる2種とPDで3倍の900M、他フィーバータイムのようなボーナスや課金アイテムなどで経験値を2~12倍まで上げたりできるのでそういうのをうまく利用していかないと大変。
ボスドロップなので8人PTでふえーる使うと一匹が石を16個落とす、取得制限でうまく拾いきれないが理論上最も石を落とす狩場。絶対拾えないのでお勧めはしない。

2016/11の修正によりジョブ経験値しか持っていなかった2FとB1FのMOBにジョブとほぼ同値のベース経験値が追加、さらに3次職は取得経験値に+50%のボーナスが追加された。
このボーナスは海底DDの2次職ボーナスなどと同様にPDやふえーると乗算されるので、3次職は単純に獲得経験値が1.5倍になったと言える。
また、ベース経験値の追加によりパートナー育成やページ経験値稼ぎも並行して行えるようになったので以前より旨味は増したか。

奈落の牛狩り

  • 必要なもの 405For355Fログ 複数PC(主要火力) 光攻撃手段orリメイン
  • あると便利なもの インペリアルバイク(赤orシルバー) ソウルプロテクト(356)

比較的近年開拓された奈落のタウロスロード事牛を狩る狩り方。
356Fと406Fで部屋が違う為若干下準備なども異なる。
356Fの場合白部屋でタウロスロードorデスサイズ、406の場合バクマップ赤暗でタウロスロードorディープファントムorカトブレパス
356では最北端の通路、406では北東の橋付近が狩り場となる。
  • 356
掃除対象は通路上のライフイーター(進路の邪魔になる奴だけあっち向ければ良い)、シルバリアゴーレム、ソウルプロテクトがないならばデスサイズ(ノンアクなので牛ごと捨てても連れ戻しが容易)
シルバリアゴーレムの隔離が少々厄介。牛よりやや足が遅く詠唱でもたつく傾向があるので、東端南北通路まで折り返してからぎりぎり振り切らないくらいに牛をトレインすると割と良い感じにシルバリアだけ隔離できる。
デスサイズも食べる場合釣るときに闇ライズで釣っておくと光Lodあたりを火力にできたりする。
たまに遊びに来るレイジオキクルは同じく闇なので牛と一緒に処理してしまって問題無い。ムハンデスは倒しづらいなら捨ててくる。射程の都合ムハンデスは釣っても距離を保ちがちなのでプレッシャーを活用して牛などと分離するとよいだろう。
  • 406
端の北を主な狩り場にする。
ムハンディスやパンダ、ホウオウなどを捨てる。356に比べると隔離で特に気をつけることは少なめ。
沸き共有もないので分離しにくい位置にいる奴は狩ってからリポップしたのを捨てても良いだろう。
ホウオウだけは火50のせいで闇ライズが通らないので光出攻撃する場合は注意。リメインするなら何の関係もない。
  • 共通事項
対象となるタウロスロードが「無駄にアサルトを連打(勝手にDEF低下&攻撃頻度低下)」「はじめから闇50(DPCのみで闇100、リメインも可能)」「致命的な攻撃スキルを持たない(スケアすら1マス空けると当たらない)」などバクバク以上のカモぶりを見せる。牛なのに
バクバクに比べるとJOB単価で劣るがベースでは上回り密度も高いうえにありたまのようなリスクもほとんど無い。アナザーブックのレベリングをかねるのならこちらを検討するのも良いだろう。


奈落470Fボス回し

  • 必要なもの 465Fログ 奈落の進行経験 指示を聞く心の余裕 複数PC(主要火力) ルチフェロアナザー(火力) ル・フェイアナザー(敵防御を無効化するバフ)
  • あると便利なもの ローレライアナザー 多数の火力

2016年10月に行われたアップデート後、奈落階層において異常な数値の基本経験値・職業経験値が発生していたとして獲得経験値の修正が行われた。
これにより 470Fボスの経験値が従来の15分の1以下にまで下がった様子。 (アビスマスクの場合)
また同年11月に経験値の増加が施されたが、効率は同じく経験値が増加した406F蟻卵狩りの3分の1以下にとどまる。
そもそもボスの経験値補正やドロップテーブルが大きく向上するのは410Fからであり、470Fは前述の異常な経験値が発生していた最低階層というだけで特別な補正があるわけではない。
よって現在、469Fを維持して470Fを周回する当項目のボス狩りは、実入りの観点からほぼ無意味な行為となっている。

修正前の情報
+ ...