※解説修正情報※
2014-09-29:sinAddのパラメータの誤りを修正。内部パラメータは4つ。(色3つ+周期1つ)


■PalFX【色効果】

▼概要
色に効果を与える。
OwnPal=0タイプのSC-/HelperSC-/Explodにも効果が及ぶ。
Win版ではSC-/Projectileにも効果が及ぶが、こちらは無効化できない。
全画面版はSC-/AllPalFX、背景版はSC-/BGPalFX

▼必須記述
  • 無し

▼オプション
Time = (Int型);持続時間
  • 省略時:0 -1設定で永続
    • 持続時間内はステートが変わったり攻撃を受けたりしても持続。
    • しかしsinaddを機能させたい場合はTimeを大きめにする必要が。
      • とはいえ計算を利用すれば似たような処理は可能。
color = (Int型);彩度
  • 省略時:256 0~256の数値で低いほどグレースケールに。
InvertAll = (bool型);色彩反転
  • 省略時:0 1で白黒色相反転。
以下のパラメーターの数値は周期以外0~256。
Add = (Int型),(Int型),(Int型);R赤,G緑,B青。加算。
  • 省略時:0,0,0 変化無し。高いほど指定色の色が増え白くなる。
Mul = (Int型),(Int型),(Int型);R赤,G緑,B青。乗算。
  • 省略時:256,256,256 変化無し。低いほど指定色の色が抜け黒ずむ。
    • 強めたい色以外を低くすれば、指定した色が強く出る。
sinAdd = (Int型),(Int型),(Int型) ,(Int型);R赤,G緑,B青,周期(F) 自動変色
  • 指定周期の正弦波?でパレット効果を加算~減算。
    • なお特定の色を強く指定しても他の色も出てくる。
    • 特定の色をグラデ点滅させたい場合は、
      計算式を用いてadd,mulに加算・減算する方が良い。


■Lv1-記述例・補足・注意点

記述例
[State 3200, PalFX]
type = PalFX
trigger1 = Time
time=2
add=(Time*2),0,0
  • 該当ステート内で徐々に赤みを増やしていく。

補足
  • 色味は実際に表示させて確かめるといい。
  • Timeの基準は実行者基準?検証不足
  • SC-/Helperでの実行はHelper射出時にOwnPal=0(パレット効果共有)の場合はPalFXが無効
    • HelperではOwnPal=1(パレット効果独立)の場合のみ有効。

注意点
  • 効果時間内は、ステートが移動しても攻撃をくらっても持続。
    • 短い時間で更新し続ける方が良い。