■ParentDist Y【Helperから親までの高さ】

▼概要
Helper用情報で、射出をした親までの高さを返す。
親が本体の場合はT-/RootDist Yと同じ。
Helperから射出されたHelperからなら異なるが存在しない場合数値を返せない。
P2
基準位置から基準位置まで:T-/P2Dist XT-/P2Dist Y
キャラ幅込み:T-/P2BodyDist XT-/P2BodyDist Y
Helper用
親Parent:T-/ParentDist XT-/ParentDist Y
本体Root:T-/RootDist XT-/RootDist Y


▼情報・書式
ParentDIst Y ;Float型
  • ※半角スペースは必須
  • 重なった時点を0とし、どれだけズレているかを返す。
    • 自分が上側なら正数、親が上側なら負数を返す。


■Lv1-記述例・補足・注意点

記述例
[State a, a]
Type = xxxx
Trigger1 = !Time ;ChangeStateなどをしてきた最初のみ
Value = xxxx
  • 記述例での目的

補足
  • 座標関係については座標のページを参照。

注意点
  • Float型のため、Int型の項目にはそのまま入れないこと。
  • Parent、親が存在しない場合は数値を返せない。エラーが流れる?