Commonステート


※解説修正情報※
2015-10-08:演出用ステート移動の文言を修正。
2014-12-04:ダウン時の防御上昇について修正。!Timeのフレーム終了時点で発生。
2014-04-13:ダッシュからの屈み移行での速度について
2014-03-25:Ctrlとガードについて追記
2013-02-08:5150番の表記が間違っていたのを修正
2013-01-27:5150番、死亡ステートについて追記
2013-01-13:140番のガード持続について追記 再 再・多分確定


Common1.cnsのCommonステートについてのページです。
ステートの基本については割愛
ページ内検索では「StateNo=番号」で目的のステートを検索。

方針メモ
  • 頑張ってリストアップしてまとめたい

Commonステートの基本
  • 汎用ステート。全てのキャラで存在していないといけないステート。
  • File-/DefファイルstcommonCommon1.cnsの場合、MUGENのData内のファイルを使用する。
    • キャラ固有のCommonステートを作成する際は、Common1.cns以外のファイル名にする必要がある。
  • StCommonのステート記述としての優先度は低い
    • stファイル側にStCommonと同じステート番号が無ければStCommonのステートを使用する。
    • stファイル側で同じ番号のステートがあればその番号のStCommonのステートは読み込まない。

分類予定表



  • !Timeは「Time=0」のこと。Common内では大体Time=0表記。
  • ★Persistent=0の記述は該当する説明冒頭に★を。
    • Persistent=0の場合、そのステート内にいる最中は1度しか処理しない。
    • ステートを移動した後なら、再度一回のみ処理を行う。

基本動作

+ ■Ctrlと基本動作について

基本動作

+ ■StateNo=0【ニュートラル・立ち】
+ ■StateNo=10【屈み移行】
+ ■StateNo=11【屈み待機】
+ ■StateNo=12【立ち上がり】
+ ■StateNo=20【歩き】
+ ■StateNo=40【ジャンプ始動】
+ ■StateNo=45【空中ジャンプ始動】
+ ■StateNo=50【ジャンプ中】
+ ■StateNo=51【空中動作後】
+ ■StateNo=52【着地】

ダッシュ

番号100未満の基本動作と異なり100~119にMUGEN側による自動移行処理は無い。
使用される際は-1ステートなどにChangeStateが記述されている。
+ ■StateNo=100【ダッシュ】
+ ■StateNo=105【バックステップ】
+ ■StateNo=106【バックステップ着地】

+ ''■StateNo=110 利用されていないステート''
+ ''■StateNo=115 利用されていないステート''


ガード動作

ガードの処理・注意点については該当ページ参照。
AIのガード制御についてはAI-/ガードのページつくってまとめよう。
注意点とかは共通のため専用ページにて解説。ここではステート処理のみ
+ ■StateNo=120【ガード始動】
+ ■StateNo=130【立ちガード】
+ ■StateNo=131【屈みガード】
+ ■StateNo=132【空中ガード】
+ ■StateNo=140【ガード終了】
+ ■StateNo=150【立ちガード/HitShake硬直】
+ ■StateNo=151【立ちガード/ノックバック】
+ ■StateNo=152【屈みガード/HitShake硬直】
+ ■StateNo=153【屈みガード/ノックバック】
+ ■StateNo=154【空中ガード/HitShake硬直】
+ ■StateNo=155【空中ガード/ノックバック】


特殊動作

※170(負け)・180(勝ち)のステートはサバイバルモードでのリザルトでも使われている
+ ■勝利ポーズ・試合終了の演出用ステート移動について

+ ■StateNo=170【敗北演出】
+ ■StateNo=175【引き分け演出】
■StateNo=180【勝利演出】※Common1.cnsには記述されていない。
+ ■StateNo=190【イントロ開始】
+ ■StateNo=191【イントロ用】
+ ■StateNo=5500【コンテニュー画面】
+ ■StateNo=5900【導入】

やられ動作

T-/GetHitVar()を多用している。攻撃を受けた時点でCtrl=0に。
+ ■くらいステートの判別について+α
+ ■ダウン追撃の防御力上昇について+起き上がりについて

+ ■StateNo=5000【立ちくらい/ヒットシェイク】
+ ■StateNo=5001【立ちくらい/ヒットバック】
+ ■StateNo=5010【屈みくらい/ヒットシェイク】
+ ■StateNo=5011【屈みくらい/ヒットバック】
+ ■StateNo=5020【空中くらい/ヒットシェイク】
+ ■StateNo=5030【空中くらい/ヒットバック・ふっとび開始】
+ ■StateNo=5035【空中くらい/ふっとび経過】
+ ■StateNo=5040【空中くらい/ふっとび・戻り】
+ ■StateNo=5050【空中くらい/ふっとび・倒れまで】 Command="recovery"の記述あり
+ ■StateNo=5070【空中くらい/転ばされヒットストップ】
+ ■StateNo=5071【空中くらい/転ばされヒットバック】
+ ■StateNo=5080【倒れくらい/ヒットシェイク】
+ ■StateNo=5081【倒れくらい/ヒットバック】 Sysvar0を1に
+ ■StateNo=5100【倒れくらい/空中~着地】
+ ■StateNo=5101【倒れくらい/バウンド中】
+ ■StateNo=5110【倒れくらい/倒れ待機】 sysvar0感知

起き上がり・リカバリー動作

MUGENのcommon1.cnsファイルの冒頭の説明において、
ステート5120番、5200番、5210番ではTime=0時点で防御力を正常値へ戻すと書かれている。
防御力の補正係数について詳しくはSC-/DefenceMulを参照。
+ ■StateNo=5120【倒れ/起き上がり】
+ ■StateNo=5200【倒れ受身/開始】 地上近くの空中受身
+ ■StateNo=5201【倒れ受身/着地】
+ ■StateNo=5210【空中受身】 空中受身

死亡ステート

+ ■StateNo=5150【死亡】 ※特殊処理大量