「T-/P2BodyDist Y」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

T-/P2BodyDist Y」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 戻る→[[トリガー情報の一覧]]
 //----
 //:※解説修正情報※|
 //●&font(12,b){日付:修正部分の概要}
 //●&font(12,b){日付:修正部分の概要}
 //
 ----
 //ほかページヘのリンクはLv0のみで。(Lv1~でリンクしようとすると煩雑になりそうなので)
 *■P2BodyDist Y【相手までの高さ】
 :▼概要|
 相手までの高さを返す。
 [[T-/P2Dist Y]]と同じなのでそちらを参照。
 P2系の相手は[[リダイレクト]]のページを参照。
 :P2|
 基準位置から基準位置まで:[[T-/P2Dist X]][[T-/P2Dist Y]]
-キャラ幅込み:[[T-/P2BodyDist X]][[T-/BodyP2Dist Y]]
+キャラ幅込み:[[T-/P2BodyDist X]][[T-/P2BodyDist Y]]
 :Helper用|
 親Parent:[[T-/ParentDist X]][[T-/ParentDist Y]]
 本体Root:[[T-/RootDist X]][[T-/RootDist Y]]
 
 
 :▼情報・書式|
 &b(){P2BodyDIst Y} ;Float型
 -''※半角スペースは必須''
 -''重なった時点を0とし''、どれだけズレているかを返す。
 --''自分が上側なら正数、相手が上側なら負数''を返す。
 
 ----
 **■Lv1-記述例・補足・注意点
 :記述例|
 [State a, a]
 Type = xxxx
 Trigger1 = !Time ;ChangeStateなどをしてきた最初のみ
 Value = xxxx
 -記述例での目的
 -[[T-/P2Dist Y]]のページを参照
 
 :補足|
 -座標関係については[[座標]]のページを参照。
 
 :注意点|
 -Float型のため、Int型の項目にはそのまま入れないこと。
 -[[T-/P2Dist Y]]のページを参照
 
 :AI制作時の注意点|
 -[[T-/P2Dist Y]]のページを参照
 
 ----
 **■Lv2-細かいバグ回避
 
 :リダイレクト相手への距離を計算する。|
 -[[座標]]のページを参照。
 
 ----
 //#region(■Lv3-細かい応用)
 //**■Lv3-細かい応用 
 //他の記述と組み合わせて使用する関係。
 //#endregion
 //----
 //#region(■Lv4-バグ利用)
 //**■Lv-4-バグ応用
 //あやしい仕様を活用する関係。
 //#endregion
 //----
 //**コメント
 //細かい話し合い・確認が必要な場合に開放しましょう。
 //#comment()
 //----
 //:※解説修正情報※古い履歴|
 //●&font(12,b){日付:修正部分の概要}
 //
 ----