不買リスト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目的


不買の最大の目的は、売上が落ちたことで配給会社にプロデューサーの責任を認識してもらうことです。

余り遠い所を攻撃しても、相手が関連性を理解できません。
「なんか知らんが売り上げ落ちてる? なんでだろ?」では抗議になりません。
その上、関係ない人に迷惑だけはかかるので、効果と無関係な人への被害を天秤にかけて、
行動は無闇に無差別にやらずに、絞って効果的にやりましょう。
特に今回は、ただの商品ではなく、無関係な作家やスタッフの多くかかわる映像作品が絡んでいます。
熟考の上、行動しましょう。

特に、声優さん関係は態度が問題なだけであって、主犯ではありません。
無差別に不買しても、抗議としての意味合いは薄いです。
少なくとも、業界がらみのパワハラ問題とは別件であり、個人攻撃以上の意味は持ち得ません。
個人攻撃目的で、ただ出演しているというだけの無関係の作品を無闇に不買したところで、
意図が伝わるかは微妙なところです。
また、既に一定量売れて、今後爆発的に売れることの無いであろう過去の作品においては、
数字的に眼に見えるような効果は望めません。

まず糾弾されるべきは、プロデューサーや事務所など上の人間です。

上への糾弾→企画自体への抗議
声優の糾弾→企画での悪印象に対する声優個人への抗議
この二つは全く別の事です。手段と目的を間違わないように。

また、もともと買うつもりなどなかったのに、
予約してキャンセルする、購入して返品するなどといった行為は、
ただの嫌がらせ以上の意味を持たず、小売業に迷惑がかかるだけでなく、
最終的な売り上げの数字に何の変化ももたらしません。
最悪、威力業務妨害になります。
このような無益な行動はつつしむようにしましょう。

不買対象

  • ココロコネクトアニメ化に際した関連商品BD、DVD、CD、ゲーム。
  • 今後山中をはじめとするココロコネクトプロデューサー・企画陣が参加するアニメ作品。

BD


DVD


サウンドトラック


ドラマCD


ゲーム