呪詛の魔女

呪詛の魔女
カードタイプ:行動・攻撃(魔法)
コスト:5

あなたの手札からコスト2以上のカードを1枚選んで追放する。
そうした場合、山札のどこにも呪いカードが公開されていない全ての対戦相手は、「呪い」カードを1枚取り、山札の一番下に公開しておく。


(あなたの手札にある「呪詛の魔女」を追放する)
すべての対戦相手は「呪い」カードを1枚獲得する。

illust:ととねみぎ

考察

昔は扱いやすく最強の攻撃カードと呼ばれるほど強力であったが、エラッタにより相当の弱体化を受けた。

新生したこのカードの新たな本質は寄付に似た圧縮カードである。
目標は、見習い侍女1枚以上の追放と、対戦相手に2枚以上の呪いを撒くこと。
自分自身を追放出来るため、見習い侍女を1枚追放出来れば、寄付見習い侍女を2枚追放したのと
同様の圧縮効果を得たと見做すことが出来るのである。
そのため、購入は1~2ターン目に行うのがベストであり3~4ターン目がラストチャンスになる。
早ければ早いほど、見習い侍女とのマッチングが容易である上、圧縮のメリットも大きく、かつ相手への妨害効果も大きくなる為である。
特に1~2ターン目の購入は4枚目の生贄も同時に仕込めるので事故のリスクが低い。

しかし、このカード自体はドローなし連結なし金なしの3重苦な上に相手はリシャッフルまで呪詛の魔女の攻撃を受けないので「攻撃できない」状況も多々発生する。 こうなってしまうとこのカード自体がまさに「呪い」なので見習い侍女とのマッチングが上手く行かなかった場合は、躊躇なく手札から追放して呪いをばら撒こう。
呪いの効果は、撒くのが早ければ早いほど大きくなる事を忘れてはならない。
呪いの攻撃力は、撒いた枚数ではなく、対戦相手がドローした延べ枚数で決まるのである。

購入する際は「コストを支払えるか」「攻撃機会が何回あるか」等をよく考えておく必要がある。
機を逃したと感じた場合は連結と僅かなドロー加速をもつ見習い魔女購入の方が有益である事の方が多い。

洗礼幸運の銀貨と優秀な呪い除外カードが現れたことでかつての勢いは衰えてしまった。
逆に呪いが少ないほど呪いをまきやすい見習い魔女は相対的に強化されたと言ってよいだろう。
魔女の世界も代替わりということだろうか。
特にスタート時に洗礼が複数見てている場合は5金スタートしないほうがよい。

なお、「呪詛の魔女」が自身を追放する際は場にプレイするわけではないため、
連結先を埋めるわけではないことに注意しよう。

Q&A

Q:手札にある「呪詛の魔女」を追放する効果はいつ解決しますか?
A:あなたのメインフェイズ中です。この効果の使用はカードのプレイには含めない特殊な起動能力です。

Q:手札に他に2コスト以上のカードなしで(不発前提で)呪詛の魔女をプレイできますか?
A:不発前提でカードをプレイする事は可能です。

Q:他プレイヤーは呪詛の魔女が発動するか否か(攻撃プレイヤーの手札に2コスト以上のカードがあるか)を防衛前に知ることができますか?
A:防衛カードの使用タイミングは、より厳密には、対戦相手への効果の解決時です。その例では、不発かどうかを防衛側は知る事が出来ます。

Q:4人のプレイヤーでゲームしています。プレイヤー A が「呪詛の魔女」をプレイした時、「呪い」カードが残り2枚しかありませんでした。この場合、誰が「呪い」カードを得ますか?
A:カードの効果が複数のプレイヤーに及ぶ場合、効果は時計回りの順で解決します。A→B→C→Dの順でプレイしていた場合、プレイヤーAの「呪詛の魔女」の効果はB→C→Dの順で解決します。その過程で「呪い」カードが足りなくなった場合、以降「呪い」カードを山札に置く効果は不発になります。