ファイター

ファイター(FT)

腕力や体力が高く、様々な近距離武器を使いこなせる戦士。
常に前衛に立ち、敵の物理攻撃からみんなを守りつつ、
敵を蹴散らすことができる。

特徴

  • 得意武器は剣。

前作から変更された点

  • 挑発の性能変更

装着可能な装備種

武器 ショートソード、ロングソード、 クレイモア 、ククリ、
ハンドアックス、へヴィアックス、ランス、メイス
バックラー、レザーシールド、カイトシールド
レザーヘルム、フルヘルム
レザーアーマー、プレートメイル

キャラクター


クラスツリー

ファイター パラディン ヴァルキリー
バーサーカー
ダークロード


スキル一覧

スキル名 タイプ 必要SP 消費TP 詳細
挑発 Lv×2
最大Lv5
Lv×1 敵一人の攻撃を自分に向きやすくする。
LvUp時  効果ターン数アップ   行動後速度修正アップ
消費TPアップ
ウォークライ Lv×2
最大Lv5
3+Lv×2 味方全員の攻撃力アップ。
LvUp時  攻撃力増加率アップ  効果ターン数アップ  行動後速度修正アップ
消費TPアップ
レイジングスマッシュ Lv×1
最大Lv10
2+Lv×3 近距離武器装備時、敵一人に強力な一撃を放つ。
LvUp時  攻撃力修正アップ  命中率修正アップ  行動後速度修正アップ
消費TPアップ
ソードマスタリー パッシブ Lv×1
最大Lv10
- 剣装備時、攻撃力にボーナス。
LvUp時  攻撃力ボーナスアップ
アックスマスタリー パッシブ Lv×1
最大Lv10
- 斧装備時、攻撃力にボーナス。
LvUp時  攻撃力ボーナスアップ
ランスマスタリー パッシブ Lv×1
最大Lv10
- 槍装備時、攻撃力にボーナス。
LvUp時  攻撃力ボーナスアップ
アヴェンジャー パッシブ Lv×2
最大Lv5
- 物理ダメージを受けた時に反撃することがある。
LvUp時  反撃率アップ
ダブルアタック パッシブ Lv×2
最大Lv5
- 通常攻撃時、ときどき2回攻撃。
LvUp時  ダブルアタック発動率アップ

スキル解説


挑発
  • 敵の攻撃を引き付ける確率は100%ではないため、前作のようなターゲットの固定はできない。
    • 敵対心+70 要検証
  • Lvの上昇に伴って行動後速度修正が高くなり、状況によって連続使用も可能になるため、習得は高Lv推奨。
    • TPの回復など、ターンを早く回すためだけに使用する手もある
  • 習得者1人が複数の敵に使うことも可能。
  • DLには敵全員が対象のアトラクト、PLにはカバーがあり、そちらを多用する場合は相対的に使用頻度が落ちる。
    • BE経由のSAには互換性を持ったスキルがないため、特に重要性が高くなる。
    • アトラクトより引き付け効果は高い(体感)ので、ダークロードになる場合でも、あえて併用する価値はある。
      挑発はボスや強敵戦で使うので持続時間の延長が重要、アトラクトは雑魚戦で多用するため行動後速度の強化が重要。つまり、どちらも高めのレベルがほしくなるため競合はしてしまうが。
  • Ver1.01 における性能調整により、そこそこ高い確率で引き付けられるようになった。

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
消費TP 1 2 3 4 5
効果ターン数 3 4 5 6 7

ウォークライ
  • 移動中使用可。
  • MU系スキルのサークルブレイブと競合し、後から掛けたスキルで効果が上書きされる。
  • 物攻ダウンを打ち消す効果があるため、最低Lv1だけでもあれば活用する機会がある。
  • Lvの上昇に伴って行動後速度修正が高くなるため、積極的に使用する場合は挑発と同様に高Lv推奨。

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
消費TP 5 7 9 11 13
ATK倍率 108% 110% 112% 115% 118%
効果ターン数 4 5 6 7 8

レイジングスマッシュ
  • 行動後速度修正0.95~1.15
  • 武器属性や、ENのエンチャント○○が乗る。
  • 威力は高くないが、消費TPが低めで命中率も上がるため、通常攻撃の代わりとしても使っていける。

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10
消費TP 5 8 12 14 17 20 22 24 26 28
ATK倍率 125% 134% 143% 152% 161% 170% 178% 186% 193% 200%
命中率倍率 12% 14% 16% 18% 20% 22% 24% 26% 28% 30%

各種マスタリー
  • 武器の性能が低い序盤は効果を実感しにくい。
  • 最終的にはLv10まで上げる価値があるものの、スキルポイントも貴重なため、優先的に上げる必要はない。
    • 序盤はLv2程度に留めておき、余裕ができてから適宜ポイントを注ぎ込んでいくのが無難

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5 Lv6 Lv7 Lv8 Lv9 Lv10
ATK倍率 103% 105% 107% 109% 110% 111% 112% 113% 114% 115%

アヴェンジャー
  • 相手の近・中距離攻撃に対して、その終了後に(生きていれば)反撃する。
  • 通常攻撃相当の性能。近距離武器を装備している場合、ダークオーラの対象になる。 *1
    • 終盤になると通常攻撃ではマトモなダメージが出ず、ダークオーラによるステータス低下も馬鹿にならないレベルになってくるので、プレイスタイルによっては習得せずに進めた方がいい。
      • あるいは序盤だけ覚えておいてレベルリセット後に切る。
  • アヴェンジャーに対して更に反撃されることはない。
  • 前作では連続攻撃の途中で発動して中断させることがあったが、今作では全攻撃が終わってからでないと発動しない。

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
発動率 6% 9% 12% 15% 18%

ダブルアタック
  • 通常攻撃がメインの範囲なら有用。
    • あくまで「通常攻撃」のみが対象で、「通常攻撃相当の攻撃(アヴェンジャー等)」には発動しない。
      これはトリプルアタック等でも同じ。
    • 途中から通常攻撃ではマトモなダメージが出なくなってくるので、SPがもったいなく感じられてくる。
      アヴェンジャー同様、最初から習得しないか、後から切っても構わない。
  • 発動判定はSAのトリプルアタックと重複しないが同時発動もしない。
  • 心眼を持つ敵に対しては反撃を受ける可能性が高まってしまう。

Skill Lv Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 Lv5
発動率 9% 12% 15% 18% 21%


コメント

コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。