過去作情報


どうぶつの森

機種:NINTENDO64
発売日:2001年4月14日
価格:5800円(単品)

NINTENDO64で発売された「どうぶつの森」シリーズ第1作。
  • ほのぼの生活、たぬき商店等の基本的なシステムはこの第1作の時点で確立されている。

どうぶつの森+

機種:ゲームキューブ
発売日:2001年12月14日
価格:6800円(税別)

ゲームキューブで発売され、前作から僅か8ヶ月で発売されたシリーズ第2作。
  • グラフィックが一新されている。
  • 博物館や仕立屋などの新しい施設が追加された。
  • 64版からデータの引き継ぎができるキャンペーンがあった。

どうぶつの森e+

機種:ゲームキューブ
発売日:2003年6月27日
価格:6800円(税別)

前作に引き続きゲームキューブで発売されたシリーズ第3作。
  • 見た目は前作とほぼ変わらないものの、どうぶつの種類が増え、イベントも増えている。
  • 前作からのプレイヤーデータの引継ぎは、今作と前作のデータの入ったメモリーカードを一緒に差すだけでできる。
  • 今作のイベントや家具の見た目などは北米版のどうぶつの森をもとにしているらしい。
  • GBAの「カードeリーダー+」とケーブルでつなぐ事により、好きな住人の描かれたカードのバーコードを読みとる事で自由に引っ越してきてもらう事などができた。
  • また、今回はSDカードアダプタで写真を撮ることもできる。
  • SDカードに村ファイルをコピーし、それをメールなどでやりとりする事で遠くの人の村にもおでかけする事ができた。

おいでよ どうぶつの森

機種:ニンテンドーDS
発売日:2005年11月23日
価格:4800円(税込)

シリーズ初となる携帯機での発売となったシリーズ第4作。
今作は国内だけでも500万超の売上を記録。
  • 2画面の特性を利用して「空」の機能も追加。
    • 下画面も地面がドラム型になり、地平線がすぐそこに見えるようになった。
  • 服の他に帽子やメガネや髪型など、ファッションの幅がぐっと広がった。
  • 喫茶店や天文台などが追加。他村へは今まで汽車で移動していたのが関所になったなど、変更点が多い。
  • ローカル通信やWi-Fi通信では、シリーズで初めて複数人同時プレイができるようになった。
  • 前作からのデータの引継ぎはできない。

街へいこうよ どうぶつの森

機種:ニンテンドーWii
発売日:2008年11月20日
価格:5800円(単品)

5年ぶりの据置機でのどうぶつの森となったシリーズ第5作。
今作はタイトル通り、様々な店が立ち並ぶ「街」へ行くことが出来る。据置機では今作が最新となる。
  • DS版のデータを引き継ぐことができる。
  • 全体的にDS版の雰囲気のままである。
  • 草地のよく歩く部分がはげる「けもの道」システムの追加。

コメント

  • 更新したが、あまりにどうでもいいこと書きすぎたので今少し削った。あともし情報間違ってたらお手数ですが直して。 -- 名無しさん (2012-11-24 21:03:00)
  • はまった! -- えいと (2014-09-22 13:44:57)
  • すっげ~ -- ななは (2014-09-22 13:46:35)
名前:
コメント: