Glossary(は~わ+英数)


※編集者の方へ 容量の問題から、は行とま行だけinclude化しています。編集の際はご注意ください。

パーティオ
ケモテック製神姫、フェレット型パーティオ。語尾は「なの」。
素体は出ていないがDL武器だけが登場している。(ウィンディツインズなど)
パーティオとポモックはイベントやコナミスタイルで発売されたプロトタイプバージョンの素体はMMS 1stであり、一般販売の素体はMMS 3rdになっている。
パイルバンカー
炸薬や電磁加速装置などを使って杭を突出させ攻撃する武器。原理的には大砲と同じだが、杭は前進するだけで飛んで行かないのが特徴。
某最低野郎ロボットアニメをルーツとする架空の兵器。ドリルと並ぶ漢の浪漫とも。
判定が強く、威力もある単発攻撃のためゲーム序盤でランクが低い頃はありがたい武装。
ハウリン
ケモテック製神姫、犬型ハウリン。
マスターには従順で可愛らしいが、一方で相手には非常に攻撃的な態度を取るのでそのギャップには戸惑うかもしれない。
アーンヴァル&ストラーフがMk.2に代替わりしているので、本作ではマオチャオと並んで最も古い神姫だが、それだけに愛用するマスターも多いようである。
バズーカ
現実世界では、携帯型のロケット弾発射装置のことで、連射できない単発式であり、そもそもカテゴリ名ではなかったりする。
フィクションの世界では、発射するものがロケットだろうがミサイルだろうがビームだろうが、「とりあえず手持ちのぶっとい武器はバズーカって言っとけ」みたいな扱いである
ゲーム中ではその「長もの」の役割はランチャーに譲っており、実際の使用感はグレネードランチャーという感じで、高い威力を持つが独特のクセがあり、上手く使うにはコツがいる。
ぜるのん「分類上仕方ないかもしれないけど、1.2mm滑腔砲やハフ・グーファもバズーカにされているのは違和感を拭えないよ」
むるちー「いや、少なくともハフ・グーファ(パンツァーファウスト)はバズーカの親戚みたいな関係だからあながち間違いじゃないぞ」
裸ナイフ
アークのLOVE20イベントでの装備制限バトルの通称。
装備しているのが特定のダブルナイフのみ、レールアクションすら無し、そして 敵は通常通り という非常に厳しいハンデを課せられる。
負けてもフル装備でリベンジできるが、ナイフだけのままで倒すと称号を獲得できる。
同様の武装制限を課されるバトルはあと2つ(アークにもう一つとアルトレーネ)あり、どちらも「裸○○」と呼ばれる。
(アーティルシナリオでは武装制限どころか全武装不可というバトルがあるが、これは相手も同じ素手というバトルなので、特に問題は起こっていない)
どのイベントも無印・Mk2で「あるレールアクション」を獲得するためにはクリア必須。
この戦闘でストレスを爆発させてソフトや本体をみぎぃさせた人もいる、らしい…。
Mk2では敗北時即リトライとレールアクションの仕様変更が入っているので、難易度は前作より一応下がっている。
葉月
神姫マスターにして前回F1チャンプの竹姫葉月の事。独特な立ちポーズの為にネタにされたり。
パートナーはアーンヴァルMk.2のアルテミスだが、その名前はバトロンのあるイベントで登場したラスボスと同じである・・・まったく関係なかったが。
敵として戦う場合は非常に強いが、何故か仲間として戦う場合は極端に弱い印象がある。もちろん、ガイアさんをボコボコにしてる場合もあるが、そっちの印象は薄い。
自分と共感する部分があるという理由だけで、赤の他人である千歳の保釈金を払っちゃう辺り、かなり裕福な家庭の娘と思われる。…両者とも所持神姫の方が常識がありそうなところは確かに似ている。
バトマス2シナリオでは、主人公に協力を依頼して事件の核心へ誘導し、その上面倒な相手との戦いは全て主人公に丸投げするという見事な黒幕っぷりを披露してくれる。ガイアや四凶、千歳(inヴァルハラ)のような濃い面々の陰に隠れがちだが彼女自身も発言などを見る限り結構な変人の部類である。
バッカルコーン+E83
マリーセレスさんの専用RA。バッカルコーンは、クリオネが補食時に展開する6本の触手のことである。ネットで探してみると動画も見つかるであろうが、「流氷の天使」というネーミングにロマンを感じている人は見ないことをお勧めする。
技の発動時に、あの特徴的なリアパーツをばっと広げるところが、バッカルコーンの展開を思わせるところからのネーミングであろう。
後ろに付いている+E83については、O.P.F.からの公式発表はないものの、ファンの間では「イヤミ」の語呂合わせだという説がある。
バトコミ/バトコミュ
モバゲーの「武装神姫 BATTLE COMMUNICATION」の略称。
バトロンの終了と同時に発表された。バトロン、バトマスどちらとも違う世界観を持ち、神姫・装備の強化に他の神姫素体や武装が必要(強化素材用の素体としてNAKEDがあるが)、ベタな感じの悪の組織の存在など、ノリは他二つとは結構異なっているので注意。
一時期はやけにイベントが多く行われており、イベント限定仕様(クリスマス・正月仕様など)の神姫も登場している。現在1~5弾およびそのリペイントと、ベルン姉妹、プロキシマ&マリーセレス、ビックバイパーコンビが参戦済み。Mk.2コンビやツガル・リぺアルト姉妹もいるが、これらはキャンペーン期間限定の神姫(期間終了済み)なので注意。
あと、ガチャメインのソーシャルゲームの常として、他二つ以上にリアルマネーを吸い込む可能性が高い事には、特に注意されたし。一応課金ガチャさえ使わなければ基本無料なのでそこだけで楽しむこともできる。
余談だが、神姫の素体カラーの違うエレガンス仕様・スポーツ仕様(要は体操服とかスク水とかそういうの)等のタイプが複数用意されている。…何か力の入れどころがおかしいような気もしないでもない。
バレンタイン以降、ひな祭りと言う女の子の一大イベントにも関わらず何も起きないと思っていたら、2012年5月22日にサービスが終了することが発表(3/22更新)されてしまった。結局こっちでも出番のなさそうな神姫たちが不憫である。さらにこれによりバトマスMk.2DLCも全公開済み、フィギュアのMk.2リペイントフルアームズも発売済みなため神姫関連は公式による新しい情報も話題も無く、先が見えない状態になってしまっている。
武装神姫の実際の市場規模や損得勘定はユーザーの立場からでは知る由もないが、ファンとしては今回のアニメ化が最後の打ち上げ花火にならないことを祈るばかりである・・。
バトマス
PSPゲーム武装神姫バトルマスターズ(本作および前作も含む)の略称。
バトロンで培った驚異の声優陣もあり、全神姫が登場するバトマス完全版を望まれていたりもする。
UMDの容量では無理だと思われるため、ヴィータかPS3になるはずである。
とはいっても、バトマスMk.2の全DLC神姫を入れても全神姫の半分くらいしか登場していないにも関わらず、16GBのメモリースティックが要求されるほどのボリュームとなっていることを考えると、完全版が実現したら一体どれくらいのものになることやら…。
ちなみに現時点でバトマスに登場していない、武装のみ登場の神姫は以下の通りである。(一部武装・武器が登場しているものを含む)簡略化のためリペイント版とリニューアル版は除くが、書籍とバトロンのみ登場のものは含む。
フィギュア発売済み/発売予定の神姫
天使型アーンヴァル、悪魔型ストラーフ、兎型ヴァッフェバニー、騎士型サイフォス、侍型紅緒、砲台型フォートブラッグ、イルカ型ヴァッフェドルフィン、寅型ティグリース、丑型ウィトゥルース、建機型グラップラップ、蝶型シュメッターリング、カブト型ランサメント、クワガタ型エスパディア、天使コマンド型ウェルクストラ、悪魔夢魔型ヴァローナ、ナース型ブライトフェザー、シスター型ハーモニーグレイス、サソリ型グラフィオス、コウモリ型ウェスペリオー、忍者型ミズキ、フェレット型パーティオ、リス型ポモック、和風箸型こひる、スプーン型メリエンダ、忍者型フブキ弐型、忍者型ミズキ弐型、剣型フランベルジュ、斧型コルセスカ、鴉型アラストール、白鳥型キュクノス、MMS NAKED
バトロンに登場した神姫:イベントに登場しボスキャラを務めた。共に正確にはMMSだが神姫とは少々異なる存在
全能なる者“root”、アルテミス(バトマスに同名のアーンヴァルがいるが別物)
書籍(デジコミ/武装神姫マスターズブック)に登場した神姫:大半は「武装神姫 Forget-me-not」に登場
狐型レラカムイ、人馬型クーフラン、犀型ディアドラ、羊型ベルスーズ、バッカルー型レイディ3、ハツカネズミ型マイキー・イースタン、舞妓型小桜、電気型リカ
バトロン
PCオンラインゲーム武装神姫バトルロンドの略称。2009年7月開始、2011年10月末に惜しまれつつ全サービス終了。
神姫ライドシステムは無く、事前の指示を基に神姫自身が考えて行動する。そのためか、神姫所持者はオーナーと呼称されることが多い。
マスターと一体化しバトルフィールドを縦横無尽に走り飛ぶバトマスと比べ、バトロンは最初にオーナーの指示を受けてからそれを基に神姫の判断で1対1で最大10ターンの攻防を順番に繰り返すというもので、ずいぶんと趣の異なるものであった。(そのため、互いの武器の射程次第では時間いっぱい追いかけっこで終わったりもした)
そのせいか、同じ神姫でもバトマスとは微妙に性格・態度の違いがあったりする。(基本的なところは同じであることが多いが)
神姫周りの基本的な設定は共通するが、神姫の意識をネットに送り込む技術の存在、MMS管理機構という組織、サーバー上での神姫バトルや軍事衛星をハッキングして乗っ取った神姫がいたりとバトマスとは同一世界ではないようだ。
ちなみに上述の 全能なる者“root”とアルテミスはゲームでのイベントボスで、rootは神姫の武装パーツのみを寄せ集めた姿をした軍事用MMSのプロトタイプ。アルテミスは試作型の神姫の意識のみがネットワーク上に残ったもので、「軍事衛星をハッキングした(うえに街一つをサイバーテロでダウンさせた)」のは彼女。共にネットワーク上の存在として登場。
花子
花型ジルダリアの俗称の一つ。
パパン
各神姫達をデザインを行ったデザイナーたちの総称。浸透度も高いが、あくまでネットスラング。
相手が神姫オーナーだからといって通用するのが当たり前と思わないこと。ちなみにママンも居る。
バルキリースカート
アルトアイネスの鎧、ノインテーターの(スカート部分の)通称。元ネタは漫画(アニメ化もされた)「武装錬金」に登場するヒロインの武器から。
専用RA「シザーズ・ガリアス・ドミニオール」で見せるスカート部が展開しクローが飛び出す挙動が似ているのと、アイネスが戦乙女(バルキリー)型であるという符合も相まって、すっかり定着した感がある。
バトロン時代はアルトレーネのニーベルングも同じくバルキリースカートと呼ばれていたのだが、バトマスではレーネにスカート攻撃がなくなったので、アイネスの専売特許と化している。
余談ながら、元ネタの方の中の人も武装神姫に砲台型フォートブラッグ役で出演しているのだが、本作には残念ながら未登場である。
アイネスにも「はらわたをぶちまけろっ!」と叫んで欲しかった。まあ神姫がぶちまける事ができるのは…。
バレットカーニバル
ゼルノグラード固有レールアクション。前作での使い勝手の悪さを必要武装的な意味では改善した。でもモーションの関係上今作でも結局は…いたいッ
ハンデ戦
一人で2,3人を相手にする戦闘のこと。死角からの攻撃や立っている暇もないほどの連続攻撃など、多くのマスターが苦しめられた。
木を見て森を見よの精神を忘れずに、ビットで動きを止めたり速攻で頭数を減らすことが出来れば勝機はある。
特に前作からあるハンデ戦の大半はメールでアレな集団に誘い出されて数に任せてフルボッコにされるという展開なため、本作のみぎぃの原因、本作に対する愚痴の代表例である。
ひとまず放置して武装ランクを上げてからお礼参りに行くのが通例である。
パンドア
武装神姫世界における神姫製造メーカーのひとつ。ガブリーヌと蓮華のメーカー。
2人のシナリオを見る限り、神姫のAIに自分のことを神様とか地獄から来たとか、さらに人間と同じ食べ物を欲しがらせたり、と妙な初期設定を入れる傾向があるようだ。
ハンドガン
拳銃、ピストルとも。片手で撃てる銃、というのが一般的な認識だが、米国などの法律では撃つ時に肩に付ける銃床という部分がない銃とされている。ちなみに日本ではハンドガンを所有できるのは50人まで、と定められている。また、所有する銃も競技以外の非使用時は警察署に保管され、自宅に持ち帰ったりはできない。
轢き逃げアタック
装備しているパーツを分解して支援機体に変形し、体当たりを行うRAの総称。中でも特に、「地上を高速走行する」RAがこう呼ばれることが多い。
現状のバトマスでは、バイク型およびトライク型の独壇場といえる。
ぴぎゅうっ
クリア前ヴァルハラの伊庭寛二初戦にて、プレイヤーが負けた場合に見られるイベントのセリフ。
どうなるかは「みぎぃ」を参照。
ビックバイパー
コナミの名作シューティング「グラディウス」シリーズに登場する宇宙戦闘機。
英語の綴りはVicViperなのでビッ「ク」バイパーである。(ちなみにVicはV字編隊のことで、オプションを引き連れて飛ぶ姿を編隊に見立てている)
登場作品によって細かい形状はリファインされているが、先端が2つに分かれた形状と、白と青のカラーリングは共通である。
コナミそのもののイメージキャラクター的な存在でもあり、数多くのコナミゲームに登場している。バトマスにおいても、前作の頃から主人公の部屋に模型が飾られており、さらに本作ではDLCでビックバイパー型神姫まで登場している。
ビット
某宇宙世紀ロボットアニメをルーツとする架空の兵器。
遠隔操作の「飛ぶ銃」を使って攻撃する。便利な反面、制約もある。
神姫的にはケモテック勢のプチマスィーンズ、アーンヴァルMk.2のリリアーヌ&ココレットなどが該当する。射出前後に多大な隙が生じるものの、一度出してしまえば後はビットが勝手に相手のところまで飛んでいって射撃をしてくれる便利兵器である。
マスターにニュータイプだとか特殊な空間把握能力だとかが無くても問題なく使えるが、漫画ではプチマスィーンズには自律式のAIが積んであるような描写があったり、神姫には分離変形した武装で構成される独立稼働するサポートユニットというものが結構あったりするので神姫自身そういう制御は得意なのかもしれない。
ゲーム中ではこれを撃っているだけでNPCを倒してしまえるほど強力だが、ライバルに使われると非常に面倒な武装。相手を拘束するのに有用。
ひらいたりとじたり
股クールの別称。
貧乳
軽量省スペースをステータスと主張する胸部武装のこと。
バトマスには未登場だがホボペタンAA(ポモックのアーマー)とかホボフラットAA(パーティオのアーマー)なんていう奥ゆかしい名前の胸部装甲もある。
これら肌の見えるものとは別に、いかにもな装甲板な胸部パーツもある。
「貧乳はステータスだ!希少価値だ!」というセリフが有名。本作ではハウリンが似た台詞を言うが、彼女は貧乳よりも幼児体型と言う方が正しい気も
フォートブラッグ
アームズインポケット製神姫、砲台型フォートブラッグ。
素体は未登場だが武装(アサルトライフルやバックパックなど)だけは登場。
製品では素体が付属しないEXウェポンセットであるため、同梱品だけで組むと通称「オーストリッチ」と呼ばれるクリーチャーが完成する。やめてあげてよ
最近リペイントが発売された。
やはりアメリカのノースカロライナ州フォートブラッグから取った名前なのだろうか(デルタフォースの基地がある)。
武装神姫
1:2006年から始まったコナミの可動フィギュアシリーズ。島田フミカネをはじめとするデザイナーや漫画家を起用して有名になった。
しかし2011年にバトロンが終了し、それに続いて発表されたバトコミが2012年にサービスの終了が発表され、アーンヴァルMk.2テンペスタ フルアームズパッケージとストラーフMk.2ラヴィーナ フルアームズパッケージ以降の新作の発表がない時点でエストリル、ジルリバーズ、フランベルジュ、コルセスカが本当に発売するのか危ぶまれる状況に陥っている。
コナスタがツイッターでエストリルとジルリバーズは 現在発売の予定はない と公表してしまった。フランベルジュ、コルセスカも同様と思われる。
このまま終了への道を・・・と思いきや、2012年にTBS系でTVアニメ化が発表され、2012年10月に放送した。今後の展開がますます混迷を極めていたが、そのアニメも放送が終わり、公式ページも縮小(ツイッターのアカウントも削除された)され、2013年6月に発売したBlu-ray&DVD第7巻で有終の美を飾った。今後、武装神姫の復活はもうないと思われる。
2:神姫という製品のうち娯楽としての戦闘ゲームを行うことを想定して設計されたモデルの総称。
しかしオーナー次第なので必ず神姫バトルに使用されるとは限らない。
武装神姫 Moon Angel
「武装神姫 BATTLE MASTERS Mk.2」のゲーム用に配信されているアニメ。作中劇といった位置付けと思われる。
コナスタでブルーレイディスク&DVDが発売中。もちろん、コナスタではアーンヴァルMk.2とストラーフMk.2のリペイントフルアームズとのセットのコナスタ限定商品もあったりする。いろいろ組み合わせているので無駄に高額。
本作に登場する神姫であるアーンヴァルMk.2のかぐや(01)とストラーフMk.2の02は、神姫を模した自立戦闘用オートマトンであり神姫ではない。
本作のオリジナルとしてかぐやと02のCSCを制御ユニットとした自立式汎用人型兵器アテナ(人間と同サイズ)が出てくる。
武装紳士
武装神姫のオーナーの総称でありスレ住人はその一部に過ぎない。
武装神姫のもじりから。公式SS中のオーナー名で使われていたため定着し、そちらが発祥元という説もある。
女性の場合は武装淑女と指す事もある。
浸透度が高いとはいえあくまでネットスラングであり、神姫スレを知っているかバトロンのオーナー以外の人間は知っているとは限らないため
知っていて当たり前と思ってはいけない。
フブキ
グループケーツー製神姫、忍者型フブキ。
もともとはバトロンオリジナルの初期神姫だったが、何度かフィギュア化もされた。デザイナーはコナミの中の人らしく公表されていない。パッケージイラストの人は名前は出ているが、デザイナーとは書かれていない。
ジャンクショップに売っても不死鳥の如く帰り道に現れる現代版呪いの人形。それを売るなんてとんでもない。
フブキ弐型
グループケーツー製神姫、忍者型フブキ弐型。
デザインは島田フミカネであり、アーンヴァル/ストラーフMk.2のようなフミカネ的意匠が随所に見られ(特に腕部は共通のデザインである。)、フブキとは印象が大きく異なっている。
バトマスには素体は登場していないが、その武装セットがDLC第13号で登場する。そのため、「フブキ弐型装備のフブキさん」が再現可能。
フブッホ
忍者型フブキの俗称の一つ。元ネタは漫画「武装神姫2036」から。
ふぶにー
フブキ弐型のこと。
フミカネ神姫
神姫デザイナー島田フミカネがデザインした神姫を指す。
アーンヴァル(Mk.2)、ストラーフ(Mk.2)、飛鳥、ムルメルティア、ジールベルン、オールベルンなど最多。
フラッシングブレード
エストリル専用レールアクション。バイクで走りつつ、刃物を地面にこすり付ける行動は一昔前の海外映画の悪役と同じ行動である…。
まぁ、バイク使い神姫で唯一、轢き逃げアタックではないというのは、まだ良心的とも取れるが、単に「体当たりなんかして、万一バイクが壊れたら、スピード出せなくなるっしょ」ということかもしれない。
プラントプラネット
武装神姫世界における神姫製造メーカーの一つ。ジュビジー&ジルダリアのメーカーである。
プロキシマ
O.P.F製神姫、ケンタウロス型プロキシマ。DL神姫。
今まで居なかったタイプのヅカ系クールビューティーで、凛とした佇まいである。
名前はケンタウルス座に存在する太陽系に最も近い恒星「プロキシマ・ケンタウリ」に由来し、ラテン語で「最も近い」という意味である。また、武装の名称はケンタウルス座を構成する星々の名称などから取られている。
イベントでニトロヂェリー(Nitro+と描かれたアークのヂェリカンのこと。ちなみに酒類のような効果を持つ嗜好品が入っているらしい)を呑んでいる場面があるが、これはデザイナーがニトロプラスの社員であることに対するスタッフのお遊び。
プロメテウス事件
本作で追加されたメインシナリオで扱われた事件の一般的な呼び名。事件の詳細についてはプレイしていただきたい。
フロントライン
武装神姫世界における神姫製造メーカーのひとつ。シンボルマークはFとLを組み合わせたものを図案化している。
主な神姫はアーンヴァル・ストラーフ系列とそのヴァリエーション、のみならずムルメルティアや飛鳥のような局地戦用神姫も開発している。
神姫の種類が最も多いため、武装神姫世界においては最大手メーカーと思われる。
フブキ弐型、ミズキ弐型はフミカネデザインだがグループケーツー製になっている(ただし、弐型の開発にはフロントラインが協力している、という設定あり)ため、それ以外のフミカネ神姫はほぼここ。
実はここが出した神姫は全てリペイント版が存在している。
ブンドド
一種の業界用語で、フィギュアやプラモデル同士でバトルごっこをして遊ぶことを指す。語源は遊ぶときに思わず口に出してしまう擬音「ブーンドドド」からとされている。
子供の頃であれば、誰しも一度はやってみたことがあるであろう。
武装紳士達の中にも、入手した神姫でブンドドするのを楽しみにしているのが少なからずいる。
それ自体は趣味の範疇であるが、いい歳をしたオトナが神姫を手に「ブーンドドド」とやっているところを理解のない人に見られると、社会的に問題が発生するので、遊ぶときは周囲によく気をつけていただきたい。
ベイビーラズ
アヴァンフィジーク製神姫、エレキギター型ベイビーラズ。DL神姫。語尾は「じゃん」。ゲーム中では何というか、マスター運に恵まれていない。
ヘビーガン神
武装収集により得られる称号の一つ。取得により専用RAを入手できる。
このRAは対人戦ではすぐに見切られてしまうが、NPC相手なら大活躍。ランチャーさえ装備していれば武装ランク、LOVE、神姫の種類に関係なく使えるという汎用性の高さも魅力。意識して早めに取得すれば、やり込みや育成をする際の大きな力になるだろう。
…DLCランチャー「被虐の女神」を所持していたり、専用RAでの使用武器とか考えると、ガイアはこの称号を持っているのかもしれないという気がしてくる。
ヘリッシュクレイドル
ジルリバーズの専用レールアクション。ただ単純に突撃して跳ね飛ばすアーク、イーダの専用レールアクションとは違い、ヒットするとそのまま相手の上でジャックナイフ状態で一回転した後、跳ね飛ばすという非常にえげつない技であり、ジルリバーズのヒールさ、ダーティさを垣間見れる技。バイク系レールアクションの中では唯一の多段ヒットするレールアクションでもある。
ベルン姉妹
剣士型MMSのオールベルン3種類、ジールベルン3種類を総称した名前。ただし、公式の呼称ではないので注意されたし。
全て宝石の名前を冠しており、オールベルンはパール、ガーネット、ルナーリア、ジールベルンはオブディシアン、サファイア、アメジストがいる。ただし、パールとオブディシアンはそれぞれのシリーズの最初の機体であるため、宝石名ではなく単に「オールベルン」「ジールベルン」と呼ばれることが多い。
このネーミングから、「宝石姉妹」とか「宝石戦隊」とか呼ばれることも。
砲子
砲台型フォートブラッグの俗称の一つ。
咆哮
ガイアがランチャーを使って放つ固有RAその1。実質NPC戦専用といっていい。
対人戦で使うと、ACで至近即発できればまだしも、後退してから発射するためジャストガードの的、もしくはジャンプなどで回避される事にしかならない。
ポモック
ケモテック製神姫、 タヌキ型 リス型ポモック。語尾は「ぽも」。
素体は未登場だがDL武器だけは登場している(まんが肉)。ちなみに前述のタヌキ型というのは持っているアイテムがまんが肉なのとどことなくタヌキっぽく見えることによるが、もちろんこのネタを不快に思う人もいるのと、ちょっとしたゴタゴタが過去に起こったので注意が必要。BLADE氏によればまんが肉を持たせたのは無意識だとか。


マーヴァインダストリーズ
武装神姫世界における神姫製造メーカーのひとつ。ヴェルヴィエッタとリルビエートのメーカー。シンボルマークは「M」と「V」を組み合わせて図案化したもの。
開発した神姫は二種類とも妹系・・・なのだが、「俺の妹がこんなに~」だったり、ヤンデレ(ただしヤンの意味は病みではない)だったりと、三回転半ほど斜め上の方向に投げてる感が否めない。
マオチャオ
ケモテック製神姫、猫型MMSマオチャオ。
戦闘前会話から、多くの神姫にとって「お馬鹿で可愛いアホの子」というのが共通認識のようで「そこが魅力」と言い切る神姫もいる。
立ち絵こそ漫画(2036)準拠でちんちくりんだが、戦闘中のモデルの通り本来1st素体神姫なので実は結構グラマー。
間垣神姫
神姫デザイナー間垣リョウタがデザインした神姫を指す。エウクランテやイーアネイラなど。
胸はもとより、複数の武装を組み合わせ完成するサポートメカも特徴の一つ。
間垣リョウタ
神姫デザイナーのひとり。メカデザインもかなりのものだが、何よりも大きな特徴は女性キャラの胸だったり胸だったり胸だったりする。大きな特徴だけに。キャラクターデザインとしての代表作は塔ノ沢魔術研究会。
間垣氏は非公式の神姫のデザインをやっていた時期があり、スペイオー、リムノレイア、TYPE Camelのデザインをブログで公開している他、グラフィオスとウェスペリオーの武装合体メカ「ゼオ」をモチーフにしたパロディキャラ「ぜお虫」も公開している。
マジックマーケット
武装神姫世界における神姫製造メーカーのひとつ。主な神姫はエウクランテ、イーアネイラなど。シンボルマークは、社名の頭文字である「M」を2つ重ねた形を図案化したもの。
特徴としては神姫デザイナーの趣味の賜物でもある別格に豊かな胸と、社名通りのセイレーン、マーメイドなど神話の幻獣をモチーフにした神姫。
マスター
1:神姫の所有者。プレイヤーを含む大抵の神姫所有者が神姫からこう呼ばれる。神姫が所有者をどう呼ぶかは所有者の好きに決められる事になっているので中には殿とかブタとかマニアックな呼ばれ方をする人も。ただ、マオチャオのイベントでは、神姫が好き勝手に呼んでいると思われるフシもある。
神姫の各シナリオでの描写からすると、マスターが神姫の所有権を手放すことは(神姫側の感情はともかくとして)自由だが、神姫が勝手にマスターを変えることは禁止されているようだ。ただし、違法となるが抜け道はあるらしい。
また、基本的によほどとんでもないことをしない限りは、神姫はマスターに多少なりとも好意を持つようになっているようだ。
2:称号のひとつ。前作では同一カテゴリーの武装や防具を全て集めるとカテゴリーごとに獲得できた。今作でも多少表現が変わったが基本的に獲得の条件は同じ。類似称号としてマニア、神がある。入手できる確率の低い武装もあるので、獲得はけっこう大変。
股クール
神姫の股を開いたり閉じたりして気持ちを落ち着かせる高等精神安定方法のこと。
決して卑猥な意味ではない。やりすぎて神姫の股関節を痛めないように。
マリーさん/マリー
マリーセレスの俗称の一つ。ついさん付けしてしまうのはあまりに無邪気で逆に腹のうちが透けて見えるような素敵な笑顔の成せる業。
マリーセレス
O.P.F製神姫、テンタクルス型マリーセレス。DL神姫。名前の由来は、有名なメアリー・セレスト号(クラーケンに襲われたという説があった)からというのが定説。相方がケンタウロス型であるが彼女はクラーケン型でないので注意。
愛好家の間ではクトゥルーのような旧支配者に祭り上げられたりしているとかいないとか(“触手型”という名状しがたい設定、どこか混沌とした言動、デザイナーの仕事つながり等々。武装にも「ダゴン」「ハイドラ」という名詞が)
3rdsmall素体の隠れ巨乳で、下腹部のデザインが実に性的で…待て、あの手は何だ。…ああ、窓に!窓に!!
(この「…ああ、窓に!窓に!!」は、H.P.ラヴクラフト作のコズミックホラー小説「ダゴン」が元ネタ。作中でも非常に印象的なフレーズであり、以後連綿と続くクトゥルー神話体系作品を象徴するかのような名文である。)
リペイントverである「レムリア」はピンク系のカラーに変更され、アームや武器に薔薇エンブレムもあることからモチーフとなった海洋生物よりはむしろ花を連想させる容姿となっている。またレムリアでは新装備として大型ガンブレード「メイルストロームソード」が追加されており、クロスレンジでの攻撃力が大幅に上昇している。…花のイメージではあるが、巨大な剣を掲げ、様々な火器をそのスカート内に隠し持った姿は気高く可憐な薔薇・・というよりは獲物を狙う危険な妖花。まぁ性格的にも可憐って柄じゃないようn(…鈍い音の後、沈黙が訪れた。僅かな鉄の臭いと微かな水音がする)
○○子
白子、犬子などの特に初期の神姫に多い愛称の形。もともと正式名称が長いことからアーンヴァル、ストラーフを白子、黒子と呼んだことから始まった。
基本的に神姫の特徴を漢字で表し、猫子、寅子のように表すが、アーク、イーダあたりからこのパターンを使わない愛称の神姫も増えてきている。
みぎぃ
ヴァルハラにおける神姫マスター伊庭寛二が、13号に行った行為を表現した台詞。前作バトマスでの最大のトラウマイベントという声も高い。
具体的にどうなっているのかは謎だが、現場を目撃した神姫の証言によると真っ二つになってるという話も。
文字にしたときの語感が何となく笑いを誘うためネタに使われやすいが、行為そのものは非道である。
「みぎぃ」は右側にねじっていると思われ、左側なら「ひだりぃ」であろうというネタもある。
マリーセレスは14号との対決時に 「またあれが見られるのかと思うと」 ととんでもない発言をしている。
みこーき
飛鳥の俗称の一つ。単純に巫女+飛行機である。本名より長い愛称であるが、語感からかそれなりに使われる。
ミズキ
グループケーツー製神姫、フブキのブランチモデル、忍者型ミズキ。もとはバトロンの一イベントのボスキャラ。
その後いろいろあってプレイヤーキャラクターとして実装され、さらにフィギュア化もされた。素体・装備とも未登場だがDLCで武器(投擲など)だけ登場。
ミズキ弐型
ミズキの強化型。その武装はフブキ弐型とは完全に別物となっており、また、型式番号も全く異なる(フブキ:GK06N1→ミズキ:GK06N1Xに対して、フブキ弐型:GK07NJ2、ミズキ弐型:GK08NJ2)ことからも、ブランチモデルとしてではなく完全なオリジナルモデルとして一新されていることが読み取れる。
設定上は、フブキ&ミズキから地上戦用に進化(特化)したフブキ弐型に対し、空中戦用に進化したのがミズキ弐型という位置付けである。
バトマスには素体は登場していないが、その武装セットがDLC第15号で登場する。
ミミック
後半ストーリーでMAPにてエンカウントする、神姫を模した存在。
機械的な見た目通りまともな会話をする能力もないが、一部ではシナリオ追加希望もあったりなかったり。
鳴き声は「ううぅぅぅぅきゃあぁぁぁぁぁっ!!」 ちなみに声を担当しているのはハウリンの中の人である。
また、武装のランクや勝利時のスコアに関係なく、貰えるsptは300sptとなっている。
厳密には神姫ではない為、貰えるだけマシであろう。
むっちんぷりん
女性を象徴する部位の表現を形容した呼称を題名にしている雑誌…らしい。甚平や主人公にとっては大切な物だが常に神姫たちに発見される危機にさらされている。ただ彼女らはそれが何なのかまではよくわかっていないようでもある…まぁそれ故にある神姫のシナリオのようにとんでもないことをしでかしたりすることもあるので余計恐ろしいのだが。
ちなみに、胸で有名な某神姫メーカーMM社とは何の関係もない…はずである。
余談ながら、神姫は現在のサイズが1/1つまり原寸大であるという縛りがあるためか、そもそもフィギュアが発祥という経緯のためなのか薄い本がなかなかない。残念で(鈍い音がした)
…まぁ、薄い方はともかく、せっかくコンシューマー向けのゲームになった訳だし、アンソロ位はもっと出てきてもいいんじゃないでしょうか。
ムルチー/むる子/むるちぃ
戦車型ムルメルティアの俗称の一つ。
ムルメルティア
フロントライン製神姫、戦車型ムルメルティア。前作では武装のみ登場していたが、今作ではDL神姫として参戦。今作からの追加神姫としては先陣を切って第2号で実装された。
神姫よりでかいサイズのパイルバンカーと主砲を所持し、火力こそパワーと言わんばかりの脳筋攻撃偏重思想を掲げて憚らない、他のバトル脳神姫とは一線を画す困ったちゃん。
デザインの元ネタはナチスドイツ兵士およびティーガーI型戦車。なお、帽子のマークはフィギュアでは変形した十字マーク(形状は社のロゴに似ているが別物)であったが、モチーフなどの問題からかバトロンでは単なる×印に変更されていた。バトマスではフロントライン社のロゴマークにされている。



柳瀬敬之
神姫デザイナーの一人。ゼルノグラードやフォートブラッグなどのアームズインポケット製神姫や武装のデザインをしている。
あくまで本業はメカニックデザインなためか、キャラクターデザインは苦手な模様…。そのためか、武装のみデザインすることも多い。
アルトレーネ/アイネス/エストリル/ジルリバーズの武装デザイナーもこの人。
フリーになる前はフロム・ソフトウェアでデザイナーをしていた。
携わった作品としてはアニメでは「交響詩篇エウレカセブン」「機動戦士ガンダム MS IGLOO」「機動戦士ガンダム00」「STAR DRIVER 輝きのタクト」「デッドマン・アンダーランド」、ゲームでは「アーマード・コア2」「スーパーロボット大戦(J・W・OG)」、「A.C.E3」「メタルギアソリッド4」「ダライアスバースト」等等。
ヤンデレ
リルビエートのことを指す。ただし、「ヤン」の意味合いが一般的なヤンデレとは異なることに注意。どうしてこうなった・・・。
やんばる
アーンヴァルのイベントから派生した俗称の一つで、ヤンデレからきている。
ネタ会話では本格的にヤンデレ化しているが…
「クルナァァァァァァァァァ!」
……とかネタにしてたら、「武装神姫Moon Angel」で本当に黒化した。どういうことだってばよ?




ライトアーマー
素体と必要最低限の武装セットとして発売されたシリーズ。4弾8種類が存在し、フルセットとは異なる簡易スタンドが付属していた。ちなみに第~弾のカウントは、ライトアーマー第~弾と最初からカウントし直していた。バトロンでは全員登場しており、声優も設定されているが、バトマスには未登場。現在、ライトアーマーシリーズはフルセットと統合され、シリーズとしては消滅しているが、事実上ガブ&蓮華、ラプ&アティ、ベルン姉妹あたりはこれの系譜であるといえる(実際これらは付属スタンドがライトアーマーと同じものである)。
装備が最小限であり、フル装備でも素体と大きくシルエットが変わらないことが多い。
バトマスでは一応他の神姫と同じぐらい装備箇所がある娘もいるが、そもそも武器の大半がDLCなどで出てきてしまっている。
ちなみに、フブキ(&ミズキ)も実質的にはライトアーマー枠といえるが、販売形態が異なるので正式にはライトアーマー扱いはされない。
ライドオン
①今作および前作の設定の一つ。バーチャルシステムを利用して神姫とマスターがリンクする事。
基本的には持ち運ぶには向かない程度に大掛かりな装置を必要とするもので、ゴーグルのついたヘッドギアのような装置を介して神姫と感覚をリンクさせているらしい。
本作で、ライドオンしなくても神姫だけでバトル自体は出来たり、マスターのみならず神姫の精神状態によっても同調率が低下したりすることが明かされている。この手の設定にありがちな「過剰な同調によるマスターへのダメージの伝達」などはないようだが…改造次第では(精神にとはいえ)できたりするようである。
②前作の主題歌。正しいタイトルは英語で「RIDE ON」。葉月とのF1決勝戦のBGMとして知られており、本作でも戦闘時のBGMとして選択できる。なお本作での出番はストーリーのクライマックスの1シーンのみ。ちなみにitunesでも購入できるらしい。
ライドオンギア
ゲームセンターのような大型筐体がなくとも、擬似的に神姫バトルを行える空間を作り出す端末。略称はROG。
次世代の筐体として開発中のものであり、現在はプロトタイプが少数生産されているのみである。
籠手のような形状をしており、左腕に装着して使用する。
「俺のターン!ドロー!!」  …まぁどちらもKONAMIなので、特に問題はない。
ぶっちゃけ路上でライドオンして危険はないのか気になる。(DLCアニメではディスクを投げてバトル空間を展開していたが、内部からの砲撃が外部に飛び出ていた為、思ったより危険かもしれない。)
周りからはどう見えているのか・・・気にしていたら負けである。
ライトセイバー
某米SF映画に端を発する、あまりにも有名なレーザーの刀身をもつ剣。以後日本のアニメにやたらとコピーされている。
神姫においてはフロントライン製の剣、特にアーンヴァル関係の武器にこのタイプの剣が多い。
なお、アルト姉妹の使う剣の刀身はレーザーではなく強化クリスタルであるので誤解なきよう。
もちろんフィクション上の存在。
ライドマックス
ライドレシオが100%に達した状態。神姫は赤い(正確には赤紫色)オーラを纏い、SPの消費軽減・回復量上昇となる。また、本作から導入されたEXRAはこの状態でないと発動できない。
言ってみれば「みなぎってきたぁ!!」状態のこと。(一部神姫は本当に言う。)
ライフル
リアルでは銃身長が16インチ以上で肩に固定して撃つ銃(ショットガンを除く)。
元々の古い定義は、内側に弾丸を回転させるための施条という溝が彫られている(ライフリングされている)銃身のことで、現代の銃はショットガン等一部を除き皆ライフル銃身なのだが、単にライフルといえば一般的には小銃のことを指す(ライフリング技術の登場以前の主力小銃であったマスケット銃と、それに施条を施したライフルドマスケット銃が混在していた過渡期にそれぞれを区別するための呼び方だったが、マスケット銃が廃れて後も同様の用途に用いられる銃を便宜上ライフルと呼び続けた結果、小銃=ライフルとなった、という経緯だと思われる)。
フィクションというか一般認識としては「手で持って撃つ長い銃」のことで、発射されるのが弾だろうとビームだろうとレーザーだろうと大体何でもライフルと呼んでいる。
バトマスではだいたいその認識に沿ってのカテゴリとなっている様子。
ただしリアルでは、どんな銃をライフルと呼ぶかは、日本をはじめ各国の 法律で明確に定義 されている。大抵、肩に固定して撃つ銃という条件があり、フィクションのただ長いだけの銃は実際にはほとんどハンドガンである。
ちなみに、ライフル の方は、現在はほぼ使われず、滑腔砲にその座を譲っている。
ラヴィ
悪魔型ストラーフMk.2ラヴィーナの略称。(゚∀゚)ラヴィ!! ちなみにラヴィ-ナは露語で雪崩のことだとか。
ラズ
ベイビーラズの略称。
らぷちー
鷲型ラプティアスの俗称の一つ。
ラプティアス
アキュートダイナミックス製神姫、鷲型ラプティアス。DL神姫。
イーダ、紗羅檀とお嬢様系の神姫は他にもいるが彼女らとは違い相手を不快にさせるような言動がないお姉さま。
妹分のアーティルより胸が小さいことが良くネタにされるが、あれはあーちるがロリ巨乳なだけで、彼女も十分魅力的な美乳の持ち主である。(そういう意味ではイー姉と比較されるエウエウと似た立場か)
鷲型なのに純正武装に空中ダッシュがない…
ランチャー
基本的に発射装置を意味しミサイルやロケットの発射台である。神姫の使うランチャーはレーザーなども発射している。神姫では旧アーンヴァルのLC3レーザーライフル(通称「白子砲」)や、アークのシルバーストーンあたり。
乱舞系RA
連続して殴りつけたり斬りつけたりするRAの総称。
ちなみに格闘ゲームで連続して殴りつける技のことを乱舞技と呼ぶのは、「龍虎の拳」の必殺技「龍虎乱舞」が元ネタ。
本作ではマオチャオのスーパーねこ乱舞がそのものずばりのネーミング。他にもハウリンのドックサーカス、ラプティアスのスーパーダブルナックルあたりが乱舞系か。
リアルコナスタ
東京・六本木にあるコナミスタイル直販店のこと。
リフタングル=ビショット
前作からあるDL装備で、ビット兼用のリアパーツ。デザインは柳瀬敬之氏。
武器として使うと背部の4つのビットが相手に向かって飛んでいき、直撃すると爆発を起こす。 つまりミサイル。
バトロンのスキルではビットらしい動きをしていたのに残念である。
リペイント
既に発売されている神姫のいわゆる色変え版の事。大抵は元の神姫が発売されてしばらくしてから発売される。
元々は電撃などの誌上通販限定などだったが最近ではコナミスタイルでも取り扱う事が多い。時間が経つにつれて追加表情パーツ、追加髪型、追加胸、追加武装と増えていき、最近ではむしろ仕様変更版のような状態になっていることが多い。(実際、初期は○○リペイント、という名称だったのが、飛鳥・夜戦仕様&ムルメルティア・砂漠戦仕様を皮切りに、「元の名称」+「追加名称」のネーミングパターンが増えている)
設定上調整が行われていることが多く、元の神姫とは性格が微妙に違うことも。現状リペイント神姫の数はFrontLine社が圧倒的(全神姫にリぺ版有り)。また、オンライン限定・バトコミ限定でフィギュア化のされていないリぺイント神姫も存在する。
リルビエート
マーヴァインダストリーズ製神姫、ビックバイパー型リルビエート。DL神姫。ビッ「グ」ではなくビッ「ク」。赤くて名前がLBなのにロードブリティッシュ型ではないらしい。
ビックバイパーとしては恐らく初の、F-22のような変形デルタ翼をもつ。
典型的な妹・・・が欲しい方は、リルビエートのシナリオをDLするのは止めた方が良いかもしれない。
レーネ
戦乙女型アルトレーネの略称。
レー姉
「れーねぇ」。アルトレーネのことで、特にアルトアイネスとの関係で使われることが多い。
レールアクション
SPを消費して発動させる特殊動作。RAと省略して記載するが、たまにLAとなっているのはご愛嬌。
レールガン
ライトガンカテゴリーのライフル。旧アーンヴァルの武装「RG8レールガン」等。
リアルでは物体を電磁誘導で撃ち出す装置(兵器に限らない)で原理は古くから知られており、実際に製作もされている。
SF作品でもよく兵器として登場しているが、原理を理解しやすいコイルガンという装置と混同されがちである。
それどころか、アニメ等で登場する際は、わかりやすさ優先のためか光線を発射していたりして、総突っ込みを受けていることも。
蓮華
パンドア製神姫、九尾の狐型蓮華。DL神姫。尻尾のギミックは多彩。語尾は「~ぞよ」もしくは「~じゃ」。そこ、何を言っているかわからないとか言わない。
神の使いを自称しているという設定だが、本人は神そのものを自称する。武装のほぼすべてが最大の特徴でもある尻尾部分に集中しているのが特徴。
ロードファイター
アーク専用レールアクション。轢逃げアタックとも言われる。
突進系RAは「装備してる武器の最高ATK数値」が反映されるため、知らずに威力がしょぼいといわれたりする。
なお、必要装備の都合上ピットブルでは使用不可だが狙撃スターでは使用可能。何か釈然としない。
ロードブリティッシュ
コナミのシューティングゲーム「沙羅曼蛇」等に登場する宇宙戦闘機。2P側の機体で、1P側の白地に青のビックバイパーに対して白地に赤の機体色を持つ。
このため、リルビエートは名前も相俟って(リルビエート=LB=LoadBritish)ロードブリティッシュ型ではないのかと言われている。しかしロードブリティッシュは機首が二股になっていないなど(機体正面からの印象はむしろ「ダライアス」のシルバーホークに似る)ビックバイパーとはそもそも別の機体であり形状も大きく異なるっているため、リルビエートはやはりビックバイパー型だという説も根強い。どっちかはっきりして「文句あるんか、あ゛あ゛ん?」イエナンデモアリマセン


和風神姫
古き良き日本の心を醸し出す神姫の通称。どうしてもメカチックなデザインが圧倒的に多い神姫の中で、いやがおうにも目を引く存在である。
紅緒、飛鳥、フブキ(&ミズキ)、こひる、といった辺りが和風神姫として挙げられることが多い。そのうちでバトマスではフブキと飛鳥が実装されている。
なお蓮華は、モチーフの九尾の狐(元は中国系妖怪)のイメージが強いためか、はたまた和風とか色々霞んでしまうほどの強烈な個性のためなのかあまり和風としては数えられない模様。



A

AC
アタックチェイン(Atack Chain)の略記。ウサギやライオンが跳ね回るCMとは一切関係無い。
AIP
製造メーカー、アームズインポケット(Arms In Pocket)の略記。



B

BLADE
神姫デザイナーの一人。ハウリンおよびマオチャオなどのケモテック神姫をデザインしたり、
漫画「武装神姫2036」を描いている人。言わずと知れた、大のケモっ子好き(雌雄問わず)。
独特の意匠が多い反面、その構造上組み替えに使い辛く、ケモテック系は単体のフィギュアとして愛でられていることが多い。ちなみに、神姫イラストをすこし人間寄りに(関節等)描く人である。肉球付きの手になる武装腕が多いが、本人は無意識でやっているそうだ。


C

CHIKARA
ガイアがランチャーで放つ固有RAその2。
巨大な光弾を発射する。弾速は遅いが誘導性能が非常に高い。ヘビーガン神と神姫オールコレクターの称号を取ると入手できる。CPU戦では適当に撃つだけで障害物も通り抜けガンガンヒットするため、大活躍。
一見回避困難で非常に強力なRAに思えるが、実は引き付けてターンするだけで簡単に回避可能。発射前の隙も非常に大きい。見慣れてしまえば対処は簡単。対人戦では弱点ばかりが目立つ為、適当に打つのはやめたほうが良い。
CHOCO
神姫デザイナーの一人で、本名は麦谷興一。同じく神姫デザイナーのBLADE氏とは同期。
アークおよびイーダのオーメストラーダ製、ベイビーラズや紗羅檀のアヴァンフィジーク製神姫をデザインしている人。
主に携わった作品としては「イグナクロス零号駅(漫画連載)」、ゲーム「旋光の輪舞」、「CHAOS;HEAD」、ゲーム「ゼノサーガ」シリーズ等。
CHOCO神姫
オーメストラーダとアヴァンフィジークの神姫達のこと。デザイン完成度が高く非常に美しい。
ただ隙のないデザイン故に各パーツが排他的で、他社製品のパーツと組み合わせて調和を得るのが難しいことでも知られている。
また、フィギュアでは素材やギミックに新しい試みが組み込まれている(アーク&イーダのゴムタイヤ&金属スプリングを用いたサスペンションユニットや、紗羅檀&ベイビーラズのLEDとボタン電池を用いた発光機能など)事も特徴のひとつだが、比例してお値段もランクアップしている。
CSC
コア・セットアップ・チップ(Core Setup Chip)。複数種類があり、神姫の胸に3個組み込むことで神姫の個性を生み出す。
これを外すことはその個性が失われて神姫がリセットされてしまうことを意味する。
OPのアニメに一瞬登場する他、ハウリンイベントのキーアイテムにもなっているが、種類がどうこうという設定は用いられていない。
ちなみによく勘違いされがちだが、球型ではなく細長いピン状の形状。(小さいがゲームアバンの一枚絵や公式HPの「ABOUT BUSOU SHINKI」で確認できる)
前作のUMDディスクの盤面のイラストはCSCだった。


D

DL
ダウンロードの略記。主にDLCのことを指すことが多い。
DL神姫
ダウンロードコンテンツにて配信されている神姫達を指す。前作から継続8体、今作で追加された神姫が8体、計16体が判明している。
素体(600円)、武器セット(1000円)、シナリオ(500円)とばら売りされているが、専用RAのためには武器セットが必要であり、バトル前後の会話のためにはシナリオが必要である。
DLC
ダウンロードコンテンツの略記。後付け追加要素で、本作では追加装備、追加神姫(DL神姫)、ムービー「武装神姫Moon Angel」、追加BGMがある。
前作で購入済みのものについては、本作では無料という扱いとなる(自動的に購入済みになっているわけではなく、改めてダウンロードする必要があることに注意)




E

EXウェポンセット
素体(神姫の胴体)を含まない武装セットとして発売されたシリーズ。今作ではツガルが該当し、単色素体を追加したものがゼルノグラードになる。
TIPSのイラストで両者の体が単色なのはこのためで、ゲーム内のデザインはバトロン参戦時オンラインオリジナルとしてデザインされたもの…なのだが、ぜるのんのはそれとも違う本作オリジナルカラー。
EXRA
「一刀両断・白EX」等、後ろにEXと表記された神姫固有レールアクション。
今作で追加された要素でいわゆる超必殺技。各神姫のLOVE30の最終イベントクリアで取得し、虹色のエフェクトと共に神姫が固有アクションで攻撃を行う。
……のだが、指定されたランク6~7の神姫純正武装を装備する必要があり、武器種(武器が必須ではないものもあるが)・アビリティ・ステータス、それに伴って戦術にまで制約を課されるうえ、ライドマックス状態でしか使用できない(このため開幕ぶっぱRA戦術が使えないどころか、それ以前にライドマックスまで持って行く必要がある)割に、CPU戦ならともかく対人ともなればクリーンヒットするほうが珍しいので無理して使うほどのものとは到底言えない。
だが、やはり専用アクションでビシッと決めるというのは漢の浪漫である。
ライドマックス状態限定という点以外に運用について他のRAと変わるところはない。


F

FL
神姫製造メーカー、フロントライン(Front Lineの略記。


M

MATATABIジェル
マオチャオの好物、猫にマタタビのあれで、マオチャオはこれを摂取すると酒に酔ったようになる。酔ってそのまま寝てしまったりして、イマイチ何のために存在するのかハッキリしない。主人公はマオチャオを黙らせる時にノドを撫でて撃沈させるか、コレを上手いこと飲ませて眠らせていると想像してみる。因みにジェルではなく、ヂェルではないかともいわれるがゲーム中の表記はジェル。
Mk.1
マーク1。基本的には、下記Mk.2以降が登場して初めて呼ばれることが多い。そりゃそうで、次世代が登場して初めて、改めて第一世代と呼ばれることになるのであるから。
神姫界隈では、初代アーンヴァルと初代ストラーフが、Mk.2が登場したことで必然的にMk.1となるのだが、現在は旧白子、旧黒子で事足りるので、あまり呼ばれる事は無い。
Mk.2
マーク2。ロボット系の作品でよく使われる言葉。武装神姫でMk.2といえば以下がある。
1:武装神姫バトルマスターズMk.2
2:アーンヴァルMk.2
3:ストラーフMk.2
なお、いずれも正しい表記は「Mは大文字」「Mkと2の間に.(Markを略記していることを意味する記号)が入る」である。
ロボットアニメやゲームでは後継や次世代を指す言葉として使われる事が多いが、本来は「第〇世代目の変種」という意味の言葉であり、「新しい物」や「次の物」を指す言葉ではない。
MM
神姫製造メーカー、マジックマーケットの略記。
MMS
Multi Movable System の略記。
神姫に用いられているロボットの開発技術、およびその技術を用いたロボットの総称である。そのため、神姫でないMMSも存在はする。
リアルにおいては神姫に使用されてるアクションフィギュア規格の名称であり、神姫と呼ぶにはこれを使用し、かつ1/1サイズであることが数少ない縛り。
mmsを利用したキャラクターフィギュアは1/12スケールだが、神姫はあくまでも1/1スケールである。
MMS NAKED
えむえむえす・ねいきっど。コナスタで発売されている、素体のみ(ダミー頭部が付いてくる)のMMSフィギュア。肌の色が異なる数種類が発売されている。





N

Niθ
神姫デザイナーの一人。「にしー」と読む。マリーセレスやプロキシマのO.P.F製神姫を手がけている。
カッコ可愛い美人画から恐ろしくもスタイリッシュなクリーチャーまで幅広いデザインをこなし、特に女性キャラのお尻描写は「Niθケツ」と呼ばれ定評がある。が、パパンではなくママン。
キャラクターデザインの絶対性にこだわらないタイプの絵師なためか、神姫のパッケイラストは絵ごとに顔が違っていたり怖かったり。マリーセレスとプロキシマのリペイント版パッケはほぼ別人の様相。
主に携わった作品としては「斬魔大聖デモンベイン」「機神飛翔デモンベイン」「マブラヴ」「マブラヴ オルタネイティヴ」「ブラスレイター」「百花繚乱 SAMULAI GURLS]等。




O

O.P.F.
神姫製造メーカー、Ovest Pozzo Fabbricaの略記。読みは「オヴァスト・ポッゾ・ファブリカ」。イタリア語であり、強引に意訳すると「西(=Niθ)製作所」というところか。


P

PDW
Personal Defence Weaponの略。日本語に訳すと、「個人防衛火器」。
近代戦において、いわゆる非戦場(市街などを指す)の戦闘においては、取り回し易くなおかつそれなりの威力を持つ武器が求められ、それに応じて開発されたジャンルの兵器を指す。つまり、小銃よりも携帯性に優れ、短機関銃のようにとっさに片手で取り回せ、なおかつある程度の距離があっても相手のボディアーマーを貫ける威力を持つ銃。
ただし、「それなりの威力」のために専用弾が必要となること、そして活躍の場がどちらかといえば戦場では無く後方であること(名前の通り、相手を攻撃するためというよりは、個人が自衛するための武器である)がネックとなり、軍隊ではあまり普及していなかったりする。
神姫においては、アーンヴァルMk.2のアルヴォPDW11やウェルクストラのアルヴォPDW11(名称は同じだが別の武器。詳細はアーンヴァルの記事にて)が採用されている。本来のPDWの定義からすると、ウェルクストラのPDW11がより近いといえる。



R

RA
レールアクション(Rail Action)の略記。
ROG
ライドオンギアの略記。作中では「通称」とされているので「ログ」と読むのだろうか。
RR
ライドレシオ(Ride Ratio)の略記。神姫との同調を表す指標で、バトル開始時は0%。100%になると、神姫が赤いオーラをまとう「ライドマックス」状態になる。



W

Wライフル
ライフルを二丁装備する事の俗称。適度に切り替えて撃ち分けることで弾切れ知らずになるし、ライフルからライフルにACする事で最大3連射できるため、割と良く用いられる戦法。高速で飛んでくるライフル弾が、ハンドガンの如く飛んでくる様はなかなか怖い。



数字

1st素体
MMS 1stとも。MMS素体の第一世代を意味しており、バトマス登場神姫では、ハウリン、マオチャオ、アーク、イーダ、ゼルノグラード、フブキ、エウクランテ、イーアネイラ、ツガル、ムルメルティア、飛鳥、ジルダリア、ジュビジーが1st素体を使用している。
フィギュアでは素体と武装との接続位置や一部の軸の太さが異なるため、後述の3rd素体の武装の一部が換装出来ないが、ゲーム上ではそんなことは無いので気にしないで良い。
ひとくくりに1st素体と呼ばれるが、弾によって細かいマイナーチェンジが行なわれている。
2nd素体
MMS 2ndとも。MMS素体の第二世代だが、武装神姫以外のキャラクターフィギュアに採用された素体であり、神姫用には改めて3rd素体が開発されたため、2nd素体は神姫とはほとんど関係ない。
3rd素体
MMS 3rdとも。MMS素体の第三世代にして現在の最新世代を意味する。背の高いtall素体と小さなsmall素体がある。バトマス登場神姫では、tall素体がアーンヴァルMk.2、ストラーフMk.2、アルトレーネ、紗羅檀、ラプティアス、プロキシマ、ヴェルヴィエッタ、オールベルン、ジールベルン。small素体がアルトアイネス、ベイビーラズ、ガブリーヌ、蓮華、アーティル、マリーセレス、リルビエートである。(エストリルとジルリバーズはフィギュア未発売のため不明)
前述の通り、フィギュアでは1st素体の武装との互換性に一部問題があるが、ゲーム上は関係ない。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。