※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

就活リサーチの感想・質問など

つかいかた

リサーチで気づいたことや、他人のリサーチを見て思ったこと、なぞご自由に。

名前:
コメント:
  • えー、ドイツ、ロシア、テェハミング、フィンランドを担当いたしましたサライです。私思うに、どうも日本の就活というものは、企業と学生のマッチングというものをおろそかにしすぎではないかと。ドイツとかロシアだとかでは、インターン形式で企業で学生がけっこう長い期間、働くんですね。しかもかなりの腰掛前提で。日本の就活というものは「お上にご奉仕する」という文化があるからか、とりあえずうわべで企業みずから流す情報を学生が信じて、「御社が第一志望でげす」ってエセ忠誠心をアピールして就職して、それでいざ仕事についてみたら時間外労働ときつい飛び込み営業の毎日で「こんなはずじゃなかった」、となるパターンなんです、極論をいえば。それで、「腰掛気分は許さない、会社に入ったからにはプライベートな時間もすべてなげうって忠節を尽くせ」と、こうなるわけですよ。これって、学生にとってはギャンブルそのものでしかない。「ためしに働いてみる」という発想を日本も導入すべきでは、と思いました。 -- トム・ヤムクンp(` 。 ')q (2012-09-08 02:18:23)