ヴァイオレイション


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボールを扱う際に起こる軽微な反則のこと。バイオレーション、ヴァイオレーションとも。相手チームによるスローインからのスタートとなる。----

ヴァイオレイションとなる反則技----

  • ボールを保持したまま3歩以上歩くこと(トラベリング)
  • 故意に足または腿で蹴ったり止めたりすること
  • 拳で叩くこと
  • ボールを保持しているプレイヤー又はボールが境界線(サイドライン、エンドライン)および境界線の外にある物に触れた場合。
  • ひとつづきのドリブルを終えた後に再び新たなドリブルを行うことはできない。ドリブルの終了とはドリブラーの両手がボールに触れたときまたは片手もしくは両手でボールを支え持ったときである。これに違反したときはダブル・ドリブルとしてヴァイオレイションとなる。また、ドリブル中に完全に手で支え持つ状態になっていると判断された場合はイリーガル・ドリブルとなる。ファンブル(ボールを持ち損なうこと)はドリブルとはみなされない。
  • 故意に足または腿でボールを蹴ったり止めてはならない。偶然に当たった場合はヴァイオレイションではない。
  • フロントコート内でボールをコントロールしているチームのプレイヤーが相手チームのバスケットに近い制限区域内に3秒をこえてとどまってはならない。そのプレイヤーは制限区域外に両足をつけなければ制限区域外に出たことにはならない。NBAでは、ディフェンスプレーヤーにも3秒ルールがある。
  • 近接して防御されているプレイヤーは5秒以内にパス、ショット、あるいはドリブルをしなければならない。また、スローインやフリースローはボールを渡されてから5秒以内に行わなければならない。
  • バック・コートでボールをコントロールしたチームは8秒以内にボールをフロント・コートに進めなければならない。8秒はボールをコントロールしている限り数え続けられる。例えばアウト・オブ・バウンズやジャンプボール・シチュエイションでデッドのボールをサイドラインの外で再び保持する=スローインする場合は8秒は継続して数えられる。
  • ボールをコントロールしたチームは24秒以内にボールがバスケットのリングに触れるようにショットしなければならない。ショットしたボールが空中にあるときに24秒が経過してもショットしたボールがゴールに入ったりリングに触れればヴァイオレイションにはならない。
  • チーム・コントロールされたボールがフロント・コートにあるときは、そのチームのプレイヤーはボールをバック・コートに返してはならない。
  • ショットされたボールが放物線の一番高いところから落ち始めた後、全体がリングより高いところにある間に、プレイヤーがそのボールに触れた場合、ゴール・テンディングとなる。
  • ショットされたボールがリング上にあるときに、プレイヤーがバスケットやバックボードに触れる、バスケットの下から手を入れてボールに触れる、ショットのボールがバスケットの中にある間に防御側プレイヤーがボールやバスケットに触れる、ショットされたボールが空中にある間に防御側プレイヤーがバックボードやリングをたたいたり振動させてボールがバスケットにはいるのを妨げる、これらの行為はインタフェアとなる(インターフェアとも書く)。尚、2005年のルール改正前までは「バスケットインターフェア」と呼ばれていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。