トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

伝えよう~震災の記憶~


 2011年3月11日に発生した東日本大震災
 最大震度7、M9.0を観測した
 地震によって引き起こされた津波で多くの人命が失われ
 福島第一原子力発電所も事故を起こし、地球環境に甚大な被害を与えた

 しかし、そんな悲劇も時とともに風化してしまうもの
 太平洋戦争の悲劇を知らぬ若者も増えているという

 この震災では、過去2回も津波の被害にあった地域もあった。
 もっともはやく逃げたのはこの記憶が残る高齢者たち
 「若い人たちは逃げなかったのかも」
 避難所でこう語った女性は、2度の津波を経験していた

  記憶
 それは命を救うこともある

 チェルノブイリ原発事故は愚かな国家によって事実が隠ぺいされた
 そして日本もまたその愚かな国家と同じ道をたどってしまうのか

 私たちはこの悲劇を後世へと伝えていかなくてはならない
 地震も津波もまた起こるであろう
 そして地球上に原発がある限り事故はおこるであろう
 しかし私たちはそれによって引き起こされる人命被害を
 最小限に抑えることができる
 過去の 記憶 があれば

 私たちのつらい記憶をみんなで共有することで
 人々の命が救われる手段になるならば
 この悲劇を共有していってほしい

 そしてこの取り組みのもう一つの目的
 それは悲しんだり、苦しんだりしているのは自分だけではない
 悲しみを共有できる場にしてほしい
 苦しんでいるのは貴方だけではない

 私も被災者の一人であるからには
 みなさんのつらい気持ちはよくわかる
 でもその気持ちに打ち勝ってこの場に自らの体験を書き
 後世に伝えていくのが震災で生き残った私たちの使命ではないか
 私はそう思う

 この取り組みに協力してくれる人が増えることを心から願う