テイルズ オブ バーサス

登録日:2011/08/28(日) 13:56:38
更新日:2017/12/31 Sun 16:18:32
所要時間:約 7 分で読めます





テイルズオブバーサス (TALES OF VS.) は、2009年8月6日にバンダイナムコゲームスから発売されたプレイステーション・ポータブル用のアクションゲーム。

イノセンス以来の通信プレイが可能な作品である。

ネットワークを利用することで対戦や特別な武器・称号を手に入れる事が可能(現在はサービスが終了している)。


【ストーリー】
三年に一度神聖王国ヘイズル、騎士国家フレスヴェルグ、新帝国ニーズホッグ、自由都市連合ダインという四つの国がシグルスという二人で一組の代表を輩出し、
繁栄の源となる“大いなる実り”を奪い合う“ユグドラシルバトル”という大会が行われている。
三年前、行われたユグドラシルバトルで大いなる実りはどの国も手に入れる事がかなわず、世界自体が滅亡に向かっている。


  • ロイド&コレット編
新たな神子を目指すコレットとそれを守護するロイドの物語。
難易度は易しめ。

  • クレス&クラトス編
三年前に行方不明になったミントの意思をつぎ、三年前の事件の黒幕であるダオスを追う物語。
難易度は易しめ。

  • カイル&リオン編
行方不明のスタンを探す物語。
リアラがいない為、カイルの性格はD2初期のまま成長していく。
ある意味、もう一つのD2とも言える。
難易度は普通。

  • スタン
三年前に殺害されたパートナーの仇を取る為、バルバトスを追う物語。
ちなみに、この作品のスタンは父親という設定でオリDとリメD両方を合わせたような性格をしている。
難易度は難しめ。

  • ルーク&ティア編
国からの試練として言い渡され、ユグドラシルバトルに参加させられたルークとその護衛のティアの物語。
難易度は普通。

  • ジェイド&アニス編
悪用されつつあるルプリカ技術の謎を探す物語。
難易度は難しめ。

  • ユーリ&ファラ編
ユーリがやりたい放題する物語。
難易度は普通。

  • マオ&カイウス
三年前に行方不明になったユージーンを探す二人の物語。
ある意味、もう一つのテンペストといえる。
難易度は易しめ。

  • ダオス編
隠しシナリオ。
大いなる実りの本質を知るダオスが各国のシグルスから大いなる実りを守る物語。
本来ラスボスであるダオスを操作し各シリーズの主人公を相手にし、ユーリ等のキャラに死の描写があるなど異色なモード。
難易度は難しめ。


その他の登場キャラ

ミント
┗バリアーでダオスを倒す。
チェスター
┗新秘奥義搭載。初段のあたり判定は縦に広い。
アーチェ
┗ビックバン秘奥義化。CPUはチート。
フィリア
┗神子を目指す。秘奥義の倍率が高く、術防御が高い相手もなんなく屠る。
コングマン
┗準強キャラ。でも対応がわかれば問題はない。
ナナリー
┗チートクラスの強キャラ。墜陽閃は禁止の方向で。
ハロルド
┗スタン編において重要な役割。
バルバトス
┗アイテムなぞ拾ってんじゃねぇ!
プレセア
┗三年間容姿が変わらないだけでフルボッコ。
ユージーン
┗ぬぉぉぉ!!病気持ち扱い。
セネル
┗貧乏クジ。医療の知識も手に入れた。
アッシュ
┗ルークにイライラしつつもカイルに惹かれる。
ルカ
┗夢に導かれ、シグルスを狙う。イリアとイチャイチャ。
イリア
┗不思議な夢の真実を知る為に参加。ルカとイチャイチャ。
リヒター
┗スタンとたびたび激突する。スタンがエミルポジション。
リタ
┗ユーリにシグルスの座を取られる。空気。
ジュディス
┗テイルズオブシリーズの傭兵=裏切りという法則。つまり、リタ空気化の要因。
シング
┗ユーリに旅の全てを否定される。
コハク
┗超チートキャラ。実はダンベルが最強のソーマだった。


【欠点】

  • 技の威力がおかしい
威力が高い技と低い技の差が激しい。異常に使い勝手の良い技もあれば死に技も少なくない。

  • 秘奥義の偏り
秘奥義出したら勝ちのような風潮、だが中には全く威力の低いのも。カットインが盆踊り。

  • 敵の思考が逃げる事とアイテムを拾う事最優先
敵CPUはアイテムが出現した瞬間に、プレイヤーには気付きようのない画面外であろうとすぐさま拾いに行く。ステージ端のものであろうと同様。
しかも拾いに行くルート・ルーチンがやけに正確で、プレイヤーはこれを追いかけまわすも追いつけないことが多い。
そのためCPU戦は鬼ゴッコとも言われる。

  • 攻撃系のアイテムの威力が凄まじい威力を誇る

  • 無限コンボ持ちのキャラが沢山いる
持ってないキャラもいる。当然かなり不利でキャラの性能差が悲惨なことに。

  • 強さのバランスが取れていない
上述の無限コンボを置いておいたとしてもキャラクターごとに性能差が非常に大きい。
キャラゲー故に最初から期待するものではないとの声もある。

  • 人選枠
本作はテイルズオブシリーズのオールスター作品なのだが、1作から5人以上出てる作品もあれば、1~2人しか出てない作品や主人公やヒロインすら出ていない作品もある。

  • ストーリーに重要な位置として一切関わらないキャラクターがいる

  • ロード時間の長さと頻繁さ
戦闘前だと20秒。


等々、不満の声もある。

【評価点】
元がRPGなので、経験値でキャラのステータスを育てられる仕様がある。

  • 妙に硬いリオン
  • TP燃費のいいクレス
  • 素早いロイド

など本編での弱点をカバー出来るように作れる。








シナリオのネタバレ





決勝まで残った
クレス&ミント
スタン&ディムロス
マオ&ユージーン
アッシュ&ジェイド
激闘の果てに、スタン&ディムロス組が優勝するが、バルバトスとダオスが乱入する。
消耗した状態のシグルス達を一蹴し、最後まで立ち塞がったディムロスを殺害。大いなる実りを奪おうとするが、バルバトスの攻撃で大いなる実りに危険が及ぶ事に。
その時にミントとユージーンが命をかける事で危機は去ったが、二人は行方不明となってしまう。
後に、ダオスによってユージーンは操られ、バルバトスは魔界へ封印される事になる。

その後、レプリカ技術を知ったアッシュは国を棄て、同じく知ったダオスはそれを悪用し、バルバトス達のレプリカを操る事になる。




…余談だが、没シナリオにバルバトスが主人公になり、各シリーズの主人公クラスのキャラを倒していくものがあったそうだが、
「うわー」と叫んでどんどん敵を倒すだけのシナリオになり、で没になったそうだ。
それが幻のシナリオという。ある意味バルバトスらしいと言えばらしいのだが……。


◆担当シナリオライター
☆ばばつねかず氏
ユーリ&ファラ編
マオ&カイウス編
ルーク&ティア編

☆木賀 大介氏
リオン&カイル編
スタン編
ダオス編

☆山本 尚基氏
ロイド&コレット編
クレス&クラトス編
ジェイド&アニス編







追記・修正はユージーンを使用可能にしてからお願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

現在この項目は加筆・修正依頼が出ています。
依頼内容は「内容が過激」です。
加筆・修正できる方は協力をお願いします。