天才

登録日:2010/07/25(日) 19:33:08
更新日:2019/06/16 Sun 05:05:03
所要時間:約 4 分で読めます




天から与えられたかのごとく、努力や凡人では到達できない極めて高いレベルでの才能、人物のこと。

多くの天才があらゆる分野で革命的な業績を上げている。
一方では、素質がありながらも人間社会に適応出来ずに才能を埋没させてしまうこともある。

独自的な発想とずば抜けた集中力を有しており、今日の人間社会が形成にも天才の存在が大きく関わっていると言っても過言ではない。
しかしその独特の価値観と思想により、凡人から見れば変人・奇人としか言えない行動をしばしば取ることもあり、
それ故に多くの天才が辛い青春時代を送っている。

また、他のことには目もくれない高い集中力を発揮するが、自分の健康や金銭面等には無頓着な者が多い。
アルコールや薬物依存に陥り、自分を苦しめ、半ば自殺のように病死する破滅的な一面も持つ。

青春時代に学業面が優秀とは言えない者も多い。これはあらゆる物事を普通の人とは全く異なる観点から推察しているからと言われている。

社会へ貢献したり、人々から賛辞を受けた才能あるものが天才と言われるが、生前にそれと讃えられる者は実はあまり多くない。
ゴッホは死後にその才能を認められた一例である。

現在では資質ある者にサポートし、専門的な教育を施そうとするものも少なくなく、アメリカ等では特に積極的。

天才と凡人を区別するテストと言うのは存在するが、これも所詮は凡人が考えたもので、全ての天才に該当するわけではない。
また、IQが高い=天才という訳でもない。サヴァン症候群のように知的障害があっても特定の分野で才能を発揮する者もいる。


実在する(した)天才

  • ゴッホ
ひまわり等の芸術品を遺した。自画像を描いた時、同居していたゴーギャンと喧嘩し「耳が邪魔」と言って切り取ってしまったらしい。

  • モーツァルト
稀代の音楽家。だが、下品で浪費癖があったとされる。「俺のけつを舐めろ」と言う題名の曲を作ったことでも有名。

  • 山下清
貼り絵で有名。放浪先の風景を全て記憶しており、家に帰ってから製作を開始する。ドラマのように画材は持ち歩いていなかった。日本のゴッホ。

ご存知、日本野球の神様。

ご存知、漫画の神様。
現在、日本に存在する全ての漫画とアニメの基礎を作った天才。

  • グロゴリー・ペレルマン
ロシアの数学の天才。16歳で数学オリンピックで優勝し数学史上最大の難問と言われた「ポアンカレ予想」を解いた。
そしてその際の栄誉を讃えた授与式をキノコ狩りがあるからと辞退した。

人類史上最高の天才と呼ばれた数学者。
コンピューターより計算が速かった。
彼が人類の科学を500年進めたとまで、言われる。


フィクション、二次作品における天才は必ずしも現実世界の天才の特徴を持っている訳ではない。
主にそのキャラクターの特異性や優秀さを表す為の記号的な扱いで天才と称される場合が多い。
よく見られる類型として、現実世界に置き換えれば「秀才」と見られるようなタイプと、
優秀な分野とダメな分野が両極端な「欠点だらけの天才」と形容できるタイプが挙げられる。

その為フィクション、二次作品においては「天才」と称されるキャラクターは非常に多く、各作品に最低1人はいると言っても過言ではない。
ただし、NARUTOにおいては大半の登場人物が大した奴にして天才である。

二次作品における天才については沢山いるので割愛する。調べたい人は天才のタグをクリックして下さい。


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/