陣代高校ラグビー部

登録日:2012/09/22(土) 16:11:01
更新日:2018/05/23 Wed 13:04:44
所要時間:約 3 分で読めます




陣代高校ラグビー部とは『フルメタル・パニック!』の短編「同情できない四面楚歌?」や
アニメの「やりすぎのウォークライ」に登場する部員達である。


◇概要
ある時、生徒会長である林水敦信から依頼を受けた相良宗介千鳥かなめはラグビー部へと向かう。
陣代高校のラグビー部は、昔は花園まであと一歩と言う実力を持った強豪であったが、
近年は成績が震わず廃部となる事が決定していたものの林水の交渉により「次の練習試合で負けたら廃部」と言う条件となった。
それ故、練習試合へ向けてコーチとして宗介を派遣し、千鳥はセーラー服に三つ編みとやかんを持った昔ながらのマネジャー衣装で部室へと向かう。
そこで彼らを待っていたものとは…


◇ラグビー部
二人が目にした部室は、かなめのイメージとは違い、部室内部は綺麗どこかいい香りがする部屋だった。

それもその筈で、部長の郷田優(CV.郷里大輔)を始め虫も殺せないような穏やかで優しい性格をしており、
練習にもグラウンドの小石を取り除いてから望むなど練習不足もあり、その光景には思わずかなめも呆れてしまった。

けど、そんな彼らに転機が訪れる。
練習試合の硝子山高校のラグビー部との乱闘である。
練習の帰りに喫茶店でお茶している所に硝子山高校のラグビー部が現れ、
その部長(CV.渡部猛)が郷田らを扱き下ろしみかねた、かなめが言い返すとヒートアップし思わず部長をかなめが殴ってしまい乱闘騒ぎに。
結果は既に見えており、乱闘に負け悔しさに涙を滲ませる部員達に宗介は特訓をすることになる。


洗☆脳☆特☆訓
しばらくして、かなめはお蓮さんや恭子を伴いGPSを使わなければいけない山の中へと現れ、
そこで見た光景は宗介が海兵隊ばりの訓練を部員達に課している洗nもとい特訓している姿であった。

マオから貰ったノートを基に宗介は部員を下品な言葉で罵りながら特訓させ、
その成果が部員は目を赤く輝かせてラグビーボールに名前をつけて磨くなど特訓前とうって変わってラグビーに情熱?を燃やすのだった。

まぁ、特訓内容がラグビーに関係なくても気にしてはいけない。

宗介曰く「彼らの弱さは技術以前の問題」らしいので


洗☆脳☆完☆了とそして

そして、試合の日曇天の中、試合会場に来た宗介とラグビー部ではあったが、
かなめが近づくと特訓前より180度性格が変わり、軍人のような顔つきになった変わり果てた部員達の姿であった。
(アニメではこの時の郷田は中の声の人のお陰でバスクっぽく聞こえる)

そして、試合が始まるとルールがわからない宗介が硝子山の部長にキックをして部長は負傷退場、宗介も退場を食らってしまった。
そして郷田らはその光景を見て奮起し試合は…ご想像にお任せします。

アニメ最終話では綺麗になっていた。


余談だが、『フルメタル・パニック!アナザー』の時代においては伝統ある部活になっているらしい。


追記・修正は「これ…ラグビーじゃないわよ」と言ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/