仮面の人(ガンダム)

登録日:2012/02/20(月) 08:45:55
更新日:2018/11/17 Sat 20:18:19
所要時間:約 6 分で読めます




ガンダムシリーズでは仮面、覆面、サングラスなどで顔を隠したキャラクターが登場することがほぼ恒例となっている。
いわゆる仮面キャラは主人公のライバルだったり師匠ポジだったり黒幕だったり、ストーリーに大きく関わる重要なポジションであることが多い。


仮面を被る主な理由
  • 自分の正体を隠す。
  • 自分の老け顔を隠す。
  • コスプレ。
  • 空気が嫌い。
  • 顔の傷を隠す。
  • 身体の機能を補助・強化している。

なお、以下では仮面ではなくサングラスであるケースも顔を隠しているという意味で「仮面の人」に含めるものとする。

機動戦士ガンダム

シャア・アズナブル
ジオン公国所属の『赤い彗星』。地球連邦とジオン公国、両国の裏で暗躍する。
元祖仮面キャラでありガンダム仮面キャラのスタンダード的な立ち位置である。
表向きには顔の火傷痕を隠すため仮面を着けていることとなっているが、実際は自身の真の正体を隠すため。
正体を隠す必要がない『逆襲のシャア』では着けていない。
『THE ORIGIN』だと目の体質を理由に当初はサングラスを使っていたが、外れてしまう恐れがあったため、後に同級生からの貰い物を使用。

◆キシリア・ザビ
紫ババア(24歳)
鼻から口元を紫色の覆面で覆っている。
その理由は公式的には放射能焼けを防ぐためだが、戦場の血の匂いを嫌った、女を捨てた証など諸説もある。
School Days顔負けの残酷なバズーカENDを果たした。


機動戦士ガンダム カタナ

◆スパーダ公
シン・フェデラルの首領。
顔すべてを覆ったマスクを被った怪しい人。
主人公ツルギの父であるカネサダ・ツルギと思われていたが、その正体はカネサダの愛弟子である強化人間リチャード・グレイソン。
カネサダからは技を伝授されている。
キング・オブ・ドラゴン級超大型空中戦艦「カイザー・オブ・ドラゴン」等の戦艦を所有しており、
自身はMS-19ドルメル(シン・フェデラル仕様)と強化後のMS-19 ドルメル・ドゥーエに搭乗する。


機動戦士Zガンダム

クワトロ・バジーナ
反地球連邦組織「エゥーゴ」所属。階級は大尉。
仮面ではなくサングラスで顔を隠している。…隠している?
彼はクワトロ・バジーナのそれ以上でもそれ以下でもありませんよ?
エンディングテロップ?聞こえないなぁ!
というか、シャアは1st時代からサングラスも度々使っている。


機動戦士ガンダムUC

フル・フロンタル
ネオジオン残党『袖付き』を率いる、シャアによく似た謎の男。
仮面は、ただのファッション。
赤いMS『シナンジュ』を駆り、その類い希な戦闘能力とカリスマ性から『シャアの再来』と呼ばれる。
しかしフロンタル自身はシャアを否定するような発言をしているため、ますます謎。


機動戦士ガンダムF91

カロッゾ・ロナ(鉄仮面)
セシリーの実の父親。自ら強化人間になった。身体能力は化け物染みており宇宙でもスーツなしで活動可能、MSのコックピットも素手でこじ開ける。
彼の「化け物かっ!?」はいろんな意味で名言。
頭部全体を鉄でできた仮面で覆い尽くす。着け始めたきっかけは妻に逃げられたからであり、この点は娘のセシリーにもボロクソに言われた。


機動戦士Vガンダム

クロノクル・アシャー
女王の弟であるザンスカール軍人。シャアに成りきれなかったライバル。
仮面というより覆面。着ける理由は地球の埃が嫌いだからというなんだか微妙なもの。


機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト

◆カーティス・ロスコ
木星の特殊部隊「蛇の足」に所属する、銀色のクロスボーン・ガンダムを駆る青年。
戦闘中以外はサングラスをかけているが、これは彼が盲目であるためである。
モビルスーツに乗る際には音響センサーで敵の位置や種類を判別しており、
乗機が使い慣れたクロスボーン・ガンダムという事もあって、並のパイロットではない活躍を見せている。
なお、彼は何ア・アロ何クスに似ていると言われるが、その正体は不明。
同じグラサン仲間であるクワトロやアレックス・ディノ同様、諸君も正体が気になる所であろう。

◆サーカス
木星共和国の特殊部隊。当初登場したパイロット全員が仮面を着用していた。
顔を隠していた理由は、お尋ね者で構成されているためとのこと。
後に3名のパイロットが新たに登場するが彼らは仮面をつけてはいない。


機動武闘伝Gガンダム

シュバルツ・ブルーダー
ネオドイツの代表。ドイツ代表なのに忍者。ドモンを導いたりする。
ドイツ国旗の色に二本角が付いた派手な覆面。おそらく正体を隠すためのもので、ある意味一番伏線の役に立った。名前がネタバレ。偶然らしいけど
ちなみにレインも同型のマスクを付けた事がある。

ウルベ・イシカワ
ネオジャパンの実直そうな軍人。かつてデビルガンダムとの交戦で得た顔の右側の傷を隠すために右半分に着けている。
ちなみにこいつが黒幕。


新機動戦記ガンダムW

ゼクス・マーキス
OZの仕官で元サンクキングダムの王子。初盤〜中盤までは頭まで覆うヘルメット型の仮面を付けていたが、終盤は付けなくなった。
行動目的はシャアと同じである。でも親しい人間には素性がバレバレだったりする。
なお、上記の点からかシャアの仮面に明らかに似せたデザインの仮面をつけた初めてのキャラでもある。

鎧闘神戦記編(SDガンダム外伝)

◆騎士エレガント・レーズ
雷迅機トールギスを改造した麗機エレガントールギスを駆り、ユニオンを激励するが、本当に正体がバレていないのかは謎。
漫画版では正体を全く隠さず、人間をなめきっていたバロックガンの盲点から単機でチクチク攻めていた。

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT

◆シルヴァ・クラウン
OZプライズに潜入しガンダムグリープの開発を行う。その正体は主人公アディンの兄オデル・バーネット。


機動新世紀ガンダムX

ジャミル・ニート
フリーデンの頼りになる元ニュータイプ艦長。ニートだけどよく働く。仮面ではなくサングラス。
最終回にようやく外し、以降は掛けていない。ニュータイプについて思い悩んでいた彼の象徴だったのかもしれない。

∀ガンダム

ハリー・オード
ディアナ・ソレルの親衛隊長。作中最強クラスのパイロットでユニバースな人。
顔半分を隠せる程巨大で真っ赤で尖った派手な暗視グラスを掛ける。
基本的にぶっ飛んだ彼のファッションの一つ。女性への視線を隠す為に着用している。
使用しないときも特徴的な眼鏡をかけている。


機動戦士ガンダムSEED

ラウ・ル・クルーゼ
ザフト軍クルーゼ隊の隊長。実はクローンで苦労人。世界を滅ぼすために裏で暗躍する。ライバルというよりはラスボスのポジションである。
仮面は複数ストックしている。変態仮面じゃない。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY

ネオ・ロアノーク
地球連合軍「ファントムペイン」所属。子猫ちゃんとボウズが口癖の不可能を可能にする男と同じ声をしているが……。


機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY

◆スカウト0984(アッシュ・グレイ)
ネオのものに似た仮面を着用しているテスタメントのパイロット。精神操作と薬物投与を受けて記憶と人格を改変させられているが時折本来の人格が出ることも。


機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS

スー
「 沈黙の仮面 」の異名を取る戦闘用コーディネイターとして生み出された男。その名前は中国語で「死」を意味する。
多くのコーディネイターのデータが用いられているため驚異的な身体能力を持ち、バリー・ホーの格闘術を見ただけでコピーし、さらに素手で彼を倒した。


機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY

◆ND-HE
顔を全て覆い隠すタイプのフルフェイスヘルメットを着用。
「No Data High Error」の頭文字をとって名付けられた。
その正体は叢雲劾の連合軍時代のパーソナルデータをコピーしたカーボンヒューマン。


機動戦士ガンダム00

ミスター・ブシドー
地球連邦軍独立治安維持部隊「アロウズ」所属。ガンダムに対してセンチメンタリズムな運命を感じており、
特に刹那・F・セイエイダブルオーガンダムに対して異常と言える執着を見せる。
本名は明かされておらず陣羽織のような改造軍服と時代錯誤した言動から周りから「ミスター・ブシドー」と呼ばれている乙女座の男(笑)
ビリー・カタギリとは旧知の仲の様だが……。
ぶっちゃけたところ、仮面は正体を隠す意図は全くなく、単なる本人の趣味である。
それどころかブシドーという呼び名は自称ですらなく勝手に呼ばれて迷惑しているらしい。


機動戦士ガンダムAGE

ヤーク・ドレ
本名ギーラ・ゾイ。UEの幹部。
マッドーナ工房やミンスリーなど外の世界を出歩く時は、顎のところまで覆った特殊な仮面を着けた武器商人ヤークとして振る舞う。
ぶっちゃけ怪しすぎて逆に目立つ。

ゼハート・ガレット
UE改めヴェイガンの若き地球方面司令。赤くて三倍でもある。
強すぎるXラウンダーの力を安定化し、より効率的に機体に伝達するための端末として仮面を装着。一度外すと性能が落ちる。
能力を安定させるため、戦闘時以外でも着用を強いられている推奨されている。
レギルスに乗ってからは必要なくなったので外した。

ザナルド・ベイハート
AGE三人目の仮面マン。
ヴェイガン(キオ編)の前線指揮官にしてゼハートとは戦功を争うライバル。
小説版では半サイボーグという設定であり、武将の兜を思わせる厳つい仮面も機械化した体の補助デバイスである。

ガンダム Gのレコンギスタ

マスク
黒い仮面を着けたキャピタル・アーミィのエースパイロット。通称クンタラ仮面。
全員が被差別階級のクンタラからなる部隊を率いている。
エルフ・ブルックを駆ってベルリ達海賊部隊の前に立ちはだかる。
そのしょうたいはなぞにつつまれている……一体何者なんだ…?(棒)
EDでの水平移動とダンス、そしてまだ仮面をつけていなかった第1話で既にバレバレな正体等からネタにされている。
が、実際は、食用人類の末裔という生まれゆえに周囲から蔑まされながらも這い上がる為に戦うというかなり重いキャラでもある。
「あのマスク男は異常だ!」

模型戦士ガンプラビルダーズビギニングG

◆ボリス・シャウアー
ガンプラ道を極めたサングラス男。
サングラス+街中で乗馬(しかも部下は徒歩でついてくる)は立派に変人。

ガンダムビルドファイターズ

メイジン・カワグチ
オールバックとサングラスが特徴的な三代目名人。
名人…一体何者なんだ…?(棒)
愛機はケンプファーアメイジングガンダムアメイジングエクシアガンダムアメイジングレッドウォーリア
ちなみに続編でもある『トライ』にも継続登場しており、さらに中の人の佐藤拓也氏はトライと同時に放送されていた『Gレコ』の仮面キャラ「マスク」の声も当てているため同時に放送されていた2本のガンダムで同時にそれぞれ違う仮面キャラを演じたという結構珍しい経歴を持つ。

アイラ・ユルキアイネン
ネメシスに所属する謎の乙女。フルフェイスの仮面にコスプレのような奇妙な衣装を身にまとっている。
やはり素性は不明で名前以外は素顔すらも明らかになっていない。
え?レイジと肉まん取り合ってた?あれはアイナちゃんだ。
愛機はキュベレイパピヨン

ガンダムビルドファイターズトライ

◆レディ・カワグチ
3代目カワグチと同じく『メイジン』の名を継いだ女性。
ミニスカにロングヘアーとサングラスという容姿をしている。
メイジンとは違い正体不明かつ年齢不詳で劇中では正体は明かされないままだった。
愛機は魔竜剣士ゼロガンダムと紅武者アメイジングの他、嘗てはスターゲイザーを使っていた。

ガンダムビルドファイターズD/A

◆2代目メイジン・カワグチ
3代目カワグチことユウキ・タツヤの師の一人でもあり、ガンプラ塾の主催者。
サングラス+常に顔面が影で隠れている状態で描かれている。やや中年っぽい雰囲気を醸し出す。
第一回世界大会から連覇をしている実力者で、恐らく作中最強のファイターでもあり作中最高のビルダーとも思われる。
PPSE社の広告塔でもあり、常に最強である為に自他に非常に厳格な人物だが、あまりにも厳格すぎた為に、崇拝する物はいても理解者はいない存在だった。
ライバルではなくラスボス的な仮面の人。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

モンターク
ふさふさの白髪カツラと金ぴかの鼻上マスクが合体したお面を被る成年男性。「モンターク商会」を名乗り、クーデリア・藍那・バーンスタインに接触する。
右目は髪で隠れているが、露出するマスクの左目部分にはシャッター機能が搭載されている。閉じているときにはカメラか何かで投影されているのか?
視聴者には声で正体がモロバレしており、面識があった三日月・オーガスには一発で看破され、自分でもあっさり認めた。シリーズでも珍しい即バレパターンである。
その癖、正体暴露回のクレジットは「仮面の男」のままだった。

ヴィダール
ギャラルホルン・アリアンロッド艦隊に所属するMSパイロット。騎士の兜を思わせるようなフルフェイスの仮面で素顔を隠した男。
鉄華団やマクギリスと何やら因縁があるようだが…?
物騒な見た目とは裏腹に言動は穏やかで味方ともしっかりコミュニケーションを取るという、ガンダム以外でも復讐を目的とした仮面キャラでは珍しいタイプ。
これまでの作品と同様に声優のキャスティングの時点で誰かはバレバレ。


ガンダムトゥルーオデッセイ ~失われしGの伝説~

◆ナイアール・ハーミット
ゲームにも登場。アイゼングラード軍所属の正統派仮面男。
妹がいたり大尉として味方になったり総帥として敵になったりと元祖の赤い人を色々思わせる。


新プラモ狂四郎

◆闇の会長
大日本造形学園生徒会長を影から操る、式尉面に武者姿の男。
生徒副会長の京姫は自分を京田理香で闇の会長は京田四郎と打ち明けたが、実は彼女をも欺いていた。
実は本物の狂四郎が多忙を理由に影武者をさせていたサイボット狂四郎が正体を知る者たちを洗脳して成りすましていた。

超戦士ガンダム野郎

◆SD仮面
シルクハットに黒マント、縦線の入った覆面(もしくはペイント)の男。
正しくはサタンデビルだが皆通称のSD仮面で呼ぶ。名前に反しSDガンダムを目の仇にしてG研の活動を度々妨害する。
実はプラモ界征服を企むスミス大薫の雇った傭兵モデラーで、大薫が佐渡大介から正体を現してからは登場しなくなった。

プラモウォーズ

◆ミスターシャッフル
勇斗を狙うゴッドハンズに介入する、上記シュバルツに似た覆面とマントの男。
ずば抜けた技術を持ち、シミュレーターに細工したり影からせりあがってきたり只者ではない様子を思わせる。
実は長谷川指導員がプラリーガーシャッフル同盟を巡る暗闘を調査するために動いていた。

ガンダムビルドダイバーズ

◆キョウヤ
マントに仮面と騎士を思わせるようなアバターの初心者ダイバー。
チャンピオンであるクジョウ・キョウヤに憧れており、ダイバーネームも彼と同じにしている。
友人とミッションに参加する予定であったが、その友人が来られなくなってしまった為、リク達に頼み込んで同行させてもらう事となった。
使用ガンプラはガンダムAGE-2 ダークハウンド

SDガンダムフォース

◆ハロ長官
S.D.Gの最高責任者でハロの仮面を付けた人物。
どのような時も決して諦めず、部下や仲間を見捨てたりしない上司の鑑。
生身の人間とは思えない程の身体能力と戦闘能力を有しており、ジェネラルジオングのファンネルを頭で受け止めたり、ジャイアントスイングで投げ飛ばしたりしていた。

闇の騎士デスサイズ
ダークアクシズの最高幹部の一人にして、嵐の騎士トールギスを唆してラクロアを侵略、滅亡させた張本人。
闇の精霊スティールドラゴンと融合しており、その頭部を仮面として身につけている騎士ガンダム。
普段は魔法で姿を隠し、「闇の魔道士」として振舞っている。


なお説明するまでもない当たり前のことだが、現実の軍で仮面をつけることは許されない。



追記・修正は仮面を被ってからお願いします。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/