瀬川虎鉄

登録日:2009/09/14(月) 20:02:14
更新日:2016/03/12 Sat 00:55:17
所要時間:約 2 分で読めます




瀬川(せがわ)虎鉄(こてつ)
ハヤテのごとく!の登場人物。
声:四宮豪

6月21日生まれ。
16歳。
瀬川泉の執事にして双子の兄。
泉のことを「お嬢」と呼ぶ。

教育のために執事をしている(執事は元々、貴族の長男しかなれない高貴な仕事だから)。

執事としての能力ではナギにダメ出しをされているのだが、泉が超強いと評するほど驚異的身体能力を持ち合わせている。
瀬川家編では剣一本で岩盤をぶった切っているほど。ヒナギクよりすごくないか?

複数の女性から一目惚れされる程のイケメンだが、思い込みが激しくキレると暴力的になることや、女性に対して奥手であることから、全くモテない。
普段は時刻表を読んでばかりの鉄道オタク。

ヒナ祭り祭りの際、綾崎ハーマイオニーに一目惚れし交際を申し込むが、泉に事実を知らされて逆上した。
そして、ナギを誘拐するが凹まされて解放する。
その罪で逮捕されたが、執行猶予となり退学も免れている。
ちなみにこの時は、虎鉄の苗字は伝えられることなくただの執事だと思われていた。

それでも想いは変わらず、ストーカーまがいの行為をしてハヤテ本人からは「変態」と称されて毛嫌いされている。
曰く「好きとか言われても気持ち悪いだけじゃないですか?
ていうか、正直迷惑ですし」
だそうだ。

父親には「お前の命一つで泉の恋路が邪魔できるなら安いもんじゃないか…」と扱われたことがある。
一応息子なのに


作者曰く、「ハヤテに男友達を作ろうと思ったら、いつの間にか体を狙っていた。」とのこと。


追記・修正して今スグ結婚ー!!ドグッ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/