夏目友人帳

登録日:2011/05/15(日) 19:55:48
更新日:2019/02/04 Mon 21:28:48
所要時間:約 7 分で読めます




――小さい頃から時々、変なものを見た
他の人には見えないらしい
それらはおそらく妖怪と呼ばれるものの類――



夏目友人帳とは白泉社「LaLa」「LaLaDX」で連載中の緑川ゆきの少女漫画、及びそれを原作としたTVアニメである。
少女漫画だからと敬遠すべからず。

現在単行本は22巻まで刊行。
アニメは6期まで放送。




■あらすじ


小さい頃から妖怪が見える少年・夏目貴志は、ある日祖母の遺品の中から「友人帳」を見付ける。
この「友人帳」とは彼の祖母・レイコが妖怪をいじめ負かした結果、奪った名を集めた契約書であった。
それ以来、名を取り戻そうとする妖怪達から狙われるようになってしまった夏目は、
とあるきっかけで自称用心棒の妖怪、ニャンコ先生(斑)と共に、妖怪達に名を返す日々を送り始める。


夏目と妖怪達の妖しく、切なく、どこか懐かしい物語。



【主な登場人物】


  • 夏目貴志
CV:神谷浩史
7月1日生まれの高校1年生、15歳。
好物は猫、黒ニャンコ。

本作の主人公。
外見は祖母のレイコに似た美少年で、初対面の妖にはよくレイコと間違われる。
体型は細身で、「マッチ棒」やら「白アスパラ」やらと散々な言われよう。

しかし妖相手なら祖母譲りの強大な妖力を持ったげんこつ一発で退けることが出来る。
両親は既に他界している。その能力ゆえに親戚や周囲の人間から気味悪がられ、親戚中をたらい回しにされていた過去を持つ。
そんな過去の経験が影響してか、周囲に対して一歩引いて接してしまう傾向があった。
しかし藤原夫妻に引き取られた現在は落ち着き、人間の友人も増えてきている。

  • ニャンコ先生/斑
CV:井上和彦
夏目の「自称」用心棒である妖。
身長・体重はドッジボール2個分(招き猫の姿)。
好物はエビ、イカ、酒。
どこのおっさん?

長い間招き猫に封印されていたが、夏目が結界を切ったことにより封印から解放された。

レイコとは知り合いであったが、彼女との勝負を断っていたため友人帳に名は書かれていない。
夏目には「先生」もしくは「ニャンコ先生」と呼ばれている。
正体は、妖の間で名の知れた上級の強力な妖「斑」で、本来は大きな白い獣の姿をしている。
が、封印されていた間に依代の招き猫姿に慣れてしまい、普段は「招き猫のような猫」の姿をとっている。
と言っても常時元の姿に戻ることはできる。
招き猫姿のニャンコ先生は本作のマスコット的キャラであるが作中では「ブタネコ」やら「大福ネコ」等散々な言われようである。
唯一夏目の友人多軌透(タキ)のみ彼の招き猫姿を愛でている。
が、本人はこの姿を気に入ってるようでラブリーと言っている。

タキ曰く手触りはつるふかしているようである。
性格は妖の中でも上級であるため、人間や下等な妖に対して常に上から目線であり短気である。
夏目とは用心棒をする代わりに彼の死後に友人帳を譲り受ける約束を交わしている。
しかし実際は夜に勝手に晩酌しに行くなど用心棒としては不安な面もある。

  • 夏目レイコ
CV:小林沙苗
非常に強大な妖力を持っていた夏目の母方の祖母。
妖怪たちにも評判が良いほどの美少女だったらしい。
詳細は不明。未婚で子供を産んだらしいが・・・
単行本では扉絵に毎回登場している。

  • 多軌透
CV:佐藤利奈
5月15日生まれ。
夏目と同じく15歳。
好物は可愛い物全般。
本人曰く可愛いものを見ると心が乱れてしまうとらしい。
作中唯一招き猫姿のニャンコ先生のファンである。
夏目の数少ない妖絡みの友人。
タキ自身は妖を見る能力は持っていないが、素質は有るようで祖父・慎一郎の遺した陣を描くことで、この陣の中に入った妖は見ることが出来る。
この陣で妖を見てしまったことで祟られたことがある。
先程の祟りのせいで話すことが出来ず一部の男子からは「無口でおしとやか」と思われていたが実際は「おしゃべり好きで無邪気」な性格である。
先祖が陰陽師の様なことをしていたらしく妖についての知識は夏目以上に持っている。

かわいい

  • 田沼要
CV:堀江一眞
9月17日生まれ。
夏目と同じく15歳。
夏目の初めての妖絡みの友人。
実家が寺の静かで控えめな少年。

夏目と違い妖の姿をはっきりと見ることはできないが、
霊感の持ち主であり、妖の影を見たり、妖の気配を感じることは出来る。
そのため妖の「気」に当てられ体調を崩すことがある。
アニメでは出番が増えている。

  • 名取周一(なとり しゅういち)
CV:石田彰
作中の人気俳優で妖祓い人。夏目の2人目の妖絡みの仲間。
夏目の理解者であり、同じく妖を見ることが出来る数少ない人物。口癖は「きらめいててご免」。
アニメでは髪型と髪の色(茶色)が夏目と若干似ている。
俳優業の裏で妖祓い稼業をしており、柊を含めたいくつかの妖を「式」として使役する。
俳優としての資質として、自身特有のきらめきオーラを放ち、道行く女性やらを釘付けに。
ニャンコ先生曰く「新手の妖気」。自分の美貌には気づいている様子。

体に「ヤモリの形の痣」をした妖が住み着いていて、体中を動き回るという。ただし、左足だけには決して移動せず、名取本人はその事を気味悪がっている。
健康に影響は出ていないが、その正体は不明であり、この妖のことを独学で調べているうちに、妖全般について学んでいった。
夏目に対して目にかけている部分もあるが、時には夏目を利用したりと言う事もあってか、夏目は友人帳について話していないが後の話でその存在はバレてしまっている。

  • (ひいらぎ)
CV:雪野五月
一つ目の鬼のような面を着けている女妖。元は山守りをしていたが人間に蔵護りとして封じられていた妖。
かつて幼少時の名取と出会った際の思い出から、彼に退治されることを望んだが、夏目達が庇ったことによって一命を取り留め、名取の式になることを選んだ。
太刀を武器として使用している。無口で感情は希薄だが、夏目に対しては辛口な言動で接しているが気にかけている様子。
名取には忠実であり、彼を「主様」と呼び慕っている。
彼女の他にも名取の式はいたのだが、彼女の登場ですっかり影が薄くなりファンブックで愚痴っていた。

  • 藤原夫妻(藤原滋、塔子)
CV:伊藤栄次、伊藤美紀

藤原滋
身寄りがなく血縁でない夏目を引き取った藤原家の夫。
普段は無口だが夏目のことを大事にしている。
当人は覚えていないが、幼少の頃にレイコに会っている。
田沼と同じくアニメでは出番が増えている。

藤原塔子
藤原家の妻。
夏目の父方の遠縁で、身寄りのない彼を引き取った藤原家の妻。心優しくおっとりとした女性。
夏目の事を「貴志くん」と呼び非常に大切に思っている
料理上手でもあり、夏目やニャンコ先生は勿論、夏目の友人の西村達にも好評である。
ニャンコ先生の事は「ニャン吉くん」と呼ぶ。

かわいすぎる

  • 北本&西村
CV:菅沼久義、木村良平
夏目の同級生で友人。
いつも連んでいる

  • 笹田純
CV:沢城みゆき
夏目のクラスの委員長で眼鏡っ娘。
優等生で真面目な性格。
一度夏目に妖が見えるのか問いただしたことがあり、
夏目はその時ごまかしたが夏目が妖を見る能力があることを薄々感づいているようだ。
漫画の方では義父の栄転のため引っ越してしまい一話限りのキャラだったが、アニメの方ではその設定は無く準レギュラー的な扱いである。

アニメスタッフGJ

  • 子狐
CV:矢島晶子
森に棲む狐の妖。
他の妖にいじめられていたところを夏目に助けられそれから夏目に懐いている。
森に落ちていた白い帽子が宝物。

ちなみに性別は男子。つまりショタである。










―小さい頃から時々、変なものを見た
他の人には見えないらしい
それらはおそらくwiki籠もりと呼ばれるものの類―



追記、修正は見える方がお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/