青色ノイズと〈〇〇〇〇〉キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド

登録日:2019/07/21 (日) 18:05:33
更新日:2019/07/22 Mon 18:15:06
所要時間:約 14 分で読めます




――青春の爆音(ノイズ)は鳴り止まない

Profile

『青色ノイズと〈〇〇〇〇〉キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド』は、MF文庫から発売されたライトノベルのタイトル。略称は「青キラ」。〇〇〇〇には各巻ごとに異なるフレーズが挿入される。
作者の総夜ムカイは本作が審査員特別賞を受賞したことで、33歳(当時)という遅咲きのデビューを果たすこととなった。挿絵はしぐれういが担当している。

ジャンルは学園ラブコメ。ビジュアル系ロックバンドとしての活動を軸に、主人公とヒロインたちがトラウマやコンプレックスを乗り越えて成長していく様を描いている。
そのため本作は青春小説としての側面も持っており*1、作者は当初「ラブコメと青春小説の両立は可能なのか?」と悩んでいたらしいが、審査員の三浦勇雄から両立は可能というコメントを頂戴して励みになったと語っている。

さて、本作――と言うよりも作者の総夜ムカイ氏について語る上で絶対に外せないことがある。
それは氏が、コンプライアンス上等の伝説のトンデモラジオ番組『西川貴教のオールナイトニッポン』の常連ハガキ職人の一人だったことだ。
番組のハチャメチャぶりについては上記リンク先を見ていただくとして、ムカイ氏は番組にて他の強豪ハガキ職人を相手に切磋琢磨していただけあって文章はテンポが良く読みやすい。たとえば演奏シーンの描写ではオノマトペに頼らず、単語を駆使して文章だけで見事に主人公たちが奏でるサウンドを表現してみせている。
また、コメディパートでは番組のネタハガキを彷彿とさせる軽妙な筆致で主人公のツッコミが炸裂しており、西川ANNのリスナーにとっては懐かしさを感じるものとなっている。放送作家の笑い声が脳内再生されたら末期。
そもそも本作がテーマとして取り扱っているビジュアル系バンドは、西川ANNのリスナー的には番組内で幾度となく取り上げられた身近なテーマ*2であり、そういう意味でも本作はラノベであるにも拘らずむしろ30代を狙い撃ちにしたかのような内容となっている。

同番組のハガキ職人からはこれまで多くの放送作家が排出されているが、ラノベ作家が誕生したのは初のことであり、後継番組に当たる『西川貴教のちょこっとナイトニッポン』内にてムカイ氏から報告が届いた際は、アニヲタで知られる西川ちゃんも非常に喜んでいた。「半分は俺のお蔭だから」と印税の半分を要求していたが。
ちなみに同番組の放送作家を務める石川昭人からは、祝福されつつも「タイトルが長い」とぶった切られていた。

Biography

GHOST(ゴースト)

男性1名、女性3名によるビジュアル系ロックバンド。女性3名はステージ上ではメイクと衣装で男装している。男装時の姿は彼女たちにとっての理想の自分
4月、大上透化野音子の2名によって結成される。この時点ではコピーバンドだった。
その後、音楽メイト募集アプリバンドしようよ!を介して6月にライオンが加入。8月に神原小鳥が加入し、GHOSTを名乗るようになる。
駅前での路上ライブにてデビュー。続けてライブハウスのイベントに参加し知名度を上げていく。
バンド名の由来は、メンバー全員が何らかのトラウマを心に抱えており、それを亡霊に見立てたことから。神原が正式に加入する前は、一時期サポメンとして所属していた夢咲兎によって便宜上夢咲バンドという名前が付けられていた。
上述のイベント終了後にライオンが脱退。その後、9月に有馬聖絵が加入し新体制で活動を再開する。
代表曲はカナリア青色ノイズ

Members
メンバー4人の名前は『ブレーメンの音楽隊』から取られている。
名前 担当 備考
大上 透(おおかみ とおる) Vocal 高校2年生。高1の時の文化祭がきっかけでステージに立つことがトラウマになっている。また、幼い頃にいじめられたせいで自分の甲高い声にコンプレックスを抱いており、クラスでは無言の地蔵を貫いている。
化野 音子(あだしの ねこ) Guitar 高校2年生。地味な見た目に加え極度のあがり症が原因で、周囲からは「化け猫」と呼ばれいじめられている。男装すると堂々とした性格になる。
神原 小鳥(かんばら ことり) Drums 高校1年生。ツンデレ。過去に遭遇した様々な事件事故が原因で「死神」のレッテルを貼られクラスメイトから酷いいじめを受けている。元々毒舌だが、男装すると更に口調が荒っぽくなる。
有馬 聖絵(ありま きよえ) Bass 高校2年生。才色兼備のムードメーカー。怪我で将来を閉ざされた元バスケ選手。演奏は指で弾く。男装するとやけに厨二っぽい喋りになる。

Former & Support Members
名前 担当 備考
ライオン Bass その名の通りライオンの被り物をしている。神原とはかつて同じバンドに所属していた。演奏はピックで弾く。どうやら中の人は女性らしいのだが、その正体は……?
夢咲 兎(ゆめさき うさぎ) Drums 大上たちのクラスの担任で軽音楽部顧問。本来の担当はギター。若い頃の挫折経験から、教え子たちを陰日向に手助けしていく。

Discography

各巻に収録されたエピソードは、全て実在するビジュアル系バンドの楽曲名がタイトルとして使われている。
ただ用いているだけでなく、各エピソードは元となった楽曲の歌詞の内容を意識した展開になっている。

また、1巻は最後まで大上の視点で進行するが、2巻からは他の人物の視点でも話が進められるようになり、ストーリーの全体像が掴みやすくなっている。

1st Album

青色ノイズと〈やきもち〉キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド 2018.12.25 release

2nd Album

青色ノイズと〈あこがれ〉キラーチューン ワケありJKと始める男装V系バンド 2019.5.25 release

And More

  • 総夜ムカイという筆名は、西川ANNで使用していた「ムカイ」というペンネームに、オールナイトという意味で「総夜」を付けたもの。

  • ムカイ氏は『ちょこっとナイトニッポン』のネタコーナーに(どこまでがネタでどこからが本当かは分からないが)就職してからの出来事を書いて送ってきている。
    それによると新入社員に課すにはあまりにも酷な営業ノルマが与えられていたらしく、ジョークっぽく書かれてはいたが実質会社に対する愚痴的な内容となっており、西川ちゃんもリスナーもかなり心配していた。
    それから約10年の月日が流れ、作家デビューした今も営業職で活躍中とのこと。

  • ムカイ氏デビューの報が番組内で流れるや否や、大量のリスナーがAmazonでポチったらしい。
    その結果、Amazonの「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」欄が一時期T.M.Revolution関係の楽曲や書籍で制圧されていた。
    氏はこれを見た担当編集者に「西川さんとはどういう関係なんですか?」と驚かれたそうな。



追記・修正 Coming Soon…

この項目が面白かったなら……\ポチッと/