ドラえもん のび太の月面探査記

登録日:2019/6/18 (火曜日) 17:10:22
更新日:2019/07/01 Mon 20:22:56
所要時間:約 4 分で読めます





「ぼくは、想像力を信じる。」

「わたしは、未来を信じる。」

「おれは、友情を信じる。」

「ぼくは、愛を信じる。」

「ぼくは、みんなを信じてる。」



「ドラえもん のび太の月面探査記」とは、2019年3月1日より公開された、映画ドラえもんシリーズ39作目の映画作品。平成最後のドラえもんの映画作品でもある。


概要

監督は『ドラえもん 新・のび太の日本誕生』以来となる八鍬新之介が担当。
脚本に直木賞作家で、ドラえもんのひみつ道具の名前を章題として取り入れた『凍りのくじら』を執筆した辻村深月を起用して話題となった。
辻村氏による小説版も執筆され、映画公開前に序盤部分が無料公開された。

兼ねてから大長編の舞台案として月と南極が何度も候補に挙がっており、南極は『ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』で採用され、続いて月も本作にてようやく採用となった経緯がある。
短編シリーズの「異説クラブメンバーズバッジ」を原作としつつ、宇宙人を登場させることで異なる物語へと変化させている。
想像力を大きなテーマとして扱っており、終盤の展開へと繋がっていく。また、過去作のオマージュもふんだんに用意されている。

ストーリー

ある秋の日、日本の月面探査機「ナヨタケ」が月の裏で通信を断った。テレビで公開された最後の通信の映像には謎の白い影が映っていた。
のび太はこの影を「月のウサギ」と思い込んでクラスメートたちにバカにされてしまい、見返すためにドラえもんの道具「異説クラブメンバーズバッジ」で月の裏にウサギ王国を作ることを決意する。
翌日、のび太のクラスに月野ルカという少年が転校してきた。ジャイアンたちに完成した王国を見せようとするのび太達の前に仲間に入れてほしいとやってきたルカをみんなは快く受け入れる。
いつものメンバーにルカを加えた一行は、完成したウサギ王国で楽しく遊んでいたが…。

キャラクター

いつものメンバー

ご存知22世紀のネコ型ロボット。
連れ去られたルカ達を救うため、ルカの乗ってきた宇宙船を改造するなど要所での活躍がメイン。

ドラえもんと共にウサギ王国を作り上げる。やっぱり今回も楽しそう。
ウサギ怪獣に襲われて死にそうになるものの、エスパル達に助けられる。

今回は怪我をしたルナの手当てをするために留守番することになる。

アルの歌に感動して友達になる。ルカ達を助けにいく際はなかなか集合場所に来ないスネ夫が必ず来ると信じていた。

ルナに恋する。一度はルカ達を助けにいくか迷いながらも決意する漢気を見せる。


ゲストキャラクター

  • ルカ(CV.皆川純子)
のび太のクラスに転校してきた帽子を目深に被った不思議な少年。実はウサギのような耳を持つ超能力者「エスパル」という宇宙人。

  • ルナ(CV.広瀬アリス)
ルカの姉で、かつて地球に来たことがあり「かぐや姫」の元となったエスパルの少女。

  • アル(CV.大谷育江)
大声で歌うと超音波を発するエスパルの少年。未来を予言する力を持つ。

  • モゾ(CV.ゆきじ)
ツキノワリクガメという亀のような種族でルカの友達。

  • ムービット
ドラえもんとのび太が作ったウサギ王国の住人。「ムーン」と「ラビット」を組み合わせてドラえもんが名付けた。

  • ノビット(CV.渡辺明乃)
眼鏡をかけているムービットで、のび太に似ているためしずかから名付けられる。妙な発明ばかりしているが、普通とアベコベの性能を発揮する。

  • ウサギ怪獣(CV.寺島拓篤)
のび太が作った失敗作が怪獣化したもの。ウサギを王国を襲ったが、しずかがわすれろ草でおとなしくしてからは王国に仲間入りした。

  • ゴダート(CV.柳楽優弥)
ディアボロの手下で、エスパル探索部隊の隊長。実は優しい性格。

  • タラバ(CV.武田幸史)
ゴダートの部下だが、反感を持っている。

  • キャンサー、クラブ(CV.中岡創一(ロッチ)、高橋茂雄(サバンナ))
ゴダートの部下の二人組。ゲスト枠。

  • ディアボロ(CV.吉田鋼太郎)
本作の黒幕。ゴダート達を使ってエスパルを捜索しているカグヤ星の支配者。

登場するひみつ道具

  • 異説クラブメンバーズバッジ
付属品のマイクに向かって喋った異説を現実化するバッジ。バッジを付けていない人には普通に見える。

  • 動物ねんど
異説クラブメンバーズバッジの付属品と思われる道具。粘土をこねて作った動物が生命を持つ。バッジを付けていない人に見えないのも共通。

  • 定説クラブメンバーズバッジ
正確にはひみつ道具ではなくノビットの発明品。異説クラブメンバーズバッジとアベコベに異説の存在が定説の世界へ行ける。



追記・修正は月を見ながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/