クレヨンしんちゃん 爆盛!!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

登録日:2019/5/27 (月曜日) 14:19:11
更新日:2019/06/02 Sun 19:11:19
所要時間:約 5 分で読めます






アクション大盛り友情濃いめ


2018年4月13日より公開された、映画クレヨンしんちゃんシリーズ第26作目の作品。


同年6月に矢島晶子がしんのすけ役を降板したため、矢島が演じるしんのすけ最後の映画となった。
カンフーを題材とし、『爆睡!ユメミーワールド大突撃』に続くかすかべ防衛隊、とりわけ佐藤マサオが初めてメインを務める。
しんのすけ達にカンフーで戦わせることにはスタッフ内でも批判があったため案に上りながらも実現していなかったが、「やわらかい部分だけで戦う」という設定で実現したらしい。
終盤における予想外の展開も大きく話題となった。


【あらすじ】
いつものようにいじめられていたマサオだったが、その日は様子が違っていた。
怪しんだかすかべ防衛隊が後をつけると、春日部の中華街「アイヤータウン」に辿り着く。
マサオはそこで中国拳法「ぷにぷに拳」を習っていたのだ。
ぷにぷに拳の師匠から千年に一人のぷにぷにと称されたしんのすけ達もなりゆきで修業をはじめる。

一方、春日部では一度食べたらやみつきになるブラックパンダラーメンが流行していた。
着々と出店数を増やすブラックパンダの野望に図らずも巻き込まれていくしんのすけ達の運命やいかに…。


【登場人物】
※物語の核心に触れる内容は、各自展開してご確認ください

野原しんのすけ(声:矢島晶子
ご存知、嵐を呼ぶ園児。
千年に一人のぷにぷに、ぷにぷにの天才と呼ばれてぷにぷに拳の修行をすることになる。

+◎ネタバレを含んだ解説
ぷにぷに真掌の後継者となるが、何だか怪しかったので秘薬を飲むのを拒否する。そりゃそうだ。
孤立化し、笑顔を失ったランを救うため、防衛隊や春日部の住人たち全員とジェンカを踊ってランの笑顔を取り戻した*1


◇佐藤マサオ(声:一龍斎貞友)
先にぷにぷに拳を始めていたため兄弟子として威張り散らす。
しかし、体が硬いせいでまったく技を習得できず、劣等感に苛まれていき、中盤で姿を消す。メインなのに…。
その後は師匠と橋の下で暮らしながらマンツーマンで修行をつけてもらっており、成長した姿を見せた。

◇風間トオル(声:真柴摩利)
最初は否定的だったが、なんだかんだでぷにぷに拳の修行を始める。
芋虫行脚をしている間に芋虫の生活も悪くないかもなどと言っていた。

◇桜田ネネ(声:林玉緒)
アクションスター目指してぷにぷに拳の修行を始める。
風間くんのスマホでブラックパンダラーメンの秘密を撮影する。

◇ボーちゃん(声:佐藤智恵)
健康のためにぷにぷに拳の修行を始める。
今回は割と空気。

野原ひろし(声:森川智之
野原一家の大黒柱。
狂暴化したひまわりに手を焼く。

野原みさえ(声:ならはしみき)
野原一家最強の母。
同じく狂暴化したひまわりに手を焼く。

◇野原ひまわり(声:こおろぎさとみ)
みさえがこぼしたブラックパンダラーメンを食べて狂暴化してしまう。

◇シロ(声:真柴摩利)
一家の愛犬。
黒いテープを張られてホワイトタイガー呼ばわりされたり、ウ〇チの最中を見られたりと散々な役回り。


◇タマ・ラン(声:潘めぐみ
ぷにぷに拳を学ぶ少女。
アイヤータウンに捨てられていたところを師匠に拾われて育ったため、アイヤータウンに愛着を持つ。
ブラックパンダラーメンの秘密を探りつつ、横暴を辞めさせるためにぷにぷに拳を極めようとする。
ぷにぷに拳の技を全て会得し、奥義「ぷにぷに真掌」を修得する資格を得て野原一家と共に中国へ向かう。
心がぷにぷにでないと切り捨てられるが、しんのすけが飲むのを拒否した秘薬を飲んで技を会得した。

+◎ネタバレを含んだ解説
「足が臭いのは悪。たるんだ尻も悪」

ぷにぷに真掌でドン・パンパンを倒すものの、過剰な正義が暴走してしまい*2
些細なことでも悪と見なして制裁を加える残酷な性格に変貌してしまう。
そのせいで孤立していくが、しんのすけ達のジェンカ拳を受けて元に戻り、
広い世界を見るためにアイヤータウンから旅立っていった。



◇師匠(声:関根勤)
ゲスト枠。ぷにぷに拳の師匠。技を極められていないが、実力は本物。
部屋は非常に少女趣味。
ドン・パンパンに秘孔を突かれ、パン・ツー・丸見えしか言えなくなってしまう。
ブラックパンダラーメンに襲われるしんのすけ達を逃がすために囮となる。
その後、黄昏れるマサオの前に現れて彼の成長に一役買った。


◇ドン・パンパン(声:廣田行生)
ブラックパンダラーメンのボス。
相手の秘孔を突いて思うままに操る「闇突拳」を使う。お前はどこかの暗殺者か。
ランとの決闘に敗北し、超絶平和主義状態にされたが、最後には元に戻っていた。

◇ヌン、チャック(声:真殿光昭/置鮎龍太郎
ブラックパンダラーメンの幹部らしき双子のヌンチャク使い。
ソーセージ型の巨大ヌンチャクを使うオサレカンフー「ソーセージ拳」の使い手。
ランに超絶平和主義状態にされる。

◇ミヤ・ゾン
ゲスト枠。
ブラックパンダラーメンの刺客で「ギター拳法」を使ってしんのすけ達を足止めした。

◇あらぽん
ゲスト枠。ブラックパンダが開発したパンダロボのラーメンを食べて理性を失うほど狂暴化する。

◇ぷにぷにの精(声:水島裕)
中国の秘境に住むぷにぷに拳の精霊……という名の宇宙人。
作中では宇宙人という事は明かされないが、入り口にインターホンや監視カメラがあり、妙に科学的なのはそのため。


【ぷにぷに拳の奥義】

一.ひとつひとより和毛和布(わけわかめ) ワカメのように揺れながら攻撃を躱す
二.ふたつふしぎに受身美学(うけみびがく) 受け身と同時に「ほんとはこれがしたかった」と言って強がる
三.みっつみだらに猫手反発(ねこてはんぱつ) 猫の手で敵の攻撃を弾き返す
四.よっつよろしく糞転下肢(ふんころがし) 逆立ちしながら蹴りを繰り出す
五.いつついつでも芋虫行脚(いもむしあんぎゃ) 芋虫のように気配を消しながら這い進む
六.むっつむやみに手揉民民(てもみんみん) 手で揉んで相手を脱力させる
七.ななつなんだか吸盤接吻(きゅうばんせっぷん) 口を吸盤のようにして吸い付く
八.やっつやっぱり柔軟弾丸(じゅうなんだんがん) 体を丸めて跳ね回る
九.ここのつここから戦意尻失(せんいしりしつ) 尻を相手に突き出しちょこまか動いて敵の戦意を削ぐ。要するにしんのすけのケツだけ星人
十.とうでとうとうぷにぷに真掌 手からビームを発射して相手を脳内お花畑にしてしまう

【主題歌(EDテーマ)】
◇笑一笑 ~シャオイーシャオ!~(歌:ももいろクローバーZ)
中国語で「笑おう!」という意味で、ランの笑顔を取り戻すという終盤とマッチした良曲。
スタッフロールで流れる絵も好評。


追記・修正はジェンカを踊ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/