Eagle Energy

登録日:2019/05/21 Tue 22:50:33
更新日:2019/05/29 Wed 09:55:12
所要時間:約 3 分で読めます






Energy, Anywhere.



Eagle Energy(イーグルエナジー)は、カフェイン吸入器。
世界的にはカフェイン・ベイプとしてうられているが、日本では『吸うエナジードリンク』として宣伝されている。


概要

イーグルエナジーは、カナダ初の細いペン状の形をしたカフェイン吸入器。
いまや世界で1億本を売り上げている。日本ではだいたい1本1500円くらいで買える。
海外ではカフェイン・ベイプで通じるのだが、日本ではまだまだベイプが知名度がないことに加え、
電子タバコという表現が商売上ウケが悪いのか(後述の理由により)、通常は吸うエナジードリンクとして語られる。

容器から出したイーグルエナジーの穴のあいてる方を咥え、吸引することでカフェインを吸入できる。
このとき、底部のLEDが青く光る。
日本ではエナジードリンクフレーバー、ライチスーパーミントフレーバー、ブルーベリースーパーミントフレーバーが販売されている。
加えて吸うと、口からタバコのように煙が出る。このため、禁煙席とかで吸うと苦情間違いなし。
いや、ニコチン・タールは一切入ってないけど。まあカフェインも人によっては有害なのでそこは気をつけよう。
一応法的に問題はないが18歳未満は推奨していない。

一応味はついているが、結構ほんのりしている。むしろカフェインの刺激がダイレクトに喉に来る。
で、結構シャキンとすること間違いなし。
海外ではエナジードリンク同様、遊びの前やスポーツのときに摂取するのが基本の使いみちのようだ。
10-20くらいの吸引回数でコーヒーやエナドリ1本分くらいを吸入出来る。400回吸引できるので、
コーヒー1本120円、エナドリ1本200円と仮定すると、コーヒー12本半、エナドリ7本半くらいの価格で、
コーヒー、エナドリ20-40本くらいの計算になる。カフェイン中毒者にはもってこいであろう。

ただ本当に肺吸いは刺激的であるため、タバコのんでる人なら口吸いを推奨する。

どこで買えるの?

以前は海外でしか取り扱いがなく、個人輸入するのが基本であったが、
株式会社イーグルエナジージャパンが総代理店となり、現在は以下の場所で買える。

  • ネット通販もやってる映像配信サービス:Amazon
  • プライベートブランドふとんとプライベートブランド酒を売ってるカメラ屋:ビックカメラ
    • なおコジマでも販売しているが、ソフマップでは取り扱っていない。
  • ビックカメラグループ以外でも、ジョーシン、電天堂といった家電専門店や電気小物店で販売している。
  • 駅のコンビニ:ニューデイズ
  • 北海道のホムセン:イエローグローブ
  • 本屋という名の渾沌:ヴィレッジヴァンガード

日本での広告戦略

日本では、SPORTEC WESTでスポーツ産業・健康産業に売り込みをかけたり、
健康的なカフェイン摂取のお供としての販売をメインとしていることを株式会社イーグルエナジージャパンのホームページから確認できる。
ゆえに、ヴィレヴァンやAmazonといった如何にもな店だけでなく、ビックカメラ・コジマやイエローグローブ、ニューデイズでも扱っているようなのである。

実際、タバコっぽいけどタバコではないし、コーヒーやエナドリにある無駄な部分はないのでそういう意味ではいいのかもしれない。すべて天然成分だけで出来ている。

ただし、蒸気であって飲み物でないぶん、過吸入のリスクはついて回るので、一概に上位互換ではないことには留意すべし。
スポーツ前だと余分な水分を入れなくて言い分エナジードリンクよりもやりやすそうだが。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/