Dの一族(ONE PIECE)

登録日:2018/09/10 Mon 19:04:22
更新日:2018/12/13 Thu 23:13:26
所要時間:約 5 分で読めます




Dの一族とは、漫画「ONE PIECE」に登場する用語であり、 作中最大の謎 の一つである。

概要

ミドルネーム「D」を持つ一連の登場人物のこと。
主人公モンキー・D・ルフィを始め、作中に登場する一部の人物がDの名を冠している。
しかし、その正体に関しては今のところ一切明かされていない。
数少ない手がかりと言えるのは、コラソンの台詞にある「とある地方では神の敵として知られる」ことぐらいか。
「Dの意志」と呼ばれるものを引き継いでいるとされており、少なくとも「世界貴族の天敵」とされるような存在であろうことは推察されている。

この名を冠している人物は主人公サイド・敵サイドを問わないが、 いずれも物語全体のキーパーソン であることが共通点。
しかしそれ以外の共通点はほぼ皆無。 人間と巨人族が入り混じっている 以上、「単なる血縁関係」ではないことは明らかだが……

一応その他の共通点としては、

  • ほとんどが男性である
少なくとも本編中に登場したDの一族は「ポートガス・D・ルージュ」を除き全員が男性である。
これは「男の方がDの一族となる可能性が高い」なのか、単なる偶然なのかは不明。

  • ほとんどの人物は権力に縛られることを極端に嫌う
例外は海軍中将であるガープとサウロぐらい。しかし両者とも世界政府に忠実とは言い難い問題児である。
コラソン曰く、「Dはまた必ず嵐を呼ぶ」。

  • 作中では「D」以外のミドルネームはほとんど登場していない
その割には名乗ったとしても違和感を感じられることはまずない。
作中でのミドルネームがどのようなポジションなのかはイマイチ判然としていない。



世界政府は「D」の名が広まるのを快く思っていないようで、後述のゴールド・ロジャーの名前の改変がそれにあたる。
その一方で、モンキー・D・ルフィの手配書は本名で作っていたり、ガープは隠さず本名を名乗っていたりとどのような基準なのかはハッキリとはしていない。

また、ローが「D」の名をひた隠しにしていたことを考えると、明言されていないだけで既に他にも「D」が登場している可能性は十分にあるだろう。

その謎めいた設定ゆえに、格好の考察対象となっており、ワンピース関連の考察本やサイトでは必ず触れられるものとなっている。
だが、いまだにはっきりとしていないが故に、その考察結果も千差万別である。


作中で登場したDの一族

ゴール・D・ロジャー

全ての発端となった伝説の海賊王。
「嵐を巻き起こし、今現在も巻き起こし続ける男」。
本名は政府の手により改竄されて隠されており、世間では「ゴールド・ロジャー」として知られている。
かつての仲間たち及びその関係者以外に本当の名を知る者はほとんどおらず、政府の情報改竄は上手くいっているようである。

モンキー・D・ルフィ

本編主人公であり、麦わらの一味船長であり、最悪の世代の一角。
本人は「D」の名を継いでいることに特にこれといったこだわりはないようで、他の人物が「D」を名乗っても大した反応は返していない。
新世界に突入してもその快進撃は止まらず、いつの間にか「麦わら大船団」という大海賊団を率いる船団長にまで出世。
今、世界に最も嵐を巻き起こしている「D」の一族の一人である。

モンキー・D・ドラゴン

ルフィの父親であり、本編登場順では3人目の「D」。ただし、Dの一族であること(とルフィの父親であること)が判明したのはかなり後。
息子のルフィ、父親のガープとは違って落ち着いた佇まいの男であるが、何をやらかすかわからないヤバさを秘めているのは似ている。
世界政府転覆を目論む「革命軍」の首魁であり、「世界最悪の犯罪者」としてその名を知られている。

ポートガス・D・エース

自然系悪魔の実「メラメラの実」を食べたルフィの義兄。
白ひげ海賊団のニ番隊隊長を務め、若手の海賊たちの中ではトップクラスの実力と知名度を誇る人物であった。
その正体及び彼の辿った運命は項目参照。

モンキー・D・ガープ

ルフィの祖父にして海軍中将。数少ない政府に従う「D」。
もっとも、本人は気に食わなければ政府の言うことに従うつもりなど欠片もない破天荒な人物だが。

ポートガス・D・ルージュ

本編に登場した中では唯一の女性のD。エースの母親で故人。
回想シーンだけの登場だが、エースを無事この世に送り届けるために 狂気ともいえるすさまじい行為 を行っているあたり、彼女もまた「D」の一族ということだろうか。

ハグワール・D・サウロ

唯一の"人間"ではないD。巨人族の海軍中将で、幼いニコ・ロビンをオハラから救い出した人物。
しかし、バスターコール対象となった(=子供一人たりとも残さず地図からその島は消される)オハラから生き残りを出してしまった罪を問われ、青キジの手で氷漬けにされる。
彼の存在はロビンのその後の人生に大きな影響を与えた。
ちなみに氷漬けにされる際「アイスタイムカプセル」という意味深な技を受けたため、青キジに何か別の狙いがあったのではないかという説がある。

マーシャル・D・ティーチ

元白ひげ海賊団にして現黒ひげ海賊団船長、そして四皇たる人物。
ルフィ、ドラゴンと並んで今現在最も嵐を呼んでいる「D」であると言える。
ルフィは2年のブランクがあり、ドラゴンは本格的な行動に移る前の準備段階であることを考えると、むしろ頭一つ抜けているかもしれない。
Dの中では珍しい悪役サイドの人物ではあるが、徹底して自由を尊び海賊のロマンを重視するなど、その精神性は実はルフィにかなり近い。

トラファルガー・D・ワーテル・ロー

ハートの海賊団船長にして元七武海
知っての通り、基本的には「トラファルガー・ロー」の名で通している。
作中登場しているDの一族では珍しく、「D」であることをひた隠しにしている上に、忌み名"ワーテル"という新たな概念まで持ち合わせている。
ルフィは平然と名乗っているのに対し、どのような差があるかは不明だが幼い頃から「人に教えてはいけない名前」として育てられていたようであるため、生まれ育った地域の違いかもしれない。



追記・修正はDの意志を継いだ方にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/