ジャンパースカーフ/スーパージャンパー

登録日:2017/08/28 (月) 16:31:17
更新日:2019/05/21 Tue 22:03:18
所要時間:約 5 分で読めます






おめえのわざでよ、『スーパージャンプ』っつうのあんだろ?
あれ、すげーな。あんなにれんぞくでぴょんぴょんとべるなんてよ。
あるスジからのじょうほうによると、最高○○回とんだらしいじゃねーか。
オラ、おどろいちまったよ。

まあムリだと思うけっども、30回以上れんぞくでとべたらおいわいのプレゼントをやるよ。



「ジャンパースカーフ」および「スーパージャンパー」とは、共に『スーパーマリオRPG』に登場する装備品の1種。
前者はアクセサリー、後者は防具に分類されており、実質的な公式チートアイテムとでも呼ぶべきものである。


これらのアイテムをくれるのは、モンスタウンに住んでいるハイイヌドライ。
コイツはマリオのスペシャル技の一つである「スーパージャンプ」の最高連続ジャンプ回数を記録している。

なお、「スーパージャンプ」とは、高くジャンプしたマリオが敵を踏む(触れる)瞬間にボタンを押すと、
ボタン入力を失敗するまで連続でジャンプ攻撃ができるというワザ。連続で踏めた回数に応じて敵に与えるダメージ量もふえていく。
要は、『マリオストーリー』で登場する「レンゾクジャンプ」の原型みたいなもの。


◆ジャンパースカーフ




きゅうきょくのジャンプとは「ジャンプ」なり



モンスタウンの左から2番目の部屋に入ると、例のハイイヌドライとご対面。
話しかけると項目冒頭の台詞の通り、記録回数を発表した後に「30回」以上のジャンプに成功したらいいものをやろうと語りかけてくるのだ。
そして、その30回以上ジャンプの成功報酬として「ジャンパースカーフ」を渡してくれる。
公式攻略本などで見れるアートワークによると、水色地の布に黄色い星マークがあしらわれているデザインになっている。
スカーフとしてのデザインにしてはぶっちゃけダサい上に発売当時のCG技術のせいでどこからどう見ても折り紙にしか見えないの内緒。


……さて、『スーパーマリオRPG』を未プレイのWiki篭もりなら「30回くらいならそこまで難しくないんじゃね?」と、安易に考えてしまうことだろう。
ところがどっこい、この30回ジャンプというものが冗談抜きにとんでもなく高難易度だったりする。
普通にプレイしてるような人だったら14から15、ゲームの腕に自身のあるプレイヤーでも20回ちょい行けばいい方とかそんな感じ。

数多く挙がっている検証データによると、どうも8の倍数を重ねるごとに微妙にジャンプのタイミングがズレているらしく、
淡々と同じタイミングでボタンを押しているだけでは確実に打ち止めになってしまうとのこと。
成功する秘訣については外部サイトなどで詳しく説明されているだろうからそっちを参照してほしい。

でまあ、ようやっと30回以上のジャンプを成功させて「ジャンパースカーフ」を入手できるのだが、
公式側もこの難しさをわかった上でなのか、これがまたとんでもない性能になっている。


装備可能なのはマリオのみ。
攻撃、防御、魔法攻撃、魔法防御、すばやさが各30ずつ上昇し、即死耐性が付加されるというもの。


数字だけサラッと羅列されてもこれがどれだけ強力かいまいちピンと来ないだろうからもう少し詳しく解説すると、
『スーパーマリオRPG』の基礎ステータスは上に述べた「ジャンパースカーフ」を装備することで上昇する5項目。
レベルアップやその際のボーナスで上昇し、武器や防具、はたまた他のアクセサリーを装備するなどでより上昇させることができる。

通常、他のほとんどのアクセサリーは状態異常の耐性をつけたりするおまけでほんのちょっぴりステータスが上がったりするくらい。
基礎ステータスの上昇値は、防御や魔法防御が1桁台が精々、
純粋に防御能力を上げるだけのアクセサリーである「ぼうぎょスカーフ」でさえ、防御と魔法防御の上昇値は15である。
まして、攻撃系のステータスを上げるアクセサリーなんてものは、もっと数が限られている。
同じモンスタウンで入手できる隠しアクセサリーである「ジャッキーベルト」でさえ、攻撃と魔法攻撃の上昇値は27。

唯一の例外と言えるのは「パタパタくんしょう」「ゆうれいくんしょう」「クリスタルのおまもり」くらいだが、
これらのアクセサリーの効果は、終盤のボスキャラが使用する「ひっぺがし(戦闘時の補助効果を解除する技)」という技を受けると
無効化されるというデメリットがある。

すばやさに至っては、そもそも本作ではレベルアップでは一切上昇させる事が出来ないステータスとなっている。
ショップで購入できる市販品の「シュビビンシューズ」は上昇値は10、
その他のアクセサリーは全て条件付きであり、「ジャンパースカーフ」には及ばない。

それらを踏まえた上でもう一度見てもらえれば、如何にこの「ジャンパースカーフ」の性能がぶっ飛んでいるかがおわかり頂けるだろうか?
その他の強力なアクセサリーによる耐性付加などを捨てる必要こそあるものの、希少な即死耐性を付加できるだけでも十分と言えよう。
モンスタウンに辿り着いた時点でマリオにこれを装備できれば、その後の戦いは多少レベルが低かろうとゴリ押しできてしまうかもしれない。



ついに30回とっぱしたじゃあねぇか。ただもんじゃねぇな、おめぇ。
んじゃ、おいわいのプレゼントやっからよ。



◆スーパージャンパー




スーパースペシャルデリシャスなジャンパーです




そして、「ジャンパースカーフ」の入手に見事成功したプレイヤーに待ち受ける更なる試練。
30回を更に超えるノルマのジャンプ成功の報酬として入手できるのが「スーパージャンパー」なのだが、
そのノルマは「100回」。


100回


100回である



大事な(ry

しかもこれ、ゲームのシステム上で可能な上限回数であり、要は強制的に打ち止めになるまで一度たりともミスることなくジャンプし続けろと言ってるに等しい。
苦労の果てにやっとの思いで「ジャンパースカーフ」を入手できたプレイヤーからすれば、ふざけているのか?としか思えないだろう。

ただ、何となく察しが付く方もいるだろう。
「30回成功報酬の「ジャンパースカーフ」でさえチート性能なのだから、それを更に超える報酬の「スーパージャンパー」はどれだけぶっとんだ性能なのか?」と。

……苦労の末に達成した100回ジャンプの報酬が、まさかゲーム上ではロクに役立たない記念品みたいな肩透かし……なんてことはなく、
ハイイヌドライを通じてスタッフの降参を示すセリフと共に貰える「スーパージャンパー」の性能……
それが以下である。


全員が装備可能な防具。
攻撃、防御、魔法攻撃、魔法防御が各50上昇、すばやさが30上昇、全属性攻撃無効化、全ステータス異常に耐性付加。


……「ジャンパースカーフ」でのクドすぎる解説抜きにしても、こっちは数字の時点で何かがおかしいと思った方も多いことだろう。
防御性能が50上がるだけでも大概なのに、「ジャンパースカーフ」と同じで攻撃性能までもが共に同じ数値上がってしまうのだから。

こっちについても詳しく解説すると、『スーパーマリオRPG』にも前述したように当然防具というシステムは存在しており、
極々一部の例外を除いて各キャラに固有で用意された防具を装備することで、防御と魔法防御のステータスを高める事が出来る。
それぞれの最強防具はラスト一つ手前のダンジョンであるクッパ城の終盤にて纏めて購入が可能なのだが、
基礎ステータスが高い代わりに意図的に装備品の性能が弱く設定されているクッパジーノは除くにしても、
それでも最強防具を付けて上がる防御の数値は48、魔法防御の数値は24が限界である。

属性耐性やステータス耐性なんてそれこそもう一つのチート防具を除けば存在しないし、(そもそもこっちは多くのデメリットも付いてくる)
攻撃系やすばやさが上がる防具も中盤の街ドゥカティで購入可能な「ばっちいパンツ」だけ。
それにしたって中盤入手の防具な以上、基礎ステータスが高めのクッパ以外が終盤で使うには厳しいものがある。

最強防具を上回る防御力、魔法防御に至っては倍以上の上昇、その他基礎ステータスの大幅上昇にあらゆる耐性を付加するという、
「ジャンパースカーフ」を軽々と上回る公式チート装備と言えよう。
スカーフと違ってどのキャラにも装備可能なので、これ一つで他の装備品がいらなくなるくらいの勢いである。
マリオが「ジャンパースカーフ」と共に装備すれば、攻撃系と防御系ステータスが+80、すばやさ+60、属性攻撃・ステータス異常・即死無効という手の付けられない強さとなってしまう。

苦労に見合うだけの性能を持った、正に「公式チート」という言葉が似合う装備アイテムと言えよう。


ちなみにスーパージャンパーのビジュアルも攻略本に載っているアートワークで確認可能であり、
左胸に星マークが付いた、水色のジャンパーというデザインになっている。
これまたダサいとか言っちゃダメ。



ちなみによ、あるスジのじょうほうによると、100回以上は行かねえらしいんだ。
そのスジの人が、もう、うちどめだからこれでかんべんしてくれってさ。





追記・修正は100回ジャンプを成功させてからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/