魔剤

登録日 :2016/05/26 Thu 17:05:00
更新日 : 2017/08/15 Tue 17:10:46
所要時間 :約 3 分で読めます







魔剤が魔剤って魔剤!?




魔剤(まざい)とは、主に2010年代中期の大学生・高校生界隈で使われているネットスラングである。

1. マジ?の意
MK5やこマ?など時代によってマジを表すスラングは多く開発されてきたが、「魔剤?」もまた2010年代のそれらの系列に位置するものの一つである。
元より画数も文字数も多いじゃないか!とツッコみたいのはやまやまだが、そこらへんに関しては武者頑駄無などで無茶な当て字を体験してきたアニヲタ諸氏ならばなんとなく共感できる方もいるであろう。いるんじゃないかな。いるといいな。
そもそも本気と書いてマジと読むとか言ってる時点で本気も結構画数が多いのは密に、密に。
他のネットスラング「すこ」や「ヘッドンホホ」などのようにタイプミスから生じた、もしくは「セイク」などのようにmaziをひねって読んだ、などといった説が考えられる。

2. エナジードリンク、特にモンスターエナジー
1の用法から派生し、「魔剤」という字面そのものから連想された意味。
また某進学塾のwikiにはこちらの意味で載っていることから浪人生界隈では元からこちらの意味で使われてきた可能性がある。
ドリンク剤の効能、そして身体への負担を、「魔法」や「魔物」のように人智を超えたもののように例えている。
特に、名前やパッケージデザインがそのような意図をもっているモンスターエナジー(上述の連想そのものも主にこの影響が大きいだろう)に対し、よくこの語があてはめられる。しかしレッドブルなど他のエナジードリンクにも普通にこの語が用いられることも多い。
エナジードリンクの空き缶が建築物のごとく積み上がった様子を、太宰府天満宮ならぬ「魔剤府天満宮」と表現する使い方もある。
また一時期流行した「わかり哲也」のように、「魔剤族」「魔剤治」「魔剤テレサ」「佐賀のまざいばあちゃん」なとといったコラージュ画像も作られている。

つまり冒頭の一文を普通の言葉に訳すると「モンスターエナジーがエナドリとして有用ってのはマジ!?」ということになる。

2016年6月現在、主に大学生を中心に使われているこの語を使った次のようなコピペがある。


ぽきたw魔剤ンゴ!?ありえん良さみが深いw
二郎からのセイクで優勝せえへん?そり!そりすぎてソリになったw
や、漏れのモタクと化したことのNASA✋
そりでわ、無限に練りをしまつ
ぽやしみ~


ぽきた 起床の意。
笑いの表現。手軽に笑ったという意思表示ができることから息の長い表現である。
魔剤ンゴ!? 「魔剤」は上記の通り。「ンゴ」は某野球選手を揶揄した表現が元ネタのネットスラング「~ンゴw」からの転用だが、揶揄の意味は失っている。ここでは「ぽきたw」の直後にあるため、起き抜けにSNSを見て衝撃を受けているのだろう。
良さみが深い 「良さみ」は「良さ」+「~み」。「ねむみ」「やりたみ」といった形容詞の名詞化は10年代初期からあったが、ついに名詞まで名詞化しだしたのかよ。他には「わかりみが深い」という同意もよく使われる。
二郎 二郎系(物量系)ラーメン。スラングというわけでもないが、学生層に人気でよく話題にされるからか載せられている。
セイク 酒(sake)のこと。「二郎からのセイク」で、友達とラーメン二郎に行ったあと宅飲みをするという意味になる。
優勝 物事が都合よく進むこと。例えば、アニクラやイベントなどでは、場の主導権を握ること。
そり 「それ」の転、つまり同意を示す(cf.「それな」「ほんそれ」)。
そりすぎてソリになった 「○○すぎて××になった」は、韻を踏んだ強調の表現。「なった」とまで言うことで完全に同意したことを強調している。
漏れ 俺の意。一昔前に使われていたネット用語だが、これらの言い回しの雰囲気に合うためかなぜか再登場している。「俺」自体は女性が男避けの為に自称することが多いためネットでは忌避される傾向にある。
モタクと化したことのNASA NASAは「無さ」。ちなみに文としては、2010年代ともなるとアニメ鑑賞がライトな趣味となり、傍目にはアニメが好きでも自分は「オタク」ではないと考える人が多くなった世相を反映している。
練り 睡眠。「寝る」の活用。

つまり、より浸透度の高い言い回しでこのコピペを置き換えるとすれば
「起きたwマジかよ!?ありえんくらい良すぎるw」
「二郎系食べてからの酒で盛り上がろうぜ?」
「それだよ、本当それ」
「いや、俺はオタクになったことないから」
「それじゃ永遠に寝てくる。おやすみ~」といったところだろうか。
ちなみに上記の文はあくまで特徴語ばかりを抽出してエンタメ性を取り付けたものだということには注意したい。

字面からは頭が悪そうに見えるネットスラング「魔剤」であるが、「マジ?」の意味としての「魔剤ンゴ!?」は京都大学の学生サークル発祥という話もある。
また、魔剤を摂取するとスコアが良くなるという都市伝説めいたジンクスが広まったことから、音ゲー界隈でも使われることの多い用語である。

一方で、実際に流行しているという報告がブログやSNSであるものの、この語は未だtwitterのごく一部で使われているネットスラングであり、
東大生・京大生の中でも使っているのは限定的なオタクだけで、大多数のオタクや学生は使っていないという見方も。
現在進行形で広まっている言葉だということを考えても、まだごくごく一部の狭い範囲での流行語といえるかもしれない。



追記・修正は魔剤キメながらって魔剤!?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/できないって魔剤!?