ジュラル星人X-6号(チャージマン研!)

登録日: 2015/12/31 Thu 09:59:31
更新日:2018/09/09 Sun 11:15:35
所要時間:約 5 分で読めます





殺せない…私には殺せない!




「ジュラル星人X-6号」とは、「チャージマン研!」第8話のサブタイトルである。

チャージマン研という作品における基本的な構図は、「血も涙も無い人間」と「人としての心を失ったジュラル星人」との対立。
そんな作品の中で、初めて人間の心が芽生えてしまったジュラル星人が登場する回である。
X-6号の葛藤、そして寂しい余韻を漂わす終わり方……などと内容はシリーズ内でもかなりシリアス。

最も、そんな物など例のキチ顔で何もかも吹っ飛んでしまうのだが。



















                     ξ












【以下ネタバレ注意】





あらすじ

ある日の公園。泉 研はそこでスケッチに励んでいた。
それを見つめる女性に化けたジュラル星人。彼女はビームを放ち、研の近くにあった木を焼き切った。
「タスケテー(棒)キャー(棒)」木は研に向かって倒れ出し、慌てた研はつまづいて倒れ込んでしまった。笑みを浮かべるジュラル。
が、この時ジュラルにとって予想外の出来事が起こる。倒れた木は別の木に引っかかり、今度はジュラルに向かって倒れてきたのだ。
これまた転んでしまったジュラル。しかし、そこに研が「危ない!」と駆け寄り、ジュラルを抱え起こし逃がそうとしたのだ。
間一髪ジュラルは無傷で済んだが、研は僅かに遅れて倒木に足を挟まれてしまう。

「X-6号、今だチャージマン研を殺すのだ」仲間のジュラルの声が響き渡る。
ジュラル星人X-6号は隠し持っていたナイフを構える。しかしそこに研の担任である渚先生が変な走り方で駆け寄ってきた。慌ててその場を離れるX-6号。
しかし逃れた先に待っていたのは同胞による制裁であった。
「研に助けられて殺せなかった?ふん、俺達ジュラル星人は感情などという下等なものはとうの昔に忘れた筈だ」ジュラルの魔王はそう告げる。
「はい、しかし……」「言い訳は無用!もう一度行ってチャージマン研をやっつけて来るのだ!」

一方、研は病院に搬送され、寝かせられていた。医師の言うところでは全治2週間の打撲で済んだという。
そしてその事をどこで知ったか、X-6号は従業員に変装し、病院への潜入に成功していた。
ベッドで眠る研に接近するX-6号。彼女は未だに葛藤していた。研は完全に無防備、しかし……
ついに決断し、ナイフを振りかざしたその瞬間であった。


「アッ! あなたはあの時の…お姉さん!!」

「そうか、お前はジュラル星人なんだな!」研は飛び起きる。
今だ構え続けるX-6号に、「殺せ!何故殺さぬ!」と魔王の声が響く。

しかし、X-6号はついにナイフを落とし、その場に崩れ落ちてしまう。
「殺せない……私には殺せない…………チャージマン研、何故あの時私を助けたの!?」泣き崩れるX-6号。
「何故……だって、当たり前じゃないか!」それに応える研。
「……私の負けよチャージマン研……私には捨てた筈の物が残っていたの!
そう言い残し、走り去るX-6号。

しかし、彼女の前に再び同胞達が立ちはだかる。
「X-6号!魔王様からの命令だ!」そう言うと、ジュラル達はX-6号を処刑すべく光線を放った。
研は、その感情を捨てきれなかった一人のジュラル星人が消滅するさまを、ただ見ている事しか出来なかった。
裏切り者の死を見届けたジュラル達はすぐさま研の病室に向う。
しかし、研は足を痛めておりまともに戦う事が……

チャージング・ゴー!
できた。ご都合主義ここに極まれり。
感情など忘れた下等な異星人を、研はアルファガンで薙ぎ払う。


そしてこの顔である。しかも第3話の使い回しである。


その後、研が退院を迎えた日の夕暮れ。研は花束を抱え、一人のジュラル星人の事を想っていた。
「X-6号、僕は忘れないよ。ジュラル星人の中にも、君みたいながいた事を……」
涙を拭う研の元に、空気を読まないキャロンとバリカンが駆け寄る。
そして研は、退院祝いのパーティーに向けて、笑顔で帰るのであった。





登場キャラ


  • 泉 研
ジュラル星人と日夜戦闘を繰り広げる男。
今回は敵であるジュラルを咄嗟に救い出し、最後には敵の死に涙を浮かべる……となかなかヒーローらしい事やってる人。
だが、そのうち彼こそが感情などといった物には無縁な殺ジュラルマシーンである事が明らかになっていくのである。

そして、チャー研最大級の作画崩壊、通称「キチ顔を披露した張本人でもある。
特にベッドでのシーンは、一度見たら絶対に忘れられないであろう絶大な衝撃を視聴者に植え付けた。
末期になると、こいつが夢に出てくるようになるらしい。「キチ夢」で検索してみよう。かわいいいいいい

  • X-6号
今回の主役。研を事故死に見せかけて殺すべく送り込まれたが、しくじった上その研に命を救われてしまうという失態を犯す。
しかしそのおかげで、忘れた筈の感情を思い出してしまい、
苦悩した挙句仲間には殺されてしまう……と、かなりの悲運を遂げてしまった人。

果たしてジュラル星人は本当に冷酷なだけの侵略者なのだろうか?互いに光線を撃ち合い殺し合う事しかできなかったのだろうか?
それに対する答えは、後の第10話にて少しだけ示され、即効で忘れ去られる。

  • ジュラルの魔王
ジュラル星人を纏めあげるリーダー。
彼によれば、ジュラルは感情を下等な物として忘れ去ったとの事で、彼自身も感情に目覚めたX-6号を処刑するように命ずるなど、冷酷な人物として描写されている。

……だが、後の回で爆発する基地からまず部下を避難させる部下思いな一面を見せたり、部下の質問に対して「気にするな!」とどこか抜けた回答をしたり、新型ミサイルの開発実験にご満悦だったりと、どーにも彼自身も感情を捨てきれてないようである。
この事件が彼に何か影響を与えたのか、脚本がしっかりしてないのか、真相は不明である……





追記・修正は下等な感情を捨てきれなかった人にお願いします。

画像出典:「チャージマン研!」第8話 制作:ナック(現・ICHI) 1974年放映
©1974 ICHI All Rights Reserved.

この項目が面白かったなら……\ポチッと/