スーパーマリオの消防隊

登録日: 2014/08/14 Thu 17:18:07
更新日:2017/06/12 Mon 19:24:21
所要時間:約 3 分で読めます




スーパーマリオの消防隊とは、かつて東映アニメーションが製作した防災学習用アニメである。

いつ起こるかわからない火事。そして子供の無駄な遊びで起こるかもしれない火の怖さ、それを学習するためのビデオ。
マリオのキャラを起用することによって子どもたちにもわかりやすくしている。
結構面白いのでぜひ一度見てもらいたい。

追記・修正お願いします。












ん?じゃああの「ツッコミどころ満載」のタグは何かって?

よろしい。では詳しく説明しよう。

このアニメが子供向けというのは間違いではない。

間違いではないのだ。

ところがこれを大人が見るとどうだろう。




カオスである

カオスである

カオスである

カ オ ス で あ る

大事なことなので4回言い(ry

そう、大人やマリオファンがみるとタグの通り突っ込みどころ満載なアニメなのである。

このアニメの流れ

舞台は現代の街

兄弟(大抵は姉と弟)が花火をこっそり公園に持ち出す

ここまでは普通。だが、こっからカオスになり始める。

公園で花火をする姉と弟。だが次の瞬間、唐突にマリルイ兄弟が登場する

「楽しかったねえ~」「それじゃ帰ろうか」→花火がゴミに引火→「わー!」→事態を知ったマリルイ兄弟が水を持ってきて火を消す

マリルイ兄弟が2人に説教する。それもやたら詳しい

何故詳しいというと、実は消防士だったわかるかこんなもん

家に戻った子供は親が火についてミスをすると受け売りの説教をする

地震発生。近くのマンションで火事が起こり、中に子供が取り残されている(猫の場合もある)

「おじさん、早く来て・・・!」

消防車と共にキャラクター登場。無事に救出し姉と弟とキャラクターが再会して終わり

これが今回の大まかな流れである。

突然現れるマリルイ兄弟、そして火事についての詳しさ、どれだけ突っ込みどころ満載かお分かりいただけただろうか?
マリオのイメージがなんか違うと思う人も多いかもしれない。だが、その変さが逆に面白くしている。

【登場キャラクター】

かおる

主人公。親からおつかいを頼まれるが、無視して花火を勝手に公園へ持ち出す。冒頭からマリブラ3をやっているのにマリオを知らんかった事に突っ込んではいけない。
キャストは鈴木砂織(現・杉本沙織)氏。

たつや

かおるの弟。姉につられて花火をする。途中で父に受け売りの説教をする。マリブラ3をやっているのに(ry
キャストは冬馬由美氏。

お母さん

かおるの母。何をしていたのかとかおるを疑う。
キャストは斉藤千恵子氏。

お父さん

かおるの父。帰るやいなや、ほっぺにチューをしてくれという(おい)。途中でたつやに受け売りの説教をされる。
キャストは故・郷里大輔氏。

マリオ

何故か普通の現代の街に住んでいた有名な赤いひげ。見た目から想像はつかないが、消防士。今日は非番だった。
キャストは他作品でも何度かマリオ役を演じられた古谷徹氏。

ルイジ(緑文字)

ルイ「ー」ジではなく何故かルイジである。有名な緑のひげ。マリオ同様消防士。今日は非番だった。なんか目が死んでる
キャストは伝説巨神イデオンのユウキ・コスモ役で知られる塩屋翼氏。



なお、こういった突っ込みどころ満載な防災アニメはマリオ以外にもドラゴンボールや忍たま乱太郎などにもあるので見つかったらぜひ見ていただきたい。(まあどれも突っ込みどころありすぎだが)

ちなみに、これより更に知名度は低いが、交通安全に加え誘拐防止も兼ねた「スーパーマリオの交通安全」という学習アニメもある。そこではマリオ(トラックの運転手)の他にクッパも登場するのだが…。

「おじさん、早く追記・修正して・・・!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/