謎の老婆シリーズ

登録日:2014/07/23(水) 10:48:07
更新日:2019/07/17 Wed 21:52:06
所要時間:約 20 分で読めます




「謎の老婆って 一体何者なんだ?」
「それはこの項目をお読みになった方だけがわかるのでございます」






謎の老婆シリーズとは、週刊ストーリーランドにて放送されたアニメシリーズの通称の1つである。

■概要

その内容は簡単に言えば「笑ゥせぇるすまん」と似ている。
『謎の老婆』が露店で販売する『商品』を購入した人物が最初は幸福になるが、最終的に『商品』で身を滅ぼす様を描いたバッドエンド物語である。
ただし「笑ゥせぇるすまん」と違って、購入者が自身の過ちに気づいたり、他人を救うために『商品』を使ったりすればハッピーエンドになる場合もあるため、どちらかといえば教訓的な意味合いが強いと思われる。

なお、いくつかのエピソードは星新一のSSを原案としているが、言われないとわからないほど原型をとどめていなかったりする(同じ効果の道具が出てくる程度)。


■登場人物

老婆
CV:堀絢子
道端で不思議な『商品』を販売し、原則的にいくつかの定型的な一言しか喋らない寡黙な人物。本名・生年月日・出身地・年齢ともに全く不明。
扱ってる商品からして一般の人間ではないと思われるが、最後の最後までその正体が明らかになることはなかった……

一度彼女から買った品は返品不可。また、一度購入の意思を見せ、その後に値段が思った以上に高額だったために購入をやめようとした際には法外なキャンセル料(売値の9割)を要求されたため、結局強引に買う羽目になったことがある。

一話だけ通信販売で商品を売っていたこともある。


語録・・・

「『○○』という意味でございます。」
「それはお買いになった方だけが解るのでございます。」
「○○円でございます。」
「高いか安いかは、お客様のお考え次第でございます。」
「お買い上げありがとうございます。」
「一度お買いになったものは返品できないのでございます。」
「○○(商品名)はあれだけでございます。」
「それは、よろしゅうございました。」
「それは、ようございました。」
「商品をどう使うかはお客様のお考え次第でございます。」


■客の結末

エンディング判定基準
○:ハッピーエンド
△:ドローエンド
×:バッドエンド

第1話:使えないライター
名前:田中一郎
職業:サラリーマン(平社員→副社長)
CV:古谷徹
判定:×(使えない棺桶の効果を過信して崖から海へ身投げ、身柄が行方不明のまま死亡)

第2話:ほんとうのゴミ箱
名前:山田末吉
職業:廃品回収業者→エステティックサロン経営
CV:二又一成
判定:△~×(壊れたほんとうのゴミ箱から今まで廃棄したものが溢れ出る。稼いだ金を瓦礫の撤去費用で全て使い果たし、元の木阿弥)

第3話:使えないカサ
名前:鈴木一
職業:サラリーマン
CV:田中秀幸
判定:△~○(火災に巻き込まれた少女を救うため傘を燃やし元の雨男に戻るが、本人は清々しい気分に)

第4話:ほんとうの留守番電話
名前:丹下慎三郎
職業:作家
CV:納谷六朗
判定:△(電話に貢がされる人生を過ごすが、作品が直木賞を受賞するなどとりあえず生活は安定の様子)

第5話:ぴったりのベルト
名前:佐藤あかね
職業:大学生→芸能人
CV:久川綾
判定:△~○(テレビ版:ぴったりの時計により遅刻するがビル火災を回避し命拾い。ただし後のエピソードで他の商品の効果により人気が急落)
×(完全版:怒って時計を破壊、何とか予定に間に合うもビル火災に巻き込まれ死亡)

第6話:すすんでいる帽子
名前:円王寺敏夫
職業:浪人生(三浪生)
CV:松本保典
判定:×(道具に頼り過ぎることなく自らを戒めながら生活するが、すすんでいる新聞受けの記事通り橋の崩落に巻き込まれ死亡)

第7話:正直なパソコン
名前:小林まゆみ
職業:OL→主婦
CV:渕崎ゆり子
判定:×(正直なパソコンの返答に腹を立て、破壊しようとしたが感電死)

第8話:終わらない水
名前:酒井孝
職業:ヤクザ→新興宗教教祖
CV:戸谷公次
判定:×(永遠の命を与えた客たちから「病も不死になった」と苦情が来てしまい袋叩きに。本人も不死のため袋叩きの苦痛を永遠に受ける事に)

第9話:しつけのパジャマ
名前:菊池彩香
職業:主婦
CV:桑島法子
判定:△~○(しつけのフォークの効力で息子に食い殺されそうになるが、息子を身を挺して救ったことで「きらいなもの」ではなくなり命拾い。その後、自身の過ちを悟り商品をすべて処分する。)

第10話:謎の通信販売
名前:吉田正人
職業:サラリーマン
CV:飛田展男
判定:×(世界の運命を左右するボタンにハメられ、世界が破滅したと大喜びで勘違いしつつ家ごと爆死)

第11話:ついているハンカチ
名前:城田秀子
職業:大学生→スチュワーデス
CV:嶋村薫
判定:○(「ついている香水」を活用し自身だけでなく乗客乗員の命も救う。香水はなくなってしまったが、スチュワーデスとしての自信がついた)

第12話:おくれるリモコン
名前:鈴島勇二
職業:フリーター
CV:岩永哲哉
判定:×(リモコンが電池切れ、江戸時代から戻れなくなる)

第13話:はやくなるサングラス
名前:朝井浩一
職業:サラリーマン(陸上部所属)
CV:神奈延年
判定:×(はやくなるスプレーで強盗を働き逃走するが、速くなりすぎて空気摩擦で燃え尽き灰となって死亡、遺体すら残らなかった)

第14話:ひかる地図
名前:金子正
職業:警察官(巡査→刑事)
CV:松本保典
判定:×(ひかる地図の表示に従い張り込んでいたが、自分の行いで火災が発生し放火の罪に問われ逮捕。過去に買った商品で行った余罪と共に法の裁きを受ける事に)

第15話:ふえるほうき
名前:梅田サチ
職業:主婦
CV:大島榎奈
判定:×(「世界一の金持ちになるまで入れた金は出せない」と言うふえる貯金箱に激怒、破壊しようとして貯金箱の下敷きになり圧死)

第16話:かえすマスク
名前:田辺マサル
職業:高校生
CV:関俊彦
判定:×(かえすシャツで無敵になり不良グループのトップになるが、メスをも通さぬシャツのせいで盲腸を手術できずに病死)

第17話:なくなるファンレター
名前:速見翔
職業:芸能人(歌手)
CV:三木眞一郎
判定:×(なくなる石鹸で透明人間になっていた所をトラックにはねられ、3日後に雨で石鹸が洗い流されるまで誰にも気付かれないまま死亡。)

第18話:おちるワイン
名前:山本桂子
職業:OL
CV:富沢美智恵
判定:×(おちるワインをクルーザーの床にこぼした結果、恋に落ちて暴走したクルーザーに連れ去られ消息不明に。)

第19話:集めるまんじゅう
名前:新谷悟
職業:陶芸家
CV:鈴置洋孝
判定:△~○(自分の意思で集める絵筆を焼き捨て、結局無名な陶芸家に戻ったが、自力で良い作品を作ろうと鋭意努力)

第20話:最後の年賀状
名前:酒井みゆき
職業:フリーター→医大生
CV:今井由香
判定:○(最後の家庭医学書で医大合格&最後の年賀状を送った幼馴染と結婚)

第21話:かくワラ人形
名前:宮本健介
職業:AD→ドラマプロデューサー→音楽プロデューサー
CV:神奈延年
判定:×(かくワラ人形で自分を批判した評論家の足を刺すが、同姓同名の863人が足を刺される事件が発生。なぜか全員の足にナイフが残っており史上最悪の連続傷害犯として世界的に悪名が知れ渡る有名人に。)

第22話:生み出すニワトリ
名前:森嶋ミドリ
職業:OL→農家
CV:佐久間レイ
判定:×(生み出すビニールハウスで500円玉を複製量産し大富豪となるが、コピー元の500円玉が偽物だった事に気付かず、通貨偽造の罪に問われ逮捕)

第23話:あこがれのカーテン
名前:丸山アキオ
職業:フリーター
CV:中原茂
判定:△(あこがれのポスターにキスをした結果紙コップに変身し、アイドルと本当にキスを果たした後は消息不明。本人は満足そうだが…)

第24話:もどるパラシュート
名前:森下鉄
職業:無職
CV:依田英助
判定:△(もどるパラシュートで若返ろうとしたが退化して猿になってしまう。しかし猿仲間と共に野生的な力強い人生を送ることに本人は満足げな様子)

第25話:当たる虫眼鏡
名前:松島ケンジ
職業:占い師→結婚相談所経営
CV:関俊彦
判定:○(当たる虫眼鏡の効果で新しい仕事が成功、更にかなり年下の女性と結婚)

第26話:節約するおにぎり
名前:安藤明子
職業:主婦
CV:篠原恵美
判定:△(節約するおにぎりを食べて小人化、夫ともども小人になったままの生活を送る)

第27話:美人のシャワー
名前:橋本ケンタロウ(源氏名:シャルロット)
職業:オカマバー勤務
CV:山寺宏一
判定:×(美人のシャワーで極限まで色白になろうとした結果、生きたまま白骨化した姿に)

最終回:きびしい出席簿
名前:兵藤雅俊
職業:高校教師
CV:松本保典
判定:○(厳しい出席簿で生徒たちを救うと共に自身も改心。生徒に慕われる教師になる)

■客以外の登場人物


第1話:使えないライター
矢野課長
CV:加藤治

第2話:ほんとうのゴミ箱
山田まり子
CV:くじら

強盗
CV:楠大典

第3話:使えないカサ
鈴木直子
CV:鵜飼るみ子

久美
CV:白鳥由里

第4話:ほんとうの留守番電話
山本
CV:大西健晴

第5話:ぴったりのベルト
プロダクション社長
CV:岸野一彦

マネージャー
CV:飛田展男

第7話:正直なパソコン
青木英男
CV:堀秀行

第8話:終わらない水
親分
CV:なし

子分
CV:保志総一朗

宮部(役名は政治家)
CV:渡部猛

第9話:しつけのパジャマ
菊池大樹
CV:鉄炮塚葉子

菊池正浩
CV:関智一

第12話:おくれるリモコン
20年後の鈴島勇二
CV:加賀谷純一

第13話:はやくなるサングラス
コーチ
CV:大滝進矢

第14話:ひかる地図
先輩(警官)
CV:中村大樹

第16話:かえすマスク
不良グループ
CV:花輪英司、山岸功、今村卓博、立木文彦

第17話:なくなるファンレター
マネージャー
CV:大滝進矢

第18話:おちるワイン
桜田明
CV:置鮎龍太郎

重役
CV:阪脩

第19話:集めるまんじゅう
宗教団体(女性と男性)
女性
CV:久川綾

男性
CV:屋良有作

第20話:最後の年賀状
松下祐一
CV:岩永哲哉

第21話:かくワラ人形
田中徹
CV:柴田秀勝

第22話:生み出すニワトリ
刑事
CV:江川央生

第23話:あこがれのカーテン
松山ゆき
CV:松井菜桜子

第24話:もどるパラシュート
若者
CV:陶山章央、伊藤健太郎、花輪英司

第26話:節約するおにぎり
安藤真一
CV:太田真一郎

第27話:美人のシャワー
ヒビキ
CV:子安武人

最終回:きびしい出席簿
相田省吾
CV:三木眞一郎

尾崎和豊
CV:江川央生

渡辺千絵子
CV:西原久美子

■紹介された商品と効果


第1話
使えないライター
価格1万円
持っているだけでタバコを吸いたいと思わなくなる。禁煙したいお父さん垂涎の一品。

使えない消しゴム
価格1万円
持っているだけで文章のミスが無くなり、完璧な書類が作れるようになるので誤字脱字が多い人にオススメ。
劇中では明言されていないが、手書き以外では効果は発揮しないと思われる。

使えない定期券
価格5万円
持っているといきなり副社長に昇進。会社の車の送迎で出退社出来るようになり、電車通勤せずに済む大出世アイテム。

使えない棺桶
価格10万円
棺桶を使わずに済む、つまり死ななくなる効果かと思われていたが・・・


第2話
ほんとうのゴミ箱
価格100円
直接中に物を捨てる事は出来ないが、紙に捨てたいものを書いてゴミ箱に投入すれば、その物が消えてなくなる。
体の一部(余分な脂肪・贅肉など)や人間さえも消せるなど地味に恐ろしい商品。ただし、壊れてしまうと再び現れる。


第3話
使えないカサ
価格1万円
持っている限りどんな雨男でもずっと晴れてくれる。農家の人には無用の長物?

使えない消火器
価格2万円
持っている限り自分の周りに火災が寄り付かなくなる。しかし、やはり普通の消火器としては全く作動せず、壊れると効果も消滅する。


第4話
ほんとうの留守番電話
価格5万円
CV:岡村明美(女性の声での応対時)
人工知能を搭載した高性能留守番電話。購入者不在のときは代わりに電話に出てくれて、泥棒が入ってきても追い返してくれる。
でも反抗するとコードで縛られる。FAXで送る文章が気に入らない時は、勝手に内容を書き換える。
最終的に購入者は電話のヒモ(コードという意味ではなく、貢がされる者という意味で)になった。


第5話
ぴったりのベルト
価格5000円
巻くだけで、このベルトにちょうどいい体格になれる究極のダイエット商品。

ぴったりのメガネ
価格1万円
かけると視力アップするだけでなく、ファッションに対する眼力も良くなる。

ぴったりの口紅
価格5万円
塗るだけで芸能人顔負けなトーキングができるようになる。

ぴったりの時計
価格100万円
どんなに多忙でも遅刻せず、きっちりスケジュールをこなせる上、持ち主に危機が迫ると時間を遅らせて回避させてくれる。


第6話
すすんでる帽子
価格1000円
かぶるだけで勉強がはかどる。どこぞの眼鏡の五年生がほしがりそうな商品である。

すすんでるマスコット
価格1000円
選択問題の正しい答えを教えてくれる、小人か雪だるまに似た姿のキーホルダー。ただしどう見ても、直接記述する形式の問題には全くの無力。

すすんでる自転車
価格1000円
自分の移動先に先回りする自動追尾システム搭載自転車。デザインは、あまりよろしくない。

すすんでる新聞受け
価格10万円
明日の新聞を出し、今日これから起こる出来事を教えてくれる、早い話が一日一回限りの未来日記
ただし、それが破滅的な内容であっても覆すことはできない・・・


第7話
正直なパソコン
価格5万円
質問形式で未来を予知してくれる電子預言書。預言書のお約束か答え方が非常に曖昧なため、解釈のしかたを間違えるとえらい目に会うことも。
壊そうとした使用者に電撃を放ったが、自我によるものか漏電によるものは不明。


第8話
終わらないピストル(モデルはM1911)
価格1000円
無限に弾丸を撃てるので弾切れにならないが、弾丸はゴム製なので殺傷力は低い。でも量産すれば暴動の沈静化に役立つかもしれない。

終わらない本
価格1万円
見た感じは薄めだが、読んでみると限りの見えないボリュームと面白さの内容の本。ただしすごく続きが気になるのでなかなか抜け出せず、最悪餓死しかねない。

終わらない財布
価格1万円
一度入れたお金がいくら使っても無くならなくなる財布。
ただし借金の借用書などを入れてしまうと、何回返済してもそのたびに同額を再び借りたことになる(つまり借金も無くならなくなる)。

終わらない水
価格1万円
瓶に入った、無限に出てくる水。そして不老不死の秘薬でもある。生物に限らず電子機器などが壊れなくなる効果も。
ただし、使用者がガン患者やウイルス持ちだった場合、ガン細胞や病原菌も不死身になってしまう。そうなると永遠に病気に苦しむことになるのでカーズ様or蝶人状態に・・・。


第9話
しつけのパジャマ
価格1000円
おねしょ癖のある子供に、夜中に強制的にトイレに行かせ、トイレに行く習慣を作るようしつけてくれる。
(因みに現実には、幼少期のおねしょはホルモンの不足による生理現象の一種であり、夜中強制的に起こすとホルモンの向上を妨害させるので逆効果である)

しつけのぬいぐるみ
価格5000円
部屋が散らかっている時に動き出し、子供に「片付けろ…片付けろ…」と囁きながら襲いかかって、無理矢理部屋を片付けさせる。

しつけの箸
価格5000円
箸の正しい持ち方ができるようになる。

しつけのフォーク
価格1万円
嫌いなものでも食べたくなるようになる。ただし、嫌いなものは「食べ物」とは限らないようで・・・


第10話
いずれも通信販売の商品で、価格も不明。

幸せの鏡
割ると自分に幸運が訪れるが、その代わりに身近な誰かに不幸が訪れる。1回限りの使い捨てな様子。

日本のおみくじ
箱から棒を引くタイプのおみくじ。おみくじの結果によって、日本全体を左右する幸運、もしくは災難がふりかかる。

世界のボタン
押すと全世界の運命を左右する破滅が訪れる。ただしその「世界」とは押した人物にとっての世界であり、威力は家一軒が吹き飛ぶ程度。
要するに、「他人のことを考えない危険思想の持ち主を抹殺することによる世界の保護」が目的。


第11話
ついているハンカチ
価格1000円
風に飛ばされたその商品を追いかけると目的地に着ける。

ついているピアス
価格1000円
星型のピアス。つけると英会話が身に付く。ただし一度つけると外すことができない。・・・呪いの装備?

ついている香水
価格5万円
ふりかけた者は、どんな事件や事故に巻き込まれても無傷で済む。複数の人物に対しても使用可能。また、機械にも振りかけることができる。


第12話
おくれる紙袋
価格450円
中に荷物を入れると、指定の場所に一瞬で送れる。ただし、紙製ゆえに破れやすいようで、そうなると使えなくなる。

おくれる靴
価格2000円
履くとその場から動けなくなり、また紐もほどけなくなり、待ち合わせなど予定に遅れることになる。
脱ぐには靴を破るしかないようで、全商品中唯一、どう見ても欠点しか見当たらない、全くの役立たず・迷惑なマイナスアイテム。

おくれるリモコン
価格1万円
タイムマシンの一種。早送りボタンを押すと未来に、巻き戻しボタンを押すと過去に行ける。
ただし、電池式(単三電池2本)のため、電池が切れるとその時代に取り残されてしまう。


第13話
はやくなるサングラス
価格1万円
かけると猛獣に追われる幻覚に襲われ、速く走れるようになる。

はやくなるハチ
価格3万円?(正確には不明)
使用者の後ろで羽ばたき、強力な追い風を発生させて速く走れるようになる。(でもそれって「追い風参考記録」になったりするのでは・・・)

はやくなるスプレー
価格6万円?(正確には不明)
足に吹きかけると足の筋力が増し、速く走れるようになる。吹きかければ吹きかけるほど速くなり、
しまいには音速を超える速度になるが、そうなると制御がほぼ不可能になり、最悪の場合、空気との摩擦熱で燃え尽きてしまう。


第14話
ひかる懐中電灯
価格5000円(購入者が強引に100円に値切った)
人に向かって光を照らすと、その人の弱点を示してくれる。

ひかる布
価格5000円
物を磨くと、その物が表す職業の威厳で相手をひれ伏させ、賄賂も望める。
購入者は警察官だった為、警察バッジに使用した。
ただし、その物の本来の価値を知っている人(同業者)には効かない。

ひかる地図
価格10万円
近いうちに事件が発生する場所が光る。ただし、他人が起こす事件とは限らず、地図の使用者が起こす事件の場合もある。


第15話
ふえるほうき
価格100円
掃除をすると自然と掃除をする範囲が増え、それに伴い友達が増える。ただし、会話が増えることにより笑いジワも増えてしまう。

ふえるハンガー
価格100円
ハンガーにかける服が無くなると、人から貰えるなどして服が増える。しかし、洗濯物の量も増えるので、電気代・水道代まで増える弊害も。

ふえるエプロン
価格500円
付けると料理のレパートリーが増える。それにより、食費と体重も増えてしまう。

ふえる貯金箱
価格1000円
CV:水谷優子
招き猫型貯金箱。音声機能(そして持ち主と会話するAI)と貯金額表示を内蔵するなど、かなりのハイテク。
お金を入れると一晩経つごとに増やしてくれる(正確な比率は不明だが一晩で1000円が1500円になっている)。中に入った金額によって貯金箱自体の大きさも変動する。
ただし、一度目標金額を設定すると、その額に達するまで途中で取り出すことができない。


第16話
かえすマスク
価格1000円
つけると気が強くなって、相手に毅然と言い返すことができる。しかし、自身の能力までは強くならない。

かえすブーメラン
価格2000円
相手に取られた物を取り返すことができる。

かえす九官鳥
価格3000円
CV:永澤菜教
本物の九官鳥同様に言葉を繰り返すほか、持ち主に加えられた痛みが、加えた相手に跳ね返る。
ただし、九官鳥本体に攻撃を加えられても跳ね返すことが出来ず、壊れると効力が無くなる。

かえすシャツ
価格5000円
相手の攻撃を全て跳ね返すことができる。ミラーアーマーの上位互換。
ただし、一度着ると脱ぐことが出来ず、シャツを切ったり破ったりすることも出来ない。
要するに呪いの装備。


第17話
なくなるファンレター
価格1000円
これで手紙を出すと、出した相手の人気が無くなる事態が発生する。

なくなるテレフォンカード
価格5000円
公衆電話に入れると、自分に関するニュースが流れてくる。その際、ニュースを保存するか消去するか尋ねてくるので、
ボタン操作により保存/消去を選ぶ。消去すると、そのニュース(起こったこと)が社会から全て無かったことになる。
通常のテレフォンカード同様、度数制限あり。

なくなる石鹸
価格1万円
これで体を洗うと透明人間になれ、水ですすぐと元に戻る。
ただし、使用者は透明の状態で車にはねられて誰にも気づかれないまま死亡したため、結果的には「亡くなる」という意味だった可能性も・・・


第18話
おちる一万円札
価格1万円
これを使って物を買おうとすると、急にその物の値段が落ちるなど、値引きサービスが受けられる。

おちる扇子
価格1000円
煽ぐと、服の汚れや肌のシミが落ちる。

おちるカセット
価格5000円
再生すると美しさに関する話が流れ、自然と眠りに落ちる。長時間眠り続けた後、起きると肌のシワが落ち綺麗になる。

おちるワイン
価格5万円
飲ませた相手は自分に対して恋に落ちる。
ただし、効果のある相手は人間どころか、生物か無生物かをも問わないようで・・・


第19話
集めるちりとり
価格100円
このちりとりに壊れた物の破片を集めると、それが元の形に戻るが、その後更に原料にまで戻ってしまう。

集めるスポンジ
価格300円
部屋の中に聞こえてくる音を吸い取り、外からの騒音や自分の声までも聞こえなくなる。

集めるまんじゅう
価格500円
地面に落とすと、陶芸に最適な良質な土をアリたちが集めてきてくれる。ただし、人間が食べても美味しくない。

集める絵筆
価格5000円
この筆で絵を描くと、その絵に人を集める効果が発生する。また、筆を燃やした場合、その煙にも同様の効果がある。


第20話
最後のパチンコ玉
価格50円
この玉でパチンコを打つと、パチンコの欲求が再び起こることが無くなる。当たりが出やすくなったりする効果は無い様子。

最後のアイロン
価格500円
服にこのアイロンをかけると、しわや汚れがつくことがなくなる。ただし、使用も1回限りなのか、使い終わると壊れてしまった。

最後の医学参考書
価格5000円
本自体は開くことができない。ただし、これを持っているだけで急に勉強意欲が湧き、医大に合格して医師免許を取得するほどの学力が身に付く。*1

最後の年賀状
価格50円
出した相手と一生会えなくなる…のではなく、その相手と家族になり、年賀状を出す必要が無くなる。


第21話
かく名刺
価格100円
氏名と肩書きを記入すると、その肩書きに就くことができる。ただし、あくまで肩書きだけで、能力は身につかない。

かくビデオテープ
価格500円
タイトルラベルに見たい映像の内容を書いて再生すると、その通りの映像を見ることができる。

かくカエル
価格1万円
卵を産み、生まれたおたまじゃくしが音符の形になり作曲してくれる。
もしかして:メロディーお玉

かくワラ人形
価格10万円(※購入者は老婆が値段を言う前に勝手に10万円払った)
人形の名札に名前を書くと、人形がその人の分身となり、人形に危害を加えるとその通りの結果が発生する。
ただし同姓同名を判別できないため、全世界の同じ名前の人物が同じ被害を受けることになる。
例えばナイフを突き刺した場合、同名の人物全員にそのナイフ(ただ同じ種類というだけでなく、全てに握っていた時と同じ指紋がつく)が刺さる。
要するに、のろいのカメラDEATH NOTE(漫画)の劣化版。


第22話
生み出すクワ
価格500円
土地に置くとその区画だけ豪雨が降り、田んぼを生み出してくれる。

生み出す植木鉢
価格1000円
土を入れて水をやると、植木鉢がなる木が生える。

生み出すニワトリ
価格1000円
食べさせた物の原料が入った卵を生み出す。なお、同時に二種類のものを食べさせると、両方の特徴を併せ持った種を生んでくれる。
ただしその特徴が長所とは限らないようで、作中では、メロンとブドウを食べさせたところ、
ブドウのような小さい実がメロンのように少ししかならない果物(しかも美味しくない)の種が生まれた。

生み出すビニールハウス
価格100万円
要は立体コピー機であり、元のものと全く同じものを生み出すことができる。


第23話
あこがれの写真
価格100円
封筒に入った5枚の写真。自分が憧れている人物の「封筒から取り出した時点」での様子が写真に映る。

あこがれのカレンダー
価格1万円
憧れの人物のスケジュールがカレンダーに現れる。また、書いている日記の内容も表示される。

あこがれのカーテン
価格5万円
憧れの人物が身に着けていた服が出てくる。また、逆に自分から相手に物を送ることもできる。

あこがれのポスター
価格30万円
憧れの人物が写る、等身大ポスター。
ポスターの人物にキスをすると、本当に本人とキスすることができる。
…ただし、本人が口を付けるもの(例:紙コップ)に変身するという形で。
その後は、人間に戻ることは(恐らく)二度とできないと思われる・・・


第24話
もどる首輪
価格1000円
犬の首にかけると、どこからか自分が昔無くした懐かしいものを口にくわえて持ってきてくれる。

もどる蓄音機
価格1万円
レコードをかけると、逆回転した上元の曲とは全く違うラップが流れ、機械から発生した煙に包まれると、
気持ちも若々しくなり、ラップも好きになる。

もどるペンダント
価格5万円
ダルマの形のペンダント。転びそうになってもすぐに直立の姿勢に戻る(それにより、ブレイクダンスなどを踊っているように見える)。

もどるパラシュート
価格10万円
これをつけて高所から飛び降りると、昔の姿に戻ることが出来る、
しかし意志が強すぎると、身体が人間から原人、高度によっては猿にまで退化してしまう様子。
記憶・知能は元のまま残る模様(言語機能については不明)。


第25話
当たるロウソク
価格100円
火をつけると、相手の心の中にあることが文字になって現れ、人の悩みなどを知ることができる。
ただし悩みの解決法などがわかるわけでもなく、すぐにロウソクも燃え尽きてしまう。

当たる鉄格子
価格1000円
この格子から相手を覗くと、相手の星座と血液型が分かる。

当たる鉛筆
価格1万円
転がすと、縁起の良い方角と数字が分かる。ただし、使うたびに短くなっていく。

当たる虫眼鏡
価格10万円
この虫眼鏡で手の小指を見ると、いわゆる「運命の赤い糸」が見える。結ばれている相手が生まれる前の胎児でも効力がある。


第26話
節約するシャンプー
価格98円
1人につき1日1滴しか使えないが、その1滴で非常に泡立ち、また1回流すだけで落ち切る。また、髪の毛がサイヤ人よろしく必要以上に伸びなくなる。
そのため、水道代と散髪代の節約になる。

節約するブラインド
価格3980円
ブラインドを閉めると、部屋が冷房を使わなくても良い程度に涼しくなる。また、日中に太陽光を吸収し、夜には明かりを
つける必要が無いほど発光する。そのため、光熱費の節約になる。

節約する携帯電話
価格9800円
これで電話をかけようとすると、その相手が目の前に現れ、電話を掛ける必要が無くなる。
また、電話で物を注文しようとした場合には、その物がタダで手に入る。
ただし、充電器が付属しておらず予備バッテリーも存在しないため、バッテリーが切れたらそれっきり使えなくなる。

節約するおにぎり
価格10万円
食べるとアリエッティ小人になり、食費などを節約できる。
しかし、おそらく元の大きさには戻れない(と思われる)・・・。


第27話
美人のストッキング
価格100円
履くと、全身の無駄毛が綺麗に処理される。

美人の風船
価格1000円
膨らませると自分と同じ体型の人型になり、風船の体型を変えると自分の体形も変わる。

美人のビデオカメラ
価格1万円
自分の喋っている姿を撮影し、早送りして映像の声を高くすると、自分の声も高い女声(CV:松井菜桜子)になる。

美人のシャワー
価格10万円
このシャワーを浴びると肌が色白になる。しかしあまりにも長時間浴び過ぎると、生きながらにして「白い骨」の姿になってしまう。


最終回
きびしいチョーク
価格100円
教室での授業中、居眠り・私語など授業をさぼっている生徒に対し、チョークが伸びて生徒を攻撃し、注意する。なお教室外では効果が無い。

きびしいきりふき
価格500円
タバコなどの煙に吹きかけると、重い綿に変わる。

きびしいバケツ
価格1000円
内側に付いた線に沿って水を入れ、校則違反の生徒に浴びせると、その生徒の外見が校則にそった姿に変化する。
例:染めた髪→黒髪、ロン毛→短髪(女子の場合は結わえた髪)、スカートの丈がミニ→膝丈。

きびしい出席簿
価格2000円
出席簿の日付欄に丸を付けると、たとえ学校に来ていなくても自動的に教室にワープさせられ、強制的に出席させられる(着ている服も制服に)。
なお、生徒名を二重線で消すとその生徒はどこかに消え、名前を書き直すと再び姿を現す。


追記修正は老婆の店によってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/