女装山脈

登録日:2011/06/06(月) 22:21:28
更新日:2018/03/24 Sat 22:54:34
所要時間:約 5 分で読めます





トンネルを抜けるとそこは女装の村だった!


2011年6月17日に脳内彼女より発売したエロゲー。原画はあおぎりぺんた。
タイトルの通りヒロイン全てが男の娘というニッチな層を狙った狂気の塊の様なゲーム。
後に続編として『女装海峡』『女装学園(妊)』『女装学園(孕)』『女装千年王国』も発売した。

…まぁ、過去作の人気投票で男の娘が(女)ヒロインを抜いてブッチギリで一位になったから大丈夫じゃね?



ストーリー

とある事件で女性不信になった主人公は、傷心旅行をするはずが山に遭難してしまう。
死を覚悟した時、偶然トンネルを見つけ葛尾木村に辿り着く。

そこは過疎化が進んだ辺鄙な村で、主人公は子作りで村を救う御使いと崇められる。

しかし、その村には男の娘しかいないのだった!


キャラクター

度会(わたらい)行人(いくと)

主人公。過去に女性に振り回され、女性不信になった。
葛尾木村には初めて来たが、不意に懐かしさがよぎる。
脳内彼女らしくドM。


日枝田(ひえだ)史緒(ふみお)
CV.小倉結衣
「ご奉仕頑張ります。 なんでしたら、妊娠するくらいまで!」

巖神神社の巫女を務めるメインヒロイン。
行人を御使いと決めつけ性的な意味でもご奉仕する。
村の風習を信じているので、男同士でも子供が出来ると信じており、
あらゆる手段を持って主人公を御使い(性的な意味で)の使命を果たさせようとする。
カリスマ的な癒しの持ち主だが、怒るとかなり怖い。作中最強の人物。
行人に一目惚れしており、ヤンデレ気質のためバッドエンドでは監禁にまで及ぶ


曲林(くるばやし)静樹(しずき)
CV.鈴宮まい
「だから、男の子じゃなくて男の娘!」

史緒の妹的存在。
天真爛漫な男の娘で、ミニスカスパッツで走り回る。
頭がかなり残念。
コスプレから脇コキまで幅広いプレイをこなす。
序盤での突然のバッドエンドを男の娘パワーで選択肢まで戻す素晴らしい娘。
どっかのキャラに酷似しているが、別に刀を振るったりしないし幽霊的な何かが体の周りにいたりしない
(オツムのレベルはむしろこっちに近い)。


古屋敷(こやしき)由良(ゆら)
CV.民安ともえ
「椅子じゃないでしょ、豚は床の上で十分。 それとも四つん這いのほうがいい?」

大企業のお嬢様。ドSで毒舌。
村のしきたりと史緒の存在で女装する習慣が付いた。一見すると嫌々しているが、実はかなりノリノリ。
外の世界を知っているので他のヒロインよりは常識人で、行人に犯されないように裏で頑張っている。
しかし、史緒曰く既に手遅れで、ハマるととことんハマるタイプらしい。
愛すべきツンデレ。


あさひ
まさかのゲスト出演。
体験版ラストで自分の作品の宣伝をするちゃっかり者。
ページ冒頭に記載しているヒロインぶっちぎって1位を獲得した猛者。ちなみに自身の作品でのCVは民安ともえ。
余談だが作者のお気に入りなのか彼女(?)の薄い本も数冊確認されている。


なお、今作のヒロイン達が女装している理由についは、
「昔、男好きの疫神が村で伝染病をはやらせて、若い男の命を奪っていった。
 そこで疫神から目をそらすため、女装させて育てていく風習が、今に残った。」とのことらしい。







  • ネタバレ











今作の男の娘たち、最後はガチで妊娠する。いやホントに。

遥か昔、葛尾木村では疫神による病が流行し、若い女たちが死に絶えてしまった。
そこに御使いが現れ、その力を以って疫神を封印したが、男だけでは村の人口は回復できない。
村人たちは土地を捨てたくないと願い、巌神はその願いを聞き届けた。
村人の中から見目麗しい男を女装させ、神の力によって子供を授かる能力を与えたのである。
これにより、女装させた男子は村のために子供を作る義務とされるようになったという。

上記の説明とは異なるが、ストーリー終盤の展開を見るに、どうやらこれが真相らしい。
また、史緒ルート終盤の描写からすると、どうやら史緒は巌神の生まれ変わりであり、
行人とは前世からいつか結ばれることを誓い合った仲だった様子。

なお、この村の男の娘は巌神の加護によって若さが保たれるらしい。
もっとも、その効果も永遠ではなく、また男と結ばれるまでという条件付きだが。
と言っても、この効果が明らかになったのは由良ルートの後日談においてであり、
本編での彼女達が見た目よりも長く生きているというわけではない。

脳内彼女屈指の影響力と知名度を誇る作品なだけあって、後の作品にもチラホラと繋がりを見せる部分がある。

『女装海峡』:インターネットで史緒らしき人物が男の娘の妊娠について語っているらしい。
『ヨメ充!』:男の娘、塩小路かなたの田舎がどう考えても本作の葛尾木村。
       主人公があるシーンでスカートの中身を覗いてしまうと村の背景が写る。
『女装学園(妊)』:男の娘についての噂話で、バッドエンドの一つについて言及されている。





今日も、
追記修正してほしくって来ちゃった




今日は前から追記するの?




あっ…後ろも…修正してぇ僕、もう…




今日もいっぱい追記修正できたね
うれしいなぁ





明日はこの衣装で追記修正しようね


この項目が面白かったなら……\ポチッと/