ツキすぎ、ノリすぎ、変わりすぎ

登録日:2012/02/23(木) 23:25:50
更新日:2019/03/10 Sun 11:42:33
所要時間:約 4 分で読めます




ツキすぎノリすぎ変わりすぎ


てんこ盛りすぎ、それもいいケド〜♪





それじゃない!!










仮面ライダー電王』の28話。
CMで前々から宣伝されていた新アイテム「ケータロス」と最強フォーム「クライマックスフォーム」の初お披露目回である。
また『劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生!』の後日談にあたるため、映画を未見だと分かり辛い個所も多い。

Anything Goes!」の歌詞ではない。未来の創造者の武器でもない。

<あらすじ>
牙王の事件からしばらく経った後、デンライナーは夏一色でお祭り騒ぎ。
宝石強盗と契約したブラッドサッカーイマジン(CV:救星主)の件がまだ解決していなかったため、良太郎達はその後を追うことになる。
だが、戦闘の最中にモモタロス以外のイマジン達に異変が起きる。
ウラタロス達が憑依しようとすると、次々と弾き返されてしまうのだ(実は、『俺、誕生!』にて、別の時間の良太郎を使って変身したのが原因)

契約者との繋がりが切れたイマジンは、消滅する運命にある。
別れの時は、すぐ近くまで迫っていた…。


<主要人物>

ウラタロス達の消滅の原因が自分にあると知り、愕然とする。
彼らへの不満を挙げつつも特訓などをして、何とか時間稼ぎをしようとするが…。
その強い想いは、やがて一つの「奇跡」を起こす。

  • モモタロス
他のタロウズがいなくなることに清々しているようだが、その本心は…。

  • ウラタロス、キンタロス、リュウタロス
自分達の運命を受け入れ、残された時間を過ごそうとする。
リュウタの「お姉ちゃんと…」に涙腺崩壊した視聴者も多い。

  • ハナ
自分に鞭打って時間を稼ごうとする良太郎を支えようとするが…。

ちゃっかりミルクディッパーに入り浸っていた。
デネブからタロウズ消滅の危機を知り、責任を重く感じる

ひょっとこのお面を被ってミルクディッパーに潜入しようとしたが、侑斗に止められる。
タロウズの身に起きた危機をいち早く伝えた。

  • ブラッドサッカーイマジン
牙王編にも登場したイマジン。宝石泥棒と契約し、過去へ飛ぶ。
今回の鬱展開における、まさかの癒し要員。



以下、ネタバレ
























良太郎の健闘も虚しく、自分の中のウラタロス達のイメージが消えていく。
デンライナーに戻ると、既に彼らは消滅していた。
残ったのは彼らが「存在」していたことを示す砂。
オーナー曰く、「その砂から何かをイメージすれば、何かが残るかもしれない」とのこと。
良太郎のイメージから生まれたのは…1機の携帯電話。

良太郎「ずっと…繋がっていれたら…」
モモ「…センスねえな」
良太郎「本当だね…っ!」

叶わない願いを呟きながらも、良太郎は携帯を強く握り締めるのだった。


そして過去に飛んだブラッドサッカーイマジンと再び対峙する良太郎。

けれど今は、モモタロスと二人きり。
もう、彼らはいないのだ。

電王に変身するも、いつもより調子が出ない。攻撃も力任せで、どこか八つ当たりのようだ。
次第にイマジンに追い詰められていく電王を見て、駆け付けた侑斗も加勢しようとする。

モモ「カメ!クマ!ハナタレ小僧!勝手にいなくなりやがって…こんのバカヤロォォォォ!!!」

その時、持っていた携帯電話の着信音が鳴った。

モモ「もしもし?」




「相変わらず乱暴だなぁ…先輩は」




何と、電話の相手は消えた筈のウラタロス。しかもキンタロス、リュウタロスの声も聴こえてきた。
驚きを隠せないモモタロスは、言われた通りに携帯のボタンを押してみる。


各フォームの仮面が飛んできて、それが電王の身体にくっ付いたのだ。
それと同時に、電王の様子も変わっていく。

「ぎゃあああ!皮が剥けたあぁぁぁぁ!!!」

更に呼び出されたデンライナーも、紅く燃え盛っていた!(車内にいるオーナー達はめっちゃ熱そうだった。イメージじゃないんかい!?)

「今度は燃えてる~!?」

OP「Climax Jump」をBGMにモモタロスは怯えたりテンパったりで大忙しである。

「あ、熱いぃぃぃ〜〜〜〜!!!」

何がなんやらワケが分からないモモタロスは、半ばヤケクソ気味でイマジンに新必殺技『ボイスターズキック』を決める。
撃破後、自分達の復活を喜ぶ他のタロウズ達の影響により、電王は好き勝手に動きまくるのだった。

良太郎「ちょっと、皆!遊ばないの!」

その様子を見ていたゼロノス組はというと、

デネブ「良かったな、侑斗」
侑斗「っ…バカバカしいんだよ!」

相変わらず侑斗はツンデレであった。


さて、デンライナーではウラタロス達の復活記念パーティが開かれていた。
どうやら良太郎の強い想いによって、再び繋がりができたらしい。

仲間達が喜ぶ中、車両を出るモモタロス。
ウラタロス達が帰還したことの喜びで、一人静かに涙を流した…。

その傍らには、膝を抱えて泣いていたハナが。
それを見たモモタロスは、

モモ「皆に言っちゃお〜♪」

とからかおうとする。
それにキレたハナに、デンライナーからぶっ飛ばされかけるのだった。




ずっと…追記・修正していれたら…。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/