爆竜戦隊アバレンジャー

登録日:2011/09/09 (金) 22:25:58
更新日:2019/04/26 Fri 22:12:12
所要時間:約 6 分で読めます





荒ぶるダイノガッツ!

ー!

爆竜戦隊アバレンジャーは2003年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第27作目の作品。
『恐竜戦隊ジュウレンジャー』に続く恐竜モチーフの作品だが、本作は我々が住む世界とは別の次元にある「ダイノアース」という世界で独自の進化を遂げた爆竜という生き物という設定。人間の言葉を話すだけでなく変形や合体が可能になった。
釣りバカ日誌とのコラボという大胆な企画も行われた。

前作同様に最初は3人制だったが、追加メンバーの1人が初期メンバーとして、カウントされることもある為、『ジャッカー電撃隊』以来の4人制戦隊という見方もされている。
もう1人の追加メンバーに至っては、第三勢力から敵の首領となり、戦隊側に加わったのは最終章のみという異色なものとなった。

【登場人物】


◆爆竜戦隊アバレンジャー


伯亜凌駕/アバレッド/アバレマックス(演:西興一朗)
穏やかな性格で、仲間にも敬語で話す好青年。
争いを嫌う穏和な人柄だが、内には高い闘争本能を秘めている。
ただ、時に楽天家過ぎて幸人などからバカにされてしまうこともある。
両親を失った姪の舞を引き取り、親代わりに育てている。
中盤以降はブルー、イエローの力を得てアバレマックスへと二段変身が可能になる。

三条幸人/アバレブルー(演:冨田翔)
カリスマ整体師の腕前を持つクールな男。その腕で大金を稼いでおり、アバレンジャーを資金面でバックアップしている。父親はブラック指令
えみポンといい雰囲気であり、エヴォリアンを倒した後は同棲している。
ゴーカイジャーではジョーの担当。幸人はジョーと同じくクール系男子なので馴染んでいた。

樹らんる/アバレイエロー(演:いとうあいこ)
九州出身の天才的なメカニックの腕前を持つ元アイドル。
勝ち気で気が強く、感情が高ぶると博多弁になる。
自転車で博多から東京まで来る強者。ヤツデンワニに惚れられている。
ゴーカイジャーではルカの担当者。らんるとルカはどちらも男勝りキャラなので違和感なく馴染んでいた。

アスカ/アバレブラック(演:阿部薫)
ダイノアースから地球にやって来た竜人でアバレンジャーの司令官。
アバレンジャーに変身する力・ダイノガッツを持っている凌駕、幸人、らんるの三人をスカウトした。
地球の文化に慣れず天然ボケな所がある反面、恋人のマホロや娘のリジェをデズモゾーリャに洗脳される等重い過去を持つ。
彼もまた凌駕と同じく基本的には敬語で話すが、マホロと話す際には普通の口調となる。
Vシネマ『轟轟戦隊ボウケンジャーVSスーパー戦隊』では、アカレッドの申し出を受け、ボウケンシルバー/高丘映士に協力。二代目ドリーム戦隊の一員として活躍した。
追加メンバーポジションではあるが、初期メンバーとしてもカウントされることがある。
4番目の戦士なのでゴーカイジャーではドンさんの担当。しかしこいつもよりによってクール系男子からお茶目キャラへと綺麗に逆転してしまう。

仲代壬琴/アバレキラー(演:田中幸太朗)
天才的な頭脳を持つ医師だが、その頭の良さから友人や仲間に恵まれず退屈な日々を送っていた所にアバレンジャーへの変身能力を手にし、何と敵組織であるエヴォリアンを率いてしまう。
しかし後に、体内にあるデズモゾーリャの因子が自らの人生を歪めたきっかけである事を知り、アバレンジャー側に味方しダイノガッツでデズモゾーリャの因子を取り払うが、その反動で命を落とす。スーパー戦隊であり、追加戦士枠ながらほぼ敵としての登場であり、本編で4人と共闘したのは第43話後半、46 - 48話のみで五人との同時名乗りも47、48話しかなかった。但し壬琴自身の目的のために味方意識なしでの共闘はあった。
脚本家の荒川稔久の構想ではキラーは味方になることなく敵のまま最期を迎える構想をしており、演者もキラーが味方になったことに難色を示している。
敵→仲間の期間が長いことが物語に支障をきたしたため、以後このような体制の6人目は『動物戦隊ジュウオウジャー』のジュウオウザワールドまで13年間登場しなかった。
死後は、緑色の恐竜戦士シティガーディアンズの元隊長と仲良くやってる模様。
キラーは元々仲間になることなく敵のまま最期を迎える予定であった。
名称は「殺し屋」を意味する「kill」から。プロトタイプのアバレスーツから「0号」と呼ばれることも。戦士の名前を番号で呼ぶのは『列車戦隊トッキュウジャー』にも受け継がれている。
因みに追加戦士枠なのでゴーカイジャーではガイの担当なのだが、クール系男子から三枚目キャラへと綺麗に逆転してしまうことになる。  

◆アバレンジャーの協力者


今中笑里/アバレピンク
通称えみポン。アバレンジャーに協力する眼鏡と三つ編みがトレードマークの女子高生。
残念ながらアバレンジャーになる事は出来なかったが、自作のスーツで一度だけアバレピンクに変身した。
因みにカラーからゴーカイジャーのアイムが変身したことがあるが…。
詳しくは個別項目を参照。

〇杉下竜ノ介(演:奥村公延)
アバレンジャーの基地であるカレー店「恐竜や」を経営する老人。あだ名は「スケさん」。
なお、恐竜やの常連客には少なくともデカマスターマジマザーゲキチョッパーとその妹の幸子がおり、ゴーオングリーンがバイトしていた時もある。
その時は既にスケさんは秘書に成り下がっていたと思われるが……

○伯亜舞(演:坂野真弥)
凌駕の姪。しっかり者の幼女。
他界した両親に代わり叔父の凌駕に育てられているが、凌駕を本当の父親のように慕っている。
後にアメリカでアイドルデビューする。

○マホロ(演:桜井映里)
アスカの恋人。
エヴォリアンとの戦いの中、策略によって洗脳され……

○カスミ(演:鈴木かすみ)
突如現れた謎の少女。リジェと瓜二つの姿をしているが、その正体は……

○フリージア(演:小向美奈子)
劇場版「DELUXE アバレサマーはキンキン中!」に登場した、ダイノアースに伝わる伝説の王女。


邪命体エヴォリアン


邪命神デズモゾーリャが率いる、6500万年前に地球に衝突した巨大隕石に付着していた邪悪な生命体を発端とした敵組織。
ダイノアースを滅亡に追いやり、アナザーアース(地球)侵略に乗り出した。
名称はエボリューションエイリアンから。
詳しくは個別項目を参照。


ヤツデンワニ
ミケラが産み出したトリノイドだが、生まれてすぐに愛想を尽かされアバレキラーの下で働く。
いつの間にか恐竜やに住み着いただけでなく、何と恐竜やを乗っ取ってしまった。それでも、普通のカレー屋をホリエモンもびっくりする程の大企業に成長させた辺り経営の才能はあるのかもしれない。
彼が恐竜やを大企業にしたことで、遠回しに数々の戦隊を繋げる架け橋となっている。ある意味、レジェンド大戦の影の立役者なのかも……
ゴーカイジャーVSギャバン』では魔空監獄に囚われていた。
ゴーバスターズVSゴーカイジャー』では2005年に飛んだゴーカイレッドレッドバスターが彼の働く恐竜やの一店舗でカレーを食べている。


◆爆竜巨人


アバレンオー
アバレンジャーの戦隊ロボ。
詳しくはリンク先参照。

キラーオー
アバレキラー専用ロボ。
詳しくはリンク先参照。

マックスオージャ
アバレマックス専用ロボ。
詳しくはリンク先参照。

◎バクレンオー
劇場版に登場した凶悪ロボ。
公式外伝漫画『若草のフリージア』にて、このロボとフリージアの秘密が語られる。


海賊戦隊ゴーカイジャーにて】


第18話『恐竜ロボット ドリルで大アバレ』にて壬琴が登場。
ゴーカイシルバー/伊狩鎧の夢の中に現れ、恐竜戦隊ジュウレンジャードラゴンレンジャー未来戦隊タイムレンジャータイムファイヤーと共に、彼に3つのスーパー戦隊の大いなる力を与えた。
その三つの大いなる力の結晶こそが、ゴーカイジャーの2号ロボ・豪獣神である。


壬琴「思い切りときめけ!」

第29話『アバレ七変化新合体』にも幸人と笑里ポンが登場。

何と二人は結婚していたことが判明。

ちなみに、戦隊ヲタである鎧からの認知は……


鎧「アバレブルーの三条幸人さんと…………知らない人ォ~♪」

笑里ポン涙目である。
また、この回でアバレンジャーにゴーカイチェンジした際
本編では見れなかったアバレキラー(とアバレピンク)の変身バンクが拝見できる。

アバレンジャーの大いなる力でゴーカイオーと豪獣神が合体できる事を伝えた上に、笑里ポン特製アバレピンクのレンジャーキーまでプレゼントした。
なお、笑里ポンの中の人はいつの間にか子供達にとてもじゃないが見せられない写真集を出していた。
また、らんるの中の人は結婚、引退、スケさん役の人が09年に死去。そのため企画されていた10周年記念のVシネマ制作が見送られた。


【余談】


本作が放映されていた2003年のニチアサはその後にファイズ→ナージャと続いていて、いずれもかなりブラックである。






幸人「アバレた数だけ強くなれる…もっとアバレまくれ!」


「追記・編集!アバレッド!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/