アンプシミュレーター

登録日 :2012/04/26(木) 23:33:22
更新日 : 2016/01/11 Mon 17:01:07
所要時間 :約 3 分で読めます




アンプシミュレーター(アンシミュ)とは、エレキギターベース用機器、もしくはソフトウェアの一つ。
エフェクターに分類されることもある。

エレキギターの録音や、ライブでの音量の増幅は、アンプにマイクを立てて行う。
ベースもギターほどではないが、マイクで録ることは多い。
アンシミュは、「アンプの前にマイクを立て録った音」をシミュレートし、出力するのである。

アンシミュ内部の構成を述べると、
(アンプも参照)

入力されたギター/ベースの音

①プリアンプ&パワーアンプシミュ

②エフェクター

③キャビネットシミュ

④マイクシミュ

出力

となっている。
(正確には、Aはアンシミュには含めない)

①でアンプ(ヘッド)の種類とツマミ位置を
②でエフェクターを
③でキャビネットの種類を
④でマイクの種類や位置を
設定できるため、実機でやるといくら金があっても足りないような、様々な機材&セッティングを試せる。

何より、 アンプを鳴らせる環境 がなくてもギターやベースを録音できるのは大きな利点。
日本の住宅事情にマッチしている。

さらにさらに、例えばA以外をオフにすればエフェクターとして使えるし、
①以外をオフにして実機のアンプのリターンに繋げば、即席のモデリングアンプとすることができる。

まさに 夢のような ツールである。



……しかしながら、欠点も存在する。

一つは、アンシミュをスピーカーに繋いでも アンプからの音そのものを出せるわけではない 、ということである。
あくまで、「マイクで録った音」を出力するのである。
よって、アンシミュ+スピーカーでは、実際にアンプが響かせる音を聴いて演奏することができない。

(そもそも実機のアンプの音は、搭載されているスピーカーがあってこその音なので、別のスピーカーでそれを再現するのは物理的に不可能)

二つ目は、シミュレーター故に実際にアンプにマイクを立てて録った音とは異なる、ということ。
しかし、技術の進歩により最近はそこまで気にならなくなってきた。


■アンシミュの種類■

  • ハード

マルチエフェクターのように、一つの機材となっているもの。
LINE6社のPODシリーズなどが該当。
動作が安定している、立ち上げに時間がかからない、実機に近い操作性であるのが利点。

  • ソフト

PC上で動かすタイプ。
PCとギター/ベースを繋ぐオーディオインターフェイスが別途必要。
NATIVE INSTRUMENTS社のGuitar RIGシリーズなどが該当。
大容量で高度な演算処理が可能、PCのモニター上で操作するので視認性に優れるのが利点。



追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/