ドレル・ロナ

登録日 :2010/08/06(金) 03:16:20
更新日 : 2017/03/06 Mon 19:57:35
所要時間 :約 2 分で読めます




傲慢さが綻びを生むと言うのか…


劇場アニメ「機動戦士ガンダムF91」の登場人物。
声:草尾毅

クロスボーン・バンガードのMSパイロット。

18歳。階級は大尉。
自身の名を持つ「ドレル大隊」の指揮官。
ベルガ・ダラスのパイロットを務めた。

紫がかったブロンドヘア。わりとクセ毛。ワカメ。右目が隠れている。背が低い事をかなり気にしている(190㎝の長身のザビーネは仕方ないが、実は172㎝のシーブックより低い165㎝)。

どこぞのワカメとは違い、足りない才能を努力で補う秀才タイプ。
実際、実力で大隊長に登りつめた。

天才型の妹には「嫉妬」の様な下等な感情等コレっぽっちも無い。
逆に、高い才能を持つ妹の成長を楽しみにしている表現すらある。

「努力の塊」だけに指揮官能力が異常に高く大隊長に就任。
血は繋がってないが爺ちゃんコト、マイッツァーさんの信頼も厚い。
カロッゾの長男でベラの異母兄にあたる(この辺りもコンプレックス)。


祖父のマイッツァーの命令により、フロンティアサイドに進攻、ベラ・ロナの回収を行った。


その後もフロンティアサイド制圧にあたっていたが、功を焦り命令違反を犯してレジスタンスと戦闘、ガンダムF91とヘビーガン24番機(ビルギット機)の活躍により撤退した。


だが、重大な被害を受ける前に「撤退命令」を下したので被害は最小限に抑えており、この戦争では死んでいない。
今後のエピソードで重要な役割を担って登場することだろう。


なお、MSパイロットとしての技量は高く、小説版ではニュータイプとしての素質があるのではないかと囁かれる描写があった。
また、ザビーネをライバル視している。



基本的には敵キャラなのだが、第二次スーパーロボット大戦αでは条件を満たせばあのハマーン様と一緒に仲間になってくれる。
ニュータイプではない為か、余り強くないと思われがち……。


ベルガシリーズ最初期のベルガ・ダラスで、ベルガ・ギロスやビギナ・ギナとタイマンはれるぐらいの凄腕。


一部の資料において、乗機としてXM-07B ビギナ・ギナⅡが用意されていた、とある。つまり彼がこの機体に乗っていればフロンティアサイド制圧を成し遂げていたかもしれない…。
…え? クロスボーン・ガンダム? 宇宙海賊?
何ですかそれは?



ふん…こんな項目の追記・修正なんてたやすいもの!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/