セシリー・フェアチャイルド/ベラ・ロナ

登録日 :2011/05/27(金) 04:37:56
更新日 : 2016/12/03 Sat 16:32:14
所要時間 :約 5 分で読めます




機械が喋ることかぁーッ!


機動戦士ガンダムF91』『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場する人物。
声:冬馬由美

家族関係
祖父:マイッツァー・ロナ
父:カロッゾ・ロナ
義父:シオ・フェアチャイルド
母:ナディア・ロナ
異母兄:ドレル・ロナ
従姉妹:シェリンドン・ロナ


―U.C.123年―

『フロンティアW』に住むパン屋の娘。美しい足を持つごく一般的な少女。
学園祭のミス・コンテストで優勝するほどの美貌を持ち、人気も高い。それゆえに非処女ではないかと噂されている。

実はコスモ・バビロニア建国提唱者マイッツァー・ロナの孫であり、突如フロンティアWに現れたクロスボーン・バンガードとの戦闘によりドレルに拉致られる。

家族の元へ帰ると早速祖父に「アイドルになれ」と言われたり仮面を被った父にドン引きしたりザビーネ・シャルに色目を使われたりアンナマリー・ブルージュに嫉妬されたりと苦労が続く。

その後豪邸に侵入してきたシーブック・アノーと再会、戻って来いと説得されるが仲間の元に戻る事で皆を巻き込んでしまうと思い込み拒否。しかしせめてシーブックだけでも助けてあげようと後日探索を命じた。
だが結果的にシーブックの父親が死んでしまう事となる。

その後成り行きでビギナ・ギナのパイロットとなるが高い能力を発揮し、ザビーネにNTではないかと思わせた。
その後戦場でガンダムF91と再会。激しい攻防を広げるが相手のパイロットがシーブックと知り投降する。

投降してからも苦労は堪えず、ビルギットに批難されたりもしたが次第に仲間とも和解、信頼を得ていった。

そしてフロンティアTに謎の殺人兵器が大量投下された。
シーブックらと共に迎撃に移るが圧倒的な数の前にビルギットが倒れ徐々に劣勢に。
しかしビルギットの回転ビームサーベルをヒントにシーブックがバグ切りを開発、無事にフロンティアTを脱出し『ラフレシア・プロジェクト』を計画した父鉄仮面を倒す事を決意。

が、ラフレシアの圧倒的な力と父の威厳には勝てず、ビギナ・ギナは大破。セシリーは漆黒の宇宙へほうり出されてしまう。

宇宙をさ迷う彼女に一筋の光が見えた。徐々にこちらに向かって来るそれは、今まで支えてくれたあの人だった―。



―U.C.133年―

お帰りなさい…シーブック

新クロスボーン・バンガードの指導者。
『木星帝国』の野望を知り新クロスボーン・バンガード軍を結成した。
そのメンバーにはザビーネやキンケドゥといったエース、一年戦争から今まで現役の老兵、白兵戦が得意の人物まで様々。
主にマザーバンガードで指示を出している。

貴族主義を捨てきれないザビーネに拉致されそうになるがなんとか拉致られずに済む。しかしマザーバンガードが大破、貴重なクロスボーン・ガンダムX2も失ってしまいピンチに。

その後地球付近での戦闘でマザーバンガードを囮に地球へ降下する作戦を立てるがピンチになったキンケドゥを救うために一人残り助けに向かうがキチガイザビーネに振り払われ、キンケドゥを救う事ができなかった。

そしてトビアとベルナデットと共に地球へ降下するも離れ離れになった仲間と連絡も取れず、キンケドゥの生存も絶望的。

そしてトビアを追い地球へ降下してきた死の旋風隊と遭遇。
だがそこへ、死んだと思われていたキンケドゥが到着、なんとか死の旋風隊を撃退する事に成功。

再会もつかの間、宇宙へ向かうキンケドゥとトビアをベルナデットと共に地球で待つ事となる。


見事ドゥガチ本体を撃破したキンケドゥ達と無事再会したのだった。

……そしてベラは“セシリー”の名を取り戻し、“シーブック”と共に、地球の緑の中へと消えていった。


その後、トビア達の所に送られた手紙に同封された写真には、赤ちゃんを抱き笑顔を見せる二人が写っていた。


『鋼鉄の七人』では木星帝国の新たな野望を止める作戦に必要な七人のパイロットの候補として、キンケドゥ達の元へトビアが訪れる。
だが、幸せそうにパン屋を営んでいた二人を見てトビアはその場を離れ結局会う事はなかった。
(尚、トビアが道を聞いた女性の話では二人目の子供ができていたらしい)

『クロスボーンガンダム・ゴースト』では夫であるシーブックと共に、戦争で苦しむ町の人のために避難所で食糧配給などのボランティアをしていた。
シーブックの話では既に息子2人は独立してリガ・ミリティアに参加しているらしい。
避難所がザンスカールの地上部隊の襲撃を受けて絶体絶命になるが、白銀のクロスボーンガンダムに助けられる。
この時、ニュータイプの能力か、長年連れ添ってきた故の感覚からか、パイロットがシーブックであると通信もなしに看破している。


ゲーム作品

ガンダムバトルシリーズではユニバースにゲスト参戦として登場。
バトルシリーズの流れを組むアサルトサヴァイブでは正式に参戦した。

Gジェネレーションシリーズではバランスが取れたいいパイロット。
顔グラはF91時代よりクロボン時代の方が若返ってる気がする

第2次スーパーロボット大戦αでは最強戦艦として様々なプレイヤーに愛用された

Another Century's Episode Rではクロボンの最初のステージとエンディングの会話にのみ登場。

クライマックスUCではセシリーのステージが2つあり、クロボン時はグラフィックのみの登場。

ガンダムvsガンダムではNEXTまではビギナ・ギナで参戦していたが、EXVSからはパイロットとしては登場しない。
しかし、クロスボーン・ガンダムX1の敗北台詞で「キンケドゥ!キンケドゥ!…シーブックー!!」とボイス付きで絶叫する。

余談だが、機動戦士ガンダムF91のエンディングテーマ『ETERNAL WIND~ほほえみは光る風の中~』はセシリーの心境を歌った曲である。



人をおだてて私に追記・修正させないで下さいね、アニヲタ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/