登録日 :2011/10/01(土) 13:20:45
更新日 : 2016/11/05 Sat 21:23:05
所要時間 :約 7 分で読めます




尻。


身体の部位の一つ。医学的名称は 臀部 。俗称にはケツ、アナル、おいど等が存在する。
明確な尻部位の定義はされていないが、人における尻はおよそ「肛門を中心とし、骨盤のある範囲」といったところか。
主な筋肉の構成は大臀筋、中臀筋、小臀筋、大腿筋膜張筋の四つ。これらは総括して臀筋と呼ばれ、人間の歩行にはかかせない筋肉。
その他にも仙尾筋やら尾骨筋やらが存在するが、人間は退化してしまいあまり存在意義が無いためスルー。
とにかく、歩行に使用される筋肉が多く存在しているため、大切な部位、という認識で問題ないだろう。
因みに、尻が人体の中でも特に突出しているのはこのため。筋肉が積層構状になっており、極端に言えば、筋肉が収まりきらなかった結果が尻である。
そして筋肉の宿命か、やはり経年により退化していくため、尻が弛むのだ。


□尻の使用目的
使用目的は主に排泄(尻の中でも得に肛門に限定)やセックスアピール。また稀に性交に利用するものもいる。
その他、尻は排泄を司る部位であること、人体における最後端であること、そして着座の際、直接着座部位に触れることから、挑発、侮辱等に用いられる事もある。
「ここまでおいで」と言いながら自らの尻を叩く挑発行為は、小さな頃に一度くらいしたことがあるのではないだろうか。
これは自らの最も後ろの部位を見せ、更に手で鳴らす事で注目させる事で、自らの優位性を見せ付ける。転じて相手の劣等性を強調する意味があるとも言われている。
また、諺に「尻に敷く」というものがあるだろう。
これもまた、尻に敷く=対象の上に座ることとなり、自身の方が高いということを見せ付ける……つまり上記の「ここまでおいで」と同様の意図があると思われる。
懲罰、体罰の一手段として、尻が目標にされる事もある。ケツバット、お尻ペンペンなどの懲罰を受けた事の無いものは少ないだろう。
これら体罰の類において、尻が選ばれる事にも無論、意味が存在する。
前述した通り、尻とは筋肉の塊である。筋肉はその使用目的から、人体で最も柔軟性に富み、衝撃を良く吸収する。
暴力を振るう時、人体にとって最も安全なのが尻なのだ。
特に体が成長しきっていない子供の場合、消えない傷、大きな傷を負った場合後々の成長に大きく響く事がある。
修正のための体罰により修正できない傷が出来たとしたら、それは本末転倒というものだろう。
無論、全くもって危険が無いとは言わないが、人体において危険が最も少ないのが尻なのだ。だけど血尿とか排泄系に異常を来すからやめといた方がいいけどね!
体育会系は注意であぁぁぁぁぁぁる!

  • 性的なものとしての尻

ここでは少々、個人的視点を挟ませて頂きたい。そういうものに嫌悪感を抱く人はここを押してください。







御覚悟は宜しいでしょうか?



さて、尻、である。
セックスアピールとしての尻は、おっぱいよりも優秀なものであると私は考える。
その理由は概ね二つ。
一つ。元来において動物とは四足歩行の生き物であり、極端に言えばおっぱいとは、体の内側に隠れているため、セックスアピールとしては不適当であるという事。
そもそも、おっぱいとは授乳のため以上の存在意義を持たず――これは私見になるが――四足歩行の内側におっぱい(授乳の機能)を造ったのは、
自らの子を、例え自身の体を犠牲にしてでも守ろうとする母性の表れなのではないだろうか?

二つ。性交の実践部位である女陰に近い事。言わずもがな尻は、おっぱいに比べ女陰に近い。それは距離的なものもあるが、概念的な意味でも近い。
例えば、股間は尻同様に歩く機能の集約であるし、なにより穴がある。
アナルセックスは確かに変態的で奇特なものではあるが、穴があるなら(しかもそれが女陰に近いなら)入れたいと思うのが男の性だろう。彼らは悪くない。

これらの理由より、尻はおっぱいに比べ、セックスアピールの点では優秀なのではないだろうか?
おっぱいが悪い訳ではないが、やはり女性の魅力は尻にあると思われる。

以上までで、私の私見は終了です。


余談ながら男性の性的嗜好には地域ごとにある程度傾向があり、南米あたりでは尻を重視する男性が多い傾向があるとよく言われる。
事実、ブラジルでは女性の尻の美しさを競う尻専門のミスコン「Miss BumBum Brasil」が毎年開催されている。



□二次元、フェチズムにおける尻

神。
恐らく神が与えた至高のものの一つ。
その魅力は尻を被うものや、プレイによって千変する。
以下に紹介と、簡単な説明の羅列。


○装備

  • しましまパンツ
ランドセルと共にロリに最も似合う装備。
縞縞模様の誘惑(ストライブ・テンプテーション)の名をほしいままにし、特殊状態「おもらし」を得ることによりその魅力は数万倍に跳ね上がる。
縦縞、斜縞(あるのか?)も良いが、やはりスタンダードな横縞が一番だろう。

  • タイツ、パンスト
至高。
ロリから学生、果てはOLや主婦まで、ありとあらゆる年代の尻をカバーする装備。
その魅力はやはり感触だろう。通常のモチモチはなく、つるつるスベスベは世の男性を魅力して止まない。
特殊状態に「破れ」と「蒸れ」があるが、人を選ぶ。
破れの魅力はパンストの黒の間から臨む肌の色やパンツの色、そのコントラストと、破るという征服感にある。
が、それを やぶるなんて もったいない、との意見もあり、この二大党派の論争は日々続いている。多分。

蒸れの方は簡単で、蒸れた匂いが好きか嫌いかの問題。
破れが男性のサディスティックな一面を満足させやすいのに対し、蒸れは「私の匂いがすきなんだろう?」的なマゾヒスティックな面を満足させる。

  • かぼちゃパンツ(ドロワーズ)
尻の面積を広く被うため、ムチムチ感や尻のラインがそのまま魅力となる成熟した女性にはあまり好まれないが、小さな尻ではその真価を溢れんばかりに発現する。

しましまパンツ同様、おもらしの特殊状態との相性も良い

  • ノーパン
言わずもがな。
素材の魅力をそのまま楽しめるが、やや変化に欠けるか。
だが、その色艶、及び形は下手に装飾されたものより素晴らしい。
また、ローソクやスパンキング等のSMプレイの際、刺激をダイレクトに伝えられるため、そのあたりはポイントが高い。そんな女性と食べるしゃぶしゃぶは最高!
大蔵官僚や人気アイドルやプロ野球選手も好んでいる。


この他にも、ブルマやスパッツ、ジーパンなどにより新たな魅力を得るが、全て書くと恐らくスペースが足りないため割愛。


○プレイ

原点にして頂点。アナルの項目に詳しい。

  • スパンキング
要するにお尻ペンペン。懲罰的側面があるため、ライトSM向き。
高飛車な女を鳴かせたり、Mな美少女を泣かせたりと、Sな人にはオススメのプレイ。
お姉さンやOLなど、自分より上の立場の人を泣かせるのもなかなかだが、やはりこのプレイが似合うのはロリだろう。
想像してみて欲しいンだがよォ、ロリな美少女が泣きながらこっちを見るのだ。
その尻は紅葉の形に赤く腫れ上がり、そして一言「お兄ちゃン…痛いよォ…もうやめてよォ……」。
さらにおもらしなんてされたらもう。最高なンじゃねえのかァァァァ!



尻には無限の可能性が秘められているのだ。



あ、勿論プレイは二次限定、あるいは本人の許可をとってからですよ?






手こずっているようだな…







尻 を 貸 そ う




尻(男性)
        _
   IニI二二|○|二二IニI
   IニI二二| 。|二二IニI
       | ̄| 
    /⌒ーノ |ー⌒ヽ
   Y Y  ̄ `γ ̄YY
   / 、人   人 丿/
  / _/ Y>┬-个イムロE}
 / Y  丿了>-个</、__/
./ /  /^了>-个ィ
{ヨロ  /⌒ヽ>`-イ^\
    //  イ ノ  \
   /   /^ー、\  \
  /   /丿三/\/ ̄丿
 /\  /⌒三 / -イ⌒ー-′
三ー---′ニ三三キ__>
三三三三三三三三三三三

追記修正はアニヲタ内の尻紳士達に頼みます

この項目が面白かったなら……\ポチッと/