かへたんていぶ

登録日 :2010/11/19(金) 18:46:27
更新日 : 2017/08/09 Wed 04:02:07
所要時間 :約 3 分で読めます




スクウェア・エニックス公式サイト、ガンガンONLINEで2009年10月22日更新分より連載中(毎月第3木曜日更新)
作者は『ながされて藍蘭島』で有名な藤代健。
単行本は現在第7巻まで発売中。


あらすじ
部活動が盛んでハンパないクラブ数を誇る私立つばめヶ丘学園。
申請さえ通ればどんなマニアックな部でも設立できるとあって部活動を目的に入学する新入生たちが後を絶たない。
今年の新入生も自分たちの部を設立しようと意気込んでいたのだが、そんな彼女たちに告げられた衝撃の事実…。
『今年度、部を設立できるのはひとつだけ!!!!!?』 こうしてひとつの座をめぐっての部員争奪戦が始まった。
新部設立を希望する新入生5人は、全員のやりたいことを叶えるために「かへたんていぶ」を設立する。
これは部活動に青春をささげた少女たちの記録である…。


登場人物

  • 都幾川えみな
本作の主人公でかへたんていぶ部長。
見た目は小柄だが、巨乳で長い髪を二つに分けて縛っている。チビ巨乳。元々は探偵部設立希望だった。
全員のやりたい事を叶えるため 「カフェ探偵部」 の設立を考案した張本人だが、
提案したときに「かへたんていぶ」と噛んだのがそのまま定着した。
非常に記憶力に優れて勉強せずとも学年1位の学力が当たり前であり、テストの出題予想も9割以上当たっている。
重度のブラコンであり、友人であってもトウマとの交際は絶対認めない。
腹黒く表に立たずに裏で人を操る事を得意とし、友人達からは小悪魔と呼ばれている。

  • 瑞穂なな(みずほなな)
関西弁と頭の左側で括った髪が特徴的な少女。
見た目によらず大食らいでいくら食べても太らないという特種な体質を持つ。
ただし、その栄養は胸には行かないようでつるぺたである。
得意教科も不得意強化もなく、全教科学年平均点を取り続けて「ミス平均点」の異名を自分でも認めている。
えみなの弟のトウマに惚れているが、互いに意識し合ってる事に気づいていない。
元々は料理研究部設立希望。

  • 鳩山美由(はとやまみゆ)
ボクッ娘ツインテールで学園トップ5に入るほどの美少女。
テストも学年5位を取り、スタイル良好、スポーツ万能だが水泳のみが唯一の欠点。
兄弟は兄や弟はいなく、姉と妹と共に生活し、小中高と一貫して女子校だったためかパンチラへの羞恥心が薄い。
本人いわく『パンツは大事な所が見えないように穿くもの』

「パンツだけど、恥ずかしく無いもん!」

元々は特撮ヒーロー研究部設立希望。

  • 名栗理沙(なぐりりさ)
小柄だが、えみなより4Cm背が高いオレッ娘でレトロゲームマニア。
部室に置いてあるテーブル筐体のゲームは彼女の私物。
海外に別荘を持つ程の金持ちであり、日本で正月を迎えた経験がない。
徹底的な理数系で英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語などの語学にも堪能しているが、現国、地理等は赤点ギリギリ。
かへたんていぶの貧乳組その2。
元々はレトロゲーム研究部設立希望。

  • 花園静(はなぞのしずか)
髪を青いリボンでポニーテールにしている (あれ…どっかで…?)
少々口数が少なめな落ち着いた印象の少女。
背が高いのがコンプレックスで自分の身長に合う、可愛い服が中々無いので自ら服を手作りしたりすることもよくあるようだ。
えみなを見る時の目が時々怪しくなり、 「ちっちゃくて可愛いえみなをお持ち帰りしたくなる」 らしい。
勝負事には一切手加減せず、百人一首は全国大会で優勝している。
理沙とは対照的に徹底的な文系で逆に理数系は赤点ギリギリ。
元々は服飾部設立希望。
東方院家の親戚で東方院摩智とは従姉妹同士。

  • 東方院摩智(とうほういんまち)
東方院家の分家出身で、弱小だった総合格闘術部を半年で日本一まで叩き上げて優勝したその場で退部する。
その後運動部・文化部のほぼ全てに仮入部して現部員をへこませる事で「部活あらし」と呼ばれる。
かへ部でも食べて飲んでレゲエや特撮などを堪能しつつ、ピンチヒッターとしてウエイトレスや厨房にも立つ。
タダ働きは嫌との理由で入部拒否していたが、えみなの裏交渉によって入部する。
学力はえみなに次いで学年2位、身体能力も非常に高く美由、静、愛歌達と共に上位争いをしている。


  • 草加なるみ(そうかなるみ)
報道部所属のえみなのクラスメイトで、えみなと愛歌とは中学からの友人。
かへ部にもよく顔を出し、部員達をネタにして報道部の学園新聞に掲載する事もある。
中学時代はトウマが好きだったが、なかなか顔すら覚えてもらえずに脈なしと悟って諦めた。
仇を討ってもらう為にもななとトウマの交際を応援している。

  • 騎西愛歌(きさいまなか)
えみなのクラスメイトで眼鏡を掛け、髪は三つ編みにして一つにまとめている清楚な印象の少女。
その正体は大物アーティスト、AKANA・Mであり、正体を知っているのはえみな、なるみとかへ部の部員達のみ。
素の性格は男っぽく乱暴な口調の活動的な少女であり、眼鏡をかける事で性格を切り替えている。
身体能力も非常に高く、身体測定の一位記録は全て一人で塗り替えている。
祖父、父、母、兄、姉、犬の家族全員が有名人であり、更に犬は兄や姉よりも稼いでいるとの事。


同作者の漫画、『ながされて藍蘭島』とは世界観を共有しているようで、藍蘭島の主人公の行人が父親と喧嘩して家出してきた「東方院家」に関する情報や関係者が出てきたり、回想では行人とその妹の美咲、行人が尊敬しつつも数多のトラウマを植え付けられた「クソジジイ」と呼ぶ祖父と思われる三人と共に稽古をしている姿が確認出来る。

また、たまにあやねやりんといった藍蘭島のヒロインのそっくりさんもモブと一緒に描かれてることがある。



追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/