ヤングガンガン

登録日 :2011/10/04(火) 13:39:35
更新日 : 2016/11/04 Fri 12:35:42
所要時間 :約 4 分で読めます




ヤングガンガンはスクウェア・エニックスから毎月第1・第3水曜日に発売される漫画雑誌である。

ヤング○○とつく青年誌は基本的に直接的な性描写(SEX)が描かれるケースが多い。
明らかにみなみけが浮いているヤングマガジンや長い間ふたりエッチが主力のヤングアニマルがいい例だろう。


しかし、このヤングガンガンには他の青年誌と比べてそんな描写はほとんどない(間接的な性表現はあるが)。

さらに、少年誌でやれるクオリティや設定の漫画も多々ある。


他の青年誌と違うところでは実写化作品がほとんどないかわりにアニメ化作品とアニメのコミカライズ作品が多数あること。

比較的アニメに詳しい方ならヤングガンガン連載作品の1つや2つ見たことはあるだろう。

人気が出ると姉妹紙でスピンオフが始まるのも結構ある。


他社の青年誌同様グラビアアイドルが表紙だったりアイドルのファイルやDVDが付録についてはいるが、
AV女優の袋とじやTバック水着などの過激なグラビアはほとんどない。


〇主な連載作品

  • ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を次ぐ者達へ〜
かつて魔方陣グルグル、PAPUWAといった作品と共に90年代中盤の少年ガンガン黄金期を支えた漫画の続編。
創刊時からあるうえに続編のため当雑誌では本当の意味で古参。

溝の口を舞台とする善と悪の物語がテーマのギャグ漫画。
2008年まさかのアニメ化。
当初は髭男爵ら芸能人の起用から失敗臭がしたが蓋を開けてみれば山田ルイ53世の好演もあり大ヒットを記録し、
本誌とニコニコアニメチャンネルの躍進に大きく貢献した。

ざわ…ざわ…しない萌える麻雀漫画。
登場人物の人物の大半が 履いてない
2009年4月にアニメ化。
原作レイプで有名なGONZO製作から不安の声は多かったが、
こちらもサンレッドに続いてヒットを記録し、2012年春スピンオフ作品がアニメ化、
その後、ヤングガンガン系列特有の次々とスピンオフ漫画が姉妹雑誌で開始しているが果たして…

ヤングガンガンを代表するバトル兼エロ漫画。
2008年にアニメ化され2年後2期が製作された。
DVD/BDでは無修正のため乳首が見放題。

何故か変な人達しかいない北海道のファミレスを舞台にした漫画。
2010年やっとアニメ化され強豪ひしめくクールで結果を残し2011年秋に放送した2期も大ヒットした。
現在姉妹紙にて連載しており、本作の数年後が舞台のサーバント×サービスがアニメ放送中。

聖☆おにいさんでお馴染み中村光が描くギャグ漫画。
創刊時から長らくヤングガンガンを支え2010年WORKINGと同じ時期に分割2クールでアニメ化されこちらも結果を残した。

のだがまさかの実写化
こちらは主に否の意見が多い。

  • 黒神
日本と韓国製作なのにアニメ版はアメリカも製作に入ってきた漫画。
アニメ版は大きな改編もあったため結果は残せず…

  • マンガ家さんとアシスタントさんと
可愛い女の子に囲まれた変態主人公の漫画(中には主人公のセクハラをあまり気にしない人物もいる)。
何故か最近巻末カラーが多いと思ったら「本誌アニメ化希望1位」とコミックの帯に書かれていたにもかかわらず連載終了…
作者が終了時「後日談的なものを書く予定」といったがまさかの、少年マガジンで『アホガール』を連載したためどうなるかと思われたが連載再開が決まった。


アニメのコミカライズ作品に関してはTBS系列の作品が多く、
緋弾のアリア
DARKER THAN BLACK
STAR DRIVER-輝きのタクト-
夏色キセキ
俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎるなどが近年のコミカライズ作品である。
他のコミカライズ関連は輪廻のラグランジェなど。


〇過去の連載作品

  • すもももももも 地上最強のヨメ
ヤングガンガン連載漫画で初めてアニメ化されたラブコメバトル漫画。
OPの最強○×計画は電波ソングとして有名。

  • BAMBOO BLADE
ヤングガンガン連載漫画のアニメ化作品第2号。
萌える剣道漫画だが少年誌で掲載できるクオリティだったりする。
アニメも結果を残した結果00年代後半のヤングガンガン快進撃のきっかけを作った。
現在本誌ガンガンで「BAMBOO BLADE B」という剣道漫画が連載中。こちらも例にもれず姉妹雑誌でスピンオフが立て続けに開始いている。

  • ニコイチ
サンレッドなどとともに創刊時から連載している女装した父親の漫画。
作者はハレグゥの金田一蓮十朗。
ハレグゥ同様ギャグも健在だが青年誌のため大人のシーンもあるよ。

  • はなまる幼稚園
幼稚園を舞台にした保育士と子供達が繰り広げる青年誌らしからぬ癒し漫画。
2010年GAINAX製作でアニメ化された。
DVDの売上は良いとは言えないが毎回変わるEDやストーリーなどから人によってはかなりハマる漫画。
現在同時間軸を舞台にした作品が連載中。


  • ハーメルンのバイオリン弾き〜シェルクルンチク〜
こちらも前述のロトの紋章などの作品と共にガンガン黄金期を支えた漫画(アニメは黒歴史)。
2011年ついに長い歴史に幕を閉じた。



追記・修正頼んだじょ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/