スペース・アーク級巡洋艦

登録日 :2012/01/25(水) 13:27:36
更新日 : 2017/07/20 Thu 16:32:14
所要時間 :約 4 分で読めます






◆スペース・アーク級巡洋艦
SPACE-ARC CLASS

所属:地球連邦軍
建造:地球連邦軍
全長:249m
武装:連装メガ粒子砲×2
ミサイルランチャー×6
連装機関砲×6

主な搭乗者
レアリー・エドベリ (艦長代理)
マヌエラ・パノパ (操舵士代理)
ケーン・ソン (航法士)
ジェシカ・ングロ (オペレーター)
ナント・ルース (チーフメカニック)
グルス・エラス (メカニック)
ケニー・ハーハー (メカニック)
ディーナ・ジョク (メカニック)
マヌー・ソーフ (メカニック)
ビルギット・ピリヨ
コズモ・エーゲス
ミンミ・エディット
シーブック・アノー
ドワイト・カムリ
ドロシー・ムーア
サム・エルグ
ジョージ・アズマ
リィズ・アノー
ミゲン・マウジン
リア・マリーバ
コチュン・ハイン
モニカ・アノー
アンナマリー・ブルージュ
セシリー・フェアチャイルド/ベラ・ロナ


クラップ級を改装した練習艦。
放熱板の廃止やカタパルトの拡幅化などの変更が行われており、艦そのものも弱冠小さくなっている。

元となったクラップ級が約30年前の物なので少々旧式ではあるが、新型のF91を整備するだけの設備や戦闘を行う為の装備は一通り揃っている。

なお、資料によっては分類がクラップ級のままの場合もあるが基本的にはスペース・アーク級という別種である。


【劇中での活躍】
現在のところ映像作品に登場するのは『機動戦士ガンダムF91』と『機動戦士Vガンダム』である。

突如としたクロスボーン・バンガードの侵攻にフロンティアTに逃げ込んだ艦があったが、教官達が様子を見に行ったまま帰らなかった為、レアリー・エドベリ艦長代理以下の士官候補生達が何とか立ち回っていた。

そうこうしている内にコズミック率いるレジスタンスやシーブックら難民もなだれ込んで大所帯となり、F91が積まれていたこともあって対C.Vの拠点となった。

その後もシーブックやビルギットの活躍とアンナマリー、セシリーが寝返ったことで戦火を潜り抜けながらバグの被害を受けることもなく、多くの難民を乗せて脱出に成功した。


『機動戦士Vガンダム』では、土色に塗装された同じ形の艦がリーンホース離水時の牽引をしていた。しかしその際ガルグイユによって小破してしまい、大気圏離脱ができなくなってしまったため、ワイヤーを切り離し、唯一無事であったサラミス改にリーンホースの牽引を任せた。



【スペース・アーク級の派生型】

◆ブレイウッド
BLADEWOOD

所属:アナハイム・エレクトロニクス社
全長:160m
武装:連装メガ粒子砲

主な搭乗者
アイトール・ホルスト
カール・シュビッツ
アルバート・エルゼナー
アイリス・オーランド
トキオ・ランドール
ケビン・フォレスト


アナハイム社が所有する民間船。艦長は元連邦軍大佐のアイトール・ホルスト。
連邦軍のコロンブス級を模した外装とスペース・アークよりも更に小型化しているのが特徴。

民間船なので武装は無い……と思っていたらメガ粒子砲を1基隠し持っていた。
尤もグリプス戦争時代には民間輸送船でもビーム砲搭載はしていた(名目上は護身やデブリ等大型障害物破砕用としてだが)が。


【劇中での活躍】
月の裏側にある宙域“ゼブラ・ゾーン”にてシルエットフォーミュラ計画のMS運用試験を行なっていたが、アナハイム、クロスボーン・バンガード、地球連邦軍を巡る陰謀に巻き込まれるが、何とかこれを退けて月に帰還した。



◆リーンホース
REINFORCE

所属:地球連邦軍→リガ・ミリティア
全長:249m
武装:連装メガ粒子砲×4
ミサイルランチャー×4
3連装対空機銃×8
ビームシールド

主な搭乗員
ロベルト・ゴメス (艦長)
ジン・ジャハナム(偽)
爺さんズ
ネス・ハッシャー
ウッソ・エヴィン
マーベット・フィンガーハット
シュラク隊
オデロ・ヘンリーク
シャクティ・カリン


地球連邦軍のアイルランド・ロンドンデリー駐屯地がリガ・ミリティアに派遣した艦。

近代化改修はされているものの、原型のクラップ級が就役して60年以上経っている老朽艦だが、リガ・ミリティアの中心として各地を転戦した。

その後、カイラスギリー攻防戦で大きなダメージを負い、ザンスカール帝国から奪ったスクイードTと掛け合わせてラビアンローズWにて改装。

その結果、リーンホースJrへと生まれ変わることとなる。




◆キャリー・ベース

クラス:クラップ級小型練習艦
武装:
  • 機関砲
  • ミサイルランチャー
  • 連装メガ粒子主砲

Gジェネレーションシリーズのオリジナル戦艦。『Gジェネ PORTABLE』から登場。

クラップ級を改装して練習艦としたものでスペース・アークの同型艦。艦体色はオレンジ。
主に初めて実戦を行う部隊に与えられているらしい。

他の同型艦より小さめで機体搭載数も多くなく、性能も標準的。
だがそういった点はオプションで容易に補強でき、そのサイズ故かえって小回りがきき使いやすい。

何よりGジェネオリジナルである為、アビリティ『歴戦の勇士』『戦場の女神』(共にユニット攻撃力アップ。更にオリジナルユニットなら効果増大)に対応しており、攻撃力も充分に底上げができる。

練習艦とはいうが、終盤まで充分通用する艦である。
まぁ、さっさともっと良い艦を買った方がいいし、「OVER WORLD」で性能的にキツくなり、最新作「GENESIS」では歴戦・女神両アビリティの廃止と完全に落ち目だが。






追記・修正をお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/